会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 東芝 > dynabook R631 と dynabook R731との比較

東芝 dynabook R631 と R731の比較

更新日:2011年11月30日

東芝には、13.3型クラスのモバイルPCが2つあります。

その2つとは、「dynabook R631」と「dynabook R731」です。

dynabook R631は2011年11月11日に発売されたウルトラブックと呼ばれるカテゴリのPCで、薄型・軽量が特徴です。よりモバイルに適したPCと言えます。

一方、dynabook R731は以前からあるモデルで、dynabook R631ほどではないものの比較的薄くて軽く、またパフォーマンスやバッテリ駆動時間、パーツ交換のしやすさにも優れています。モバイルPCとしてもメインPCとしても使いたい方に適しています。

ここでは、両者の性能について詳細に比較していきたいと思います。製品購入の参考にしてください。

なお、比較している製品は、dynabook R631は店頭モデル、dynabook R731は直販モデル(R731/W2PD)となっています。

パソコン本体の重量の比較

まずはモバイルPCに重要な重量の比較です。重量に関しては、dynabook R631のほうがかなり軽いです。dynabook R731も軽いのですが、R631が軽すぎます。

パソコン本体の重量
dynabook R631 dynabook R731
1107g 1380g

ACアダプタの重量の比較

長期出張などACアダプタを持ち歩くときも多いと思うので、ACアダプタの重さも計測しました。ACアダプタの重さもdynabook R631のほうが軽いです。

ACアダプタの比較
dynabook R631 dynabook R731
237g 301g

薄さの比較

薄さ(高さ)も、dynabook R631のほうが10mm以上薄かったです。

ゴム足を含めた薄さの比較
dynabook R631 dynabook R731
約19cm 約31mm

サイズ(縦x横)の比較

次は本体のサイズ(縦と横)の比較です。両者ともほぼ同じサイズです。

本体のサイズの比較
上がdynabook R631 下がdynabook R731

光学ドライブの比較

dynabook R631は光学ドライブを搭載していません。

一方、dynabook R731は光学ドライブを搭載しています。DVDスーパーマルチドライブまたはブルーレイドライブのモデルがラインナップされています。

バッテリ駆動時間の比較
dynabook R631 dynabook R731
光学ドライブなし 光学ドライブあり

バッテリ駆動時間の比較

バッテリ駆動時間は、dynabook R731のほうが長いです。

テストでは、ローカルディスクに保存したDVD画質相当の動画を再生させてバッテリ駆動時間を計測しました。

今回テストしたdynabook R731のバッテリは、標準のバッテリーパック62AAですが、オプションのバッテリーパック92AAにした場合はさらに2時間以上は駆動時間が延びると思います。

バッテリ駆動時間の比較
dynabook R631 dynabook R731
5時間02分 7時間12分

キーボードの比較

キーボードは、両者ともそれほど差はないです。どちらも、それほど打ちやすいわけではありません。ただし、慣れれば問題のない範囲だと思います。

dynabook R631は、ややキーストロークが短いですが、キーの表面がそれほど滑りません。

一方、dynabook R731は、R631よりもキーストロークは長いのですが、キーの表面が滑りやすいです。

キーピッチについては、両者とも縦のキーピッチが約16.5mmと狭めです。

キーボードの比較
dynabook R631 dynabook R731
キーピッチ 横:約19mm x 縦:約16.5mm
キーストローク 約1.2mm
キーピッチ 横:約19mm x 縦:約16.5mm
キーストローク 約1.6mm

静音性の比較

静音性は、dynabook R631のほうが優れています。

R631のほうが低電圧なCPUを使っている分、冷却ファンの回転が遅くて済むのではないかと思います。またファンの直径もR631のほうが大きいらしいので、その影響もあると思います。

エンコード実行時の騒音値の比較
dynabook R631 dynabook R731
44.5dB 47.9dB

表面温度/CPU温度の比較

パソコンに負荷をかけたときのPCの表面温度およびパーツの温度は、dynabook R631のほうが低かったです。

テストは、エンコードを実行したときの表面温度および、CPU温度を計測しました。

dynabook R631は、全体的に標準的な温度であったのに対し、R731は表面温度が高めで、CPU温度も100度近い値が出ていました。

エンコード実行時の表面温度およびパーツの温度の比較
dynabook R631 dynabook R731

パフォーマンスの比較

パフォーマンスについては、dynabook R731はCore i3/Core i5/Core i7のモデルがあり、またSSDも128GBと256GBのモデルありますが、どのモデルを選んでもdynabookR631よりも R731のほうが処理性能は良いと思います。

今回は、Core i5-2467M/128GB SSDという構成のdynabook R631と、Core i5-2435M/128GB SSDという構成のdynabook R731のベンチマークを掲載します。いずれの結果もR731のほうが優れています。

ベンチマーク結果の比較
dynabook R631
Core i5-2467M/128GB SSD
dynabook R731
Core i5-2435/128GB SSD
※他のCPUやSSDの場合、スコアは異なります

Windows エクスペリエンス インデックス

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

PassMark Performance Test 7.0

CrystalDiskMark 3.0.1

CrystalDiskMark 3.0.1

 

次はPC起動時間の比較です。なお、両者のPCは、高速スタートモードという機能に対応しています。これは停止するときに専用のアイコンから実施すれば、PCを高速に起動できます。

ここでは、通常のPC起動時間および高速スタートモードによるPC起動時間を計測してみました。その結果、R631とR731とは、ほぼ同じ起動時間でした。

ただし、インストールソフトやPCの使用年月によって、起動時間は変わってきます。また、dynabook R731は、Core i5-2435/128GB SSDという構成でしたが、これ以外の構成の場合、起動時間は異なる可能性があります。

PC起動時間
テスト内容 dynabook R631 dynabook R731
通常のPC起動時間 約18秒 約18秒
高速スタートモードでのPC起動時間 約16秒 約16秒
PC起動時間は、電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまでの時間

液晶ディスプレイの比較

液晶ディスプレイの見やすさについては、どちらも大差ありません。

両方とも青みの強い液晶ですが、R731はより青みが強く感じます。

液晶ディスプレイの比較
dynabook R631 dynabook R731

正面画像

正面画像

ガンマ補正曲線

ガンマ補正曲線

入出力ポートの比較

入出力ポート類は、dynabook R731のほうがやや充実しています。ただし、R631も通常では十分なポート類を搭載していると思います。

ポート類の比較
dynabook R631

 

dynabook R731

まとめ

以上がdynabook R631とR731の比較でした。

同じ13.3型モバイルノートPCですが、特徴が異なります。ご自分に合ったPCをお選びいただければと思います。

比較結果のまとめ
  dynabook R631 dynabook R731
本体の重さ
ACアダプタの重さ
薄さ
光学ドライブ ×
バッテリ駆動時間
キーボード
静音性
表面/内部温度
パフォーマンス
液晶ディスプレイ
入出力ポート

詳細はこちら
安心の直販モデルはこちらからどうぞ。
東芝ダイレクト

店頭モデルのPCは、下記店舗が安いと思います。