会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ツクモ > G-GEAR  > まとめ

ツクモ G-GEAR の実機レビュー(2)

更新日:2017年3月2日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

他のゲーミング・デスクトップPCと比較して、やや低めの動作音です。


騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

CPU温度は低めです。GPU温度は普通です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

専用グラフィックカードを搭載していない機種に比べると高い消費電力です。ゲーミングPCとしては普通の消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

フロント面は通気性の良いメッシュパネルとなっています。

 

アクセスランプが青、電源ランプが緑に光ります。

 

フロント面には電源スイッチ、USB3.0が2ポートあります。


 

フロントには、120mmの大型静音ファンを採用しています。下図のように、オプションでブルーLEDライト付きのファンに変更することも可能です。


天面です。

 

天面では滑り止めのゴムが敷かれており、外付けHDDやスマートフォン、USBメモリを置くことができます。

 

底面です。

 

底面のゴム足です。前側の長細いゴム足は柔らかいですが、後側の丸い足は固いです。

 

側面です。

 

反対側の側面です。

 

背面です。

 

マザーボードのポート類です。

 

今回搭載したGeForce GTX 1060(3GB)の映像出力ポートです。

ケースの内部のチェック

ケース内部とエアフローです。フロント側に吸気ケースファン、リア側に排気ケースファンがあり、ノーマルなケースファンの構成です。

 

フロントパネルは下側の溝に手を入れて引っ張ると簡単に外れます。フロントパネルの内側には防塵フィルターが入っていますが取り外すことは出来ません。

 

12cmのフロントファン(ブルーLED)の画像です。

 

5.25インチ(上段)と3.5インチ(下段)オープンベイの画像です。

 

3.5インチベイ(上段)および2.5インチベイ(下段)の画像です。ツールレスでドライブを増設可能です。

 

今回のマザーボードはASUS PRIMIE H270-PLUSです。M.2スロットも2つあります。

 

CPUファンです。今回はオプションのCoolerMaster製RR-212X-20PM-J1を搭載しています。そのおかげで割と動作音は低めでした。

 

メモリスロットは4つです。

 

今回搭載しているGeForce GTX 1060(3GB)のグラフィックカードの画像です。今回はZOTAC製でした。

 

今回搭載している750W電源(80PLUS GOLD認定 Seasonic製SSR-750RMS)の画像です。モジュール式となっており不要なケーブルは取り外すことが出来ます。

 

余ったケーブルも同梱されています。

 

斜めから見たケース内部の画像です。

 

反対側の斜めから見た画像です。

まとめ

以上が、ツクモ G-GEARのレビューです。

他のBTOメーカーに比べて、搭載されるパーツの型番が分かり、比較的安心して購入することが可能です。また、自然故障以外の損害にも対応した延長保証の金額が比較的安いです。自分で故障パーツのみ送ってもらい、自分で交換して修理できるサービスもあります。

PC本体は、裏面配線ができない点がやや残念ではあるものの、拡張性は高く、静音性、冷却性も問題なく安心して使用できると思います。PCの本体価格も比較的安いです。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:ツクモ(G-GEARモデル一覧)