会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 >  プリンタ/複合機の比較 > キヤノン ピクサス MG7530

キヤノン ピクサス MG7530の実機レビュー

更新日:2014年9月7日

写真も文書も綺麗

ピクサス MG7530は、写真印刷も文書印刷も綺麗な、キヤノンの家庭用プリンター人気No.1の製品です。

他のプリンターにはあまりないグレーインクを搭載しています。マゼンダ、シアン、イエローの基本色だけでは苦手な低彩度のカラーや、モノクロ階調を正確に再現でき、写真印刷が綺麗です。

また、黒色顔料インクを搭載し、テキスト文字もにじみが少なく、文書印刷も綺麗です。

2014年秋モデルの本機では、NFCに対応し、スマホをタッチするだけでプリントできるようになりました。Wi-Fiの設定をしなくても印刷可能です。

また、横幅が、わずかですが約31mm狭くなりました。

ショッピングサイト

posted with カエレバ

※レビュー機は当サイトでの購入品です

2014年秋モデルの主な新機能

2014年秋モデル「MG7530」の新機能を紹介します。他にも細かな変更点があるとは思いますが、主な新機能は下の4つです。

スマホをかざすだけで印刷可能な「PIXUSタッチ」NEW!

NFCに対応したスマートフォンを、プリンター本体にかざすだけで、選択した写真を印刷することができる「PIXUSタッチ」という機能が追加されました。

スマートフォンに「PIXUS/MAXIFY Print」のアプリをインストールするだけで設定は完了です。スマートフォンおよびプリンター本体を自宅のWi-Fiに接続していなくても、印刷することができます。

スマートフォンまたはプリンター本体の無線LANの設定がどうしてもできない場合に便利です。また自宅に友人が遊びに来て、スマホ内の写真を印刷したいという場面があったとき、自宅のWi-Fiへ接続させるのはセキュリティ面で抵抗がありますが、この機能であれば心配はいりません。

操作手順は、別ページの「キヤノンのモバイル&クラウドサービス - 写真印刷(NFCタッチで印刷)」をご覧ください。


スマートフォンをプリンターへかざすだけで印刷可能

やや横幅が狭くなった

MG7530は、旧モデルと比べて横幅がやや狭くなりました。旧モデルのMG7130が約466mmであったのに対し、MG7530は約435mmとなっており、約31mm狭くなりました。外観についても、やや角が丸みを帯びた形状に変わっています。


MG7130とMG7530のサイズの比較

タブレットから様々な作品を作れる

7インチ以上のタブレットおよびパソコンから操作可能なWebベースのアプリケーション「Easy-Photo Print+」が提供されました。このアプリを使用すれば、撮影した端末内の写真やクラウド上にアップした写真を用いて、レイアウト写真や、コラージュ写真、カレンダー、IDフォトなどを簡単に作れます。

実際に使ってみましたが非常に簡単です。ただL判にプリントするだけでなく、コラージュやカレンダーにしてA4サイズで印刷するのは楽しいです。

操作手順は、別ページの「キヤノンのモバイル&クラウドサービス - 写真印刷(コラージュやレイアウトをして印刷)」をご覧ください。


Easy-PhotoPrint+の画面

「Scan to ストレージサービス」がOneDriveやGoogle Driveへも対応

スキャンしたクラウド上へアップロードする「Scan to ストレージサービス」機能が、EvernoteとDropboxに加えOneDriveとGoogle Driveにも対応しました。

この機能を利用する方は少ないと思いますが、マイクロソフトとGoogle のストレージサービスに対応したことで、少しは利用したいと思うユーザーが増えるかもしれません。


スキャンしたデータをGoogle Driveへ保存(スマホで操作した場合)

 

以上が、2014年秋モデル「MG7530」の主な新機能です。

以下は、新機能ではないですが、本製品の特徴について紹介します。

特徴1 - グレーインクで色に深みがある

MG7530は、「グレー」のインクを搭載しているのが特徴です。グレーのインクを搭載していることで、通常のプリンターでは再現が難しい色も、正確にプリントすることが可能となります。

プリンターが苦手な低彩度のカラー写真を印刷してみても正確に再現できています。また、夜景の画像を印刷してみても、他のメーカーのプリンターでは黒つぶれしてしまうような部分でも、MG7530なら綺麗に印刷できています。


プリンターが苦手な薄いカラーも正確に再現
※スキャナで読み取っている上、お使いの液晶によって色が変わるので、実際のプリント写真とはやや異なります

特徴2 - 黒色顔料インクも搭載し、文書印刷も綺麗

MG7530は黒に顔料インクを使用しているため、文書の印刷(テキスト中心の印刷)が綺麗です。

インクジェットプリンターにしては、黒色がそれほどにじまずに、色も濃く、比較的クッキリと見えます。


文書印刷が綺麗

特徴3 - ラックに収納しやすい

MG7530は、高さが14.8cmしかなく、スチールラックなどへの収納に便利です。背面給紙はできないため、給紙に高さを必要としません。

インクタンク交換時は、下の右側の図のように、フロントカバーのみが開くようになっており、高さが抑えられるようになっています。なお、このときの高さは約19cmです。

ただし、スキャナーを利用することを考慮すると、ラックの1段の高さは、約30cmは欲しいです。


高さが低い

特徴4 - インテリジェントタッチシステムで操作が簡単

「インテリジェントタッチシステム」により、プリンター本体の操作が簡単です。

「インテリジェントタッチシステム」とは、次に操作可能なボタンのみ点灯する機能のことです。

例えば、下図のようにメモリカードを挿入した場合、次に操作可能な「ホーム」、「戻る」、「印刷」ボタンのみ点灯します。印刷実行後は、「ホーム」ボタンが消え、「ストップ」ボタンが点灯します。

印刷枚数や印刷用紙の設定などは、タッチパネルで直感的に操作できます。他のプリンターと比較しても操作性は良いと思います。


インテリジェントタッチシステム

その他の特徴

その他にも、自動オープントレイ、2段給紙、両面印刷が特徴として挙げられます。

自動オープントレイとは、印刷を実行すると、自動で排紙トレイが開く機能です。ただし、閉じるときは手動です。

2段給紙によって、A用紙とL判用紙など、2種類の用紙をセットすることが可能です。ただし、背面給紙は出来ないため、厚紙、名刺などの小さい用紙、シールなどの印刷は苦手です。

両面印刷も可能です。裏映りも少なく綺麗に両面印刷することが可能です。ただし、表面を印刷後、数秒間乾かしてから裏面が印刷されるため、多少時間がかかります。


その他の特徴

スマートフォンから印刷機能チェック


スマートフォンなどからダイレクトプリント可能

MG7530は、スマートフォン、タブレットなどから印刷することが可能です。

詳細は「キヤノンのモバイル&クラウドサービス」のページにまとめましたので、ご覧ください。

 


  1 2 次へ