会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 >  プリンタ/複合機の比較 > MG6330のレビューEP-805Aのレビュー > 頂上対決 MG6330 vs EP-805A

頂上対決!キヤノン ピクサス MG6330 vs エプソン カラリオ EP-805A

更新日:2012年12月14日

はじめに

このページでは、キヤノンとエプソンの家庭向け人気プリンターの比較を行います。

比較する機種は、キヤノン ピクサス MG6330と、エプソン カラリオ EP-805Aです。家電量販店で、「どのプリンターがいいですか?」と聞くと、恐らくこの2機種を薦めてくるでしょう。細かく要望を聞けばもっとピッタリの機種はありますが、印刷が綺麗で、コストパフォーマンスが良く、後々「こんな機能があれば良かった」と後悔しない機種と言えば、この2機種になります。年賀状作りにもおすすめです。

それぞれ特徴のある機種であるため、ご自分にあった製品を選ぶと良いでしょう。

比較する2機種
キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A





写真印刷の比較

写真印刷は、両機種とも綺麗です。

まず搭載インクについて確認します。搭載しているインクは下図の通りです。MG6330は、グレーインクを搭載している点が特徴です。モノクロ写真や、低彩度のカラー(黒や白に近い色)の再現に優れています。

EP-805Aは、ライトシアン、ライトマゼンダのインクを搭載している点が特徴です。肌色や、青い空など低彩度のカラーが綺麗に印刷されます。

インクの比較
キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A

染料:シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック、グレー
顔料:ブラック

染料:シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック、
ライトシアン、ライトマゼンダ

 

次に、実際に印刷した写真を見比べてみます。なお、多くの方は設定を変えずに印刷すると思うため、ここでもデフォルト設定で印刷します。両機種ともデフォルトでは補正がかかります。用紙については、各メーカーの最高級グレードのL判用紙を用いています。MG6330は「プラチナグレード」で、EP-805Aは「クリスピア」です。

下記に印刷した画像を掲載しますが、スキャナで読み取っている上に、ご覧になっている液晶ディスプレイの色再現性や調整によって、色がやや変わって見えます。実際の画質とは異なる点をご了承下さい。

何種類の写真を印刷して見比べてみましたが、あまり違いを感じないものが多かったです。ただし、傾向として、MG6330は夜景のイルミネーションが鮮やかに印刷されていました。また、EP-805Aは人肌が鮮やかに印刷されている傾向がありました。


写真印刷の比較
キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A

肌の色がやや薄いです。

肌が鮮やかに健康的な色です。

黒つぶれが少なく印刷されています。またイルミネーション部分は鮮やかに見えます。

やや黒つぶれしている部分があります。イルミネーションは派手さはないですが、原画に近いです。

空や、イルミネーションが、やや派手です。

空や、イルミネーションがやや薄いです。

文書印刷の比較

文字を中心とした文書の印刷は、キヤノン MG6330のほうが綺麗でした。

MG6330は、黒色の文字の印刷に顔料インクを持ちいているため、はっきりと色も濃く印刷されています。一方、EP-805Aは、染料インクの黒インクを用いているため、やや色が薄くぼやけた感じに印刷されています。


印刷スピードの比較

印刷スピードを比較してみた結果、L判写真ならEP-805A、A4文書ならMG6330の方が速かったです。

まずメーカーが公表しているL判用紙1枚あたりの印刷時間を比較してみると、MG6330は18秒であるのに対し、EP-805Aは14秒と、EP-805Aの方が速いです。

当サイトでの実測でも、L判の写真の印刷はEP-805Aのほうが速かったです。しかし、A4の文書の印刷はMG6330のほうが速かったです。

尚、この結果は当サイトでの実測値であり、印刷するデータや印刷の設定によって結果は異なります。


印刷スピードの比較
機種 キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A
メーカー公表値 L判(写真印刷) 18秒 14秒
実測値 L判(写真印刷) 19秒 17秒
A4用紙(文書印刷) 4秒 8秒

トータルコストの比較

本体の価格や、ランニングコストを比較した結果、キヤノン MG6330のほうがやや安いと思います。

本体の価格は両機種ともそれほど変わりません。

メーカーが公表している1枚あたりのインク・用紙代(L判)は、MG6330が16.2円、EP-805Aが20.8円とMG6330のほうが安くなっています(大容量インク搭載時の価格です)。なお、インクジェットプリンターは目詰まりを防ぐために頻繁にクリーニングが走り、インクの消費が激しいです。両製品とも、メーカー公表値の価格よりも、もっとコストはかかると思います。

EP-805Aの1つ前のモデルは両面印刷がオプションとなっていましたが、今回から標準搭載となりました。MG6330は従来モデルから両面印刷可能です。割り付け印刷、割り付けコピー、Webページの必要な部分のみの印刷なども両機種とも対応しています。


コストの比較(2012年12月12日時点) ※価格は変動します
機種 キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A
本体価格 約20,000円 約20,000円
1枚あたりのインク・用紙代(L判) 16.2円 20.8円
割付印刷・コピー
両面印刷
Webページの必要な部分のみ
プリント
Easy WebPrint EX E-Web Print

スキャナ性能の比較

スキャナの性能は、読み取り装置の性能は両機種とも差はないですが、エプソン EP-805Aのほうがソフトが使いやすく、補正機能が多彩であると感じました。

MG6330は、スキャン前に、「おまかせ」、「写真」、「文書」、「お気に入り」項目について、読み取り解像度や補正を指定しておきます。そしてスキャン時は「おまかせ」、「写真」、「文書」、「お気に入り」のどれかを選ぶのですが、スキャン毎に細かな設定変更ができません。また退色補正や、逆光補正などの写真に関する補正機能が少ないです。とじ部の影補正は特徴的ですが、デフォルト設定ではオフになっており、これを設定でオンにするには「転送時にスキャン画像を圧縮する」のチェックをオフにしなくてはなりません。

一方、EP-805Aは、とじ部の影補正機能はないものの、写真に関する補正機能は充実しており、スキャン毎に細かく設定を変えることができます。


スキャナ性能の比較
機種 キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A
スキャンセンサータイプ CIS CIS
解像度(dpi) 2400 2400
モアレ低減
ごみ/ホコリ低減 ×
輪郭強調/アンシャープマスク
退色補正 ×
逆光補正 ×
とじ部の影補正 ×
※各スキャンソフトに上記の設定項目があるかないかで判定しています。
項目になくても自動で補正されている可能性もあります。

 

下図が実際のスキャン画像です。多くの人が行うであろうデフォルト状態でスキャンしています。読み取られた画像は両者とも綺麗です。


スキャナ画像の比較
キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A

※CANON Quick Menu から「文書をスキャン」を選択

※「ホームモード」で原稿種を雑誌にしてスキャン 

サイズの比較

サイズは、エプソン EP-805Aのほうがコンパクトです。

2012年のモデルでは、EP-805Aは横幅、奥行き、高さの全てが短くなり体積比で約40%もコンパクトになりました。一方、MG6330は高さが最大25mm低くなりましたが、横幅、奥行きについては変わっていません。

両機種のサイズを比較すると、横幅、奥行き、高さの全てにおいて、EP-805Aの方が短かったです。特にEP-805AはMG6330よりも横幅が76mmも短いです。ただし、スキャナ台カバーを開いた状態では、MG6330のほうがやや高さが低かったです。

ネットワーク印刷機能の比較

両方のプリンターとも有線LANおよび無線LAN経由で印刷することができます。両者ともAOSSやWPSに対応しているため設定は簡単です。


ネットワーク印刷機能の比較
機種 キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A
有線LAN対応
無線LAN対応

操作性の比較

操作性は、どちらも良いと思います。

両プリンターとも、2012発売モデルからタッチパネルに対応しました。タッチパネルが搭載されたことにより周辺のボタンが減り操作が分かりやすくなりました。また、「次に操作できるボタンのみ」表示する機能も両機種とも搭載されており使いやすいです。


操作性の比較
キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A




レーベル印刷の比較

レーベル印刷は、MG6330のほうが様々な印刷が可能です。

MG6330は、写真を右上と左下に2枚掲載したりなど、写真の載せ方や、文字の入れ方の種類が多彩です。一方、EP-805Aは写真を1枚掲載し、その上に文字を入力するといった単純な印刷しかできません。

MG6330の前のモデルは、レーベル用トレイの収納場所がありませんでしたが、今回から給紙トレイの裏側に収納できるようになりました。ただし、給紙トレイをひっくり返すためには、印刷用紙を外さなくてはならずやや面倒です。一方、EP-805Aの前のモデルはレーベル用トレイが内蔵型でしたが、今回からMG6330と同様に分離されました。ただし、本体の一番下に収納場所があります。


レーベル印刷の比較
キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A





手書き文字合成の比較

手書き文字の合成は、MG6330のほうが多機能です。

MG6330は、手書き文字を合成することはもちろんですが、用意されているイラストや文字も挿入することができます。一方、EP-805Aは手書きの文字しか合成することができません。イラストや文字がまったく用意されていません。


手書き文字合成の比較
キヤノン ピクサス MG6330
エプソン カラリオ EP-805A

給紙方法の比較

給紙方法は、EP-805Aのほうが給紙方法が多彩です。

EP-805Aは、手差しで1枚のみですが背面にも給紙トレイがあります。ここに厚手の紙をセットすることが可能です。また、2L判やL判を、前面の上段トレイにも下段トレイにもセットすることができます。そのため、例えば上段トレイにL判を、下段トレイに2L判をセットすることができ、写真印刷を主にする方には便利だと思います。

一方、MG6330には背面トレイがありません。また前面の下段トレイには2L判やL判をセットすることができません。


給紙方法の比較
機種 キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A
画像
対応用紙 前面トレイ 上段 2L判以下 2L判/ハイビジョン以下
前面トレイ 下段 A4、A5、B5、レター、リーガルサイズ L判からA4まで全て
背面トレイ なし 手差し1枚のみ
最大給紙枚数 A4用紙 最大125枚 最大100枚
はがき 最大40枚 最大20枚(上トレイ)
最大40枚(下トレイ)

排紙トレイの比較

排紙トレイは、両機種とも自動で出てきます。収納はどちらも手動です。

EP-805Aの前モデルは、A4用紙が排出されると、下に落っこちてしまいましたが、今回のモデルから大きな排紙トレイが自動で出るようになり、A4用紙も落ちなくなりました。MG6330も、自動で排紙トレイが出てきます。


排紙トレイの比較
キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A

ネットワークプリント

ネットワークプリント機能は、EP-805Aのほうが機能が豊富です。

ネットワークプリント機能とは、あらゆるデバイスから、どこからでも印刷できる機能です。

EP-805Aは、スマートフォンから利用できるEpson iPrintがインターネット経由でも印刷可能です。またメールを送るだけで印刷できる機能も対応済みです。さらに、パソコンから詳細な設定をしつつインターネット経由で印刷できるリモートプリントドライバー機能や、エプソンプリンターでスキャンしたデータを、遠隔地のエプソンプリンターで印刷できるメールdeリモート印刷機能なども搭載しています。メールdeリモート印刷はFAX感覚で使える機能です。

一方、MG6330はメーカーが提供しているCanon Easy-PhotoPrintは、スマートフォン から印刷することが可能ですが、インターネット経由での印刷に対応していません。また、パソコンやプリンターから遠隔地のプリンターへ印刷する機能が、メーカーからは出されていません。メールプリントも、2013年上旬対応となっており、2012年12月13日現在は対応していません。

ネットワークプリントの比較
  キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A
ローカルネット経由 インターネット経由 ローカルネット経由 インターネット経由
パソコンから印刷 メールからプリント ※
Google クラウドプリント
メールプリント
リモートプリントドライバー
Google クラウドプリント
スマートフォン
から印刷
Canon Easy-PhotoPrint
スマホdeプリント
AirPrint(iOSのみ)
メールからプリント ※
Google クラウドプリント
Epson iPrint
AirPrint(iOSのみ)
Epson iPrint
メールプリント
Google クラウドプリント
プリンターで
スキャンして印刷
× メールdeリモート印刷
※2013年上旬対応予定

まとめ

人物の写真を中心に印刷するなら、エプソン カラリオ EP-805Aが良いと思います。写真だけでなく、テキスト文字中心の文書の印刷も多く印刷するならキヤノン ピクサス MG6330が良いと思います。

設置場所の面では、EP-805Aのほうが幅を取りません。

年賀状の印刷は、人物写真を補正したり綺麗に印刷して送りたい方はエプソン カラリオ EP-805Aを、宛名も綺麗に印刷したい方はキヤノン ピクサス MG6330が良いと思います。なお、人物写真を綺麗に印刷したいなら、インクジェット写真用の年賀はがき(60円)を使用することをおすすめします。10円高いですが、見た目はかなり違います。

最後に、今までの結果を、簡単にまとめます。


まとめ
機種 キヤノン ピクサス MG6330 エプソン カラリオ EP-805A
画像
写真印刷
文書印刷
サイズ
印刷スピード
スキャナ
トータルコスト
ネットワーク
操作性
レーベル印刷
手書き文字合成印刷
給紙トレイ
排紙トレイ
ネットワークプリント
購入先
(Amazon)

※プリンターはAmazonが安くて、早くて、安心できるのでおすすめです。

 

PR:プリンターの設定に困ったら、下記のような製品もあります。
ESET Smart Security プレミア安心パック