会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 東芝 > dynabook R731

東芝 dynabook R731(W2PD)2011秋冬モデル のレビュー

更新日:2011年11月28日

2011年夏モデルから秋冬モデルのレビューに更新しました
※画像が正しく表示されない場合は、「F5」を押してページを更新してください

光学ドライブ搭載&ロングバッテリ

dynabook R731は、13.3型液晶と大画面で、しかも光学ドライブを搭載しているにも関わらず比較的軽量なホーム兼モバイルノートパソコンです。

最近、ウルトラブックが流行っていると思います。R731はウルトラブックほど薄型・軽量ではありませんが、光学ドライブを搭載している点や、バッテリ駆動時間が長い点、CPUの性能が良い点、ポート類を多彩に搭載している点が優位です。

これらの特徴から、メインとしても、モバイルとしても使用することが可能なノートパソコンです。

目次

dynabook R731 の基本スペック

dynabook R731の基本スペックをチェックします。※東芝ダイレクトの2011年秋冬モデルの情報です。モデルが変わると搭載できるパーツは異なるのでご注意ください。

CPU
第2世代Core i3/i5/i7を搭載したモデルがあります。本機はCore i5-2435M搭載モデルです。
グラフィックカード
インテル HD グラフィックス 3000(CPU内蔵)です。
液晶ディスプレイ
13.3型ワイド(1366x768)のLED非光沢液晶です。
メモリ
4GBの1枚挿しです。ただし、2011/11/28時点でプラス4GBのメモリが付くキャンペーンを実施中です。

ハードディスク
ハードディスクモデルは、320GBのHDDを搭載しています。本機はSSDモデルのため非搭載です。

SSD
128GBと256GBのSSDモデルがあります。本機は128GBのSSDを搭載したモデルです。

光学ドライブ
DVDスーパーマルチまたはブルーレイドライブを搭載したモデルがあります。本機はDVDスーパーマルチドライブ搭載モデルです。
バッテリ駆動時間
62AAバッテリを標準搭載しています。オプションで92AAも購入可能です。実測値は後述します。

特徴1 - 大画面なのに軽い


重量の実測は1.380kg

dynabook R731の特徴は、13.3型と大画面にもかかわらず、重量が軽い点です。

本機を実測した結果では、1.380kgでした(尚、メーカー仕様では約1.41kg)です。

光学ドライブを搭載して、この重量は軽いと思います。

特徴2 - バッテリ駆動時間が長い


バッテリ駆動時間の実測は7時間12分

dynabook R731のバッテリ駆動時間は、非常に長いです。

実測したところ、7時間12分のバッテリ駆動時間でした。

なお、テスト方法は、動画(DVD相当の画質)をHDDに保存し再生させ、休止状態へ入るまでのバッテリ駆動時間を計測しました。画面の輝度は中間の設定の「レベル4」、電源プランは「バランス」にしました。

また、R731の別モデルについて、メーカーが公表しているバッテリ駆動時間を下に掲載します。今回のように動画を再生させた場合、下記仕様の約50~70%の駆動時間になります。外出先で無線WANやLANを使いながら、ネットやメール程度の作業をしたでも、動画再生時の実測値に近い数値になると思います。

バッテリ駆動時間と重量の関係(メーカーHPの公表値)
型番
R731/W4UD R731/W2TD
R731/W2PD
R731/W2MD
R731/W2JD
スペック SSD/BDドライブ SSD/DVDドライブ HDD/DVDドライブ
バッテリーパック62AA(標準)
or バッテリーパック62AA-G(標準)
バッテリ:約13時間
重量:約1.44kg
バッテリ:約13時間
重量:約1.41kg
バッテリ:約11時間
重量:約1.49kg
バッテリーパック92AA(オプション) バッテリ:約18時間
重量:約1.59kg
バッテリ:約18時間
重量:約1.56kg
バッテリ:約16時間
重量:約1.64kg
※本機の型番は、R731/W2PDです。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

ノートPCにありがちですが、やや青味が強いです。非光沢液晶であるため、周囲の物体の映り込みは少ないです。


正面からの画像

 

詳細を見ていきます。

視野角は普通のノートPC並みです(良くはないです)。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色が低めに調整されています。そのため実際の画面は、全体的にやや青味が強いです。ただし、ほとんどのノートPCは青味が強く我々もそれに慣れているため、あまり気にはならないと思います。
※同じパネルでも調整具合はやや異なります。また異なるパネルが搭載される可能性もあります


ガンマ補正曲線
※ i1 BASIC PROで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域のチェックです。色域はやや狭いです。


ガモット図(a*b*平面)
左図はsRGBとの比較で、右図はadobe RGBとの比較
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、ICCViewでグラフを作成

 

画素の拡大図です。シンプルな形状をしています。ノングレア処理面は滑らかです。ギラツキは感じません。


画素の拡大図
※マイクロスコープ(FS-SST240 )で撮影

キーボードおよびタッチパッドのチェック

dynabook R731のキーボードは、1つ1つのキーが離れたアイソレーションタイプです。キーはフラットでやや滑りやすい材質です。

キーピッチは実測で横19mm×縦16.5mmです。横のキーピッチは十分ですが、縦のキーピッチは狭いです。

実際に打ってみた感想としては可もなく不可もないといった印象です。ただ、「D」や「F」のキーなどを爪の先で打つような人は、キーが滑るので打ち間違いが発生するかもしれません。


キーボード全体図


キーボードの拡大図

 

タッチパッドは操作しやすいです。クリックボタンはやや堅めですが、押しづらくはないです。尚、クリックボタンの間に指紋認証装置があります。


タッチパッドおよび指紋認証装置

 

パームレスト部分の指紋は付きにくいです。


パームレスト

総合ベンチマーク

Core i5-2435Mを搭載したdynabook R731の総合ベンチマーク結果を掲載します。

いずれも平均的なスコアです。

Windows エクスペリエンスインデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


解像度:1280x720で実施

PCMARK7 v1.0.4

CrystalDiskMark 3.0.1a

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

Core i5-2435M搭載のdynabook R731について、動画のエンコード時間をチェックしました。

エンコードに用いたソフトは、ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5 です。

Core i5-2435Mは、CPU内蔵のグラフィックスでエンコード等の処理をするクイック・シンク・ビデオに対応しているので、こちらを用いたときのエンコード時間も計測しました。

テストの結果は、x264でエンコードしたときは39分41秒、クイック・シンク・ビデオでエンコードしたときは15分39秒でした。モバイル用のCPUではありますが、クイック・シンク・ビデオでのエンコードは速かったです。


TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 39分41秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 15分39秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

カードリーダー/ライターのチェック


SDカード挿入後の外観

カードリーダー/ライターのチェックです。

カードスロットは本体の右側面にあります。右図のように、カードを挿入しても出っ張りがない上に、スロットに切り込みが入っているため、取り出しやすくなっています。

対応しているカードは次の通りです。

対応カード SD(SDHC、SDXC含む)

 

カードリーダー/ライターのCrystalDiskMarkのベンチマーク結果です(下図)。結果を見ると、かなり高速です。読取り最大95MB/秒の高速SDカードの性能も十分に引き出せます。

※2011/11/28から、テストに使用しているSDカードを、より高速なカードへ変更しました。


薄さのチェック


薄さ(高さ)の実測は約31mm

本機の薄さの実測値です。

ゴム足を含め、最も厚い部分を計測したところ、約31mmでした。ウルトラブックには及びませんが、光学ドライブを搭載している割には薄いPCです。

 


 

  1 2 次へ
  目次