会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 東芝 > 「dynabook V」シリーズ

東芝「dynabook V」シリーズの展示機レビュー

更新日:2016年12月2日

 

2016年12月1日、東芝より、液晶が360度回転するタイプの2 in 1 パソコン「dynabook V」シリーズが発表されました。

何かが世界一という部分はないですが、バッテリー、重量、パフォーマンスなど、すべての要素が高いレベルのバランスの良い 2 in 1 パソコンだと思います。

東芝 dynabook Vシリーズの特徴

 

薄くて軽い

dynabook Vシリーズは、15.4mmの薄さ、約1.099kgの重量と、UシリーズのCoreプロセッサーを搭載した2 in 1 パソコンとしては比較的薄くて軽いです。

部品実装間隔を0.2mmまで縮めた高密度実装技術や、各種シミュレーションによって、従来モデルのメインボードと比較すると、14%小型化を実現しています。

 

また、小型化しながらも、振動や衝撃への信頼性は強化されています。

高い堅牢性

dynabook Vシリーズは、100kgf面加圧試験や、76cm落下試験、高加速寿命試験「HALT」などクリアし、高い堅牢性も兼ね備えています。

 

また、キーボード下やタッチパッド周りなど、補強リブを立てることで、19%剛性がアップしています。

 

360度液晶を回転させるヒンジ部分については、シミュレーションで確認しながらシャフト構造を設計し、回りやすく、途中で止めてもガタつかない高信頼性2軸ヒンジを開発。シミュレーションと開閉テストで信頼性を実証しています。

ロングバッテリー

dynabook Vシリーズは、44Whのバッテリー容量を搭載し、17時間のバッテリー駆動が可能です。

 

また、30分で約7時間のバッテリー稼働を可能とする急速充電に対応しています。

 

バッテリーの劣化が早くならないように、バッテリーの充電状態を監視しながら、充電の電流量をコントロールしています。

 

下図は、急速充電時(左)と、通常の充電時(右)の消費電力違いです。

第7世代インテルCoreプロセッサー搭載

まだ第7世代インテルCoreプロセッサーに対応していないモバイルノートパソコンも多いですが、dynabook Vシリーズは、このCPUに対応しています。

 

また、CPU周りのエアフローもファンも新設計し、放熱効率が向上しています。

 

従来のCPUファンは厚さ6mmであったのに対し、dynabook Vシリーズは3.7mmの厚さを実現しています。

 

また、従来は底面からの吸気だけだったのに対し、dynabook Vシリーズは背面からの吸気を加え、冷却効率を向上させています。

harman/kardonスピーカー搭載

モバイルノートパソコンとはいえ、dynabook Vシリーズはスピーカーにもこだわり、harman/kardonのスピーカーを搭載しています。

 

実際に、他のPCと聴き比べすることができましたが、dynabook Vシリーズのほうが立体感のあるサウンドであると感じました。

アクティブ静電ペン対応

dynabook Vシリーズは、ワコム製のアクティブ静電ペンに対応しています。

 

実際に書いてみましたが、液晶表面に適度な摩擦感があり、非常に書きやすかったです。

 

ペン先は、従来のものと比べると細くなっており(下図の右)、よりペンに近い書き心地です。

従来と変わらないキーボード

薄くなった点が特徴の1つのdynabook Vシリーズですが、従来と変わらないキーピッチ(19mm)、キーストローク(1.5mm)で、キートップは湾曲しており、タイピングしやすくなっています。

顔認証や指紋認証ログイン

Windows Helloに対応した顔認証や指紋認証も可能です。

 

カメラについては、2 in 1 PCにも入るような小型のカメラモジュールを新規に開発しています。

インターフェース

インターフェースは少なめではありますが、Thunderbolt 3 (USB Type-C) だけでなく、マイク入力/ヘッドホン出力端子、USB3.0も搭載しています。

 

USB Type-Cアダプターも同梱されているため、こちらを用いればLANや外部ディスプレイに接続することも可能です。

外観

外観です。

 

キーボード部分の画像です。

 

液晶を閉じた時の画像です。

 

底面です。

スペック

dynabook Vシリーズのスペックです。店頭向けモデルと、Webオリジナルモデルがあります。

店頭向けモデルは、12月9日発売です(V42/Bのみ2017年1月下旬発売)。

店頭向けモデル
  V82/B V72/B V62/B V42/B
液晶 12.5型フルHD タッチ対応 非光沢
CPU Core i7-7500U Core i5-7200U Core i5-7200U Celeron
メモリ 8GB 8GB 8GB 4GB
ストレージ 512GB SSD 256GB SSD 128GB SSD 128GB SSD
アクティブ静電ペン オプション オプション
顔認証 × × ×
バッテリー駆動時間 約17時間 約17時間 約17時間 後報
Office Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス

 

WEBオリジナルモデルは受注開始済みで、順次発送されます。

WEBオリジナルモデル
  VZ72/B VZ62/B VZ42/B
液晶 12.5型フルHD タッチ対応 非光沢
CPU Core i7-7500U Core i7-7500U Core i3-7100U
メモリ 8GB 8GB 8GB
ストレージ 512GB SSD
256GB SSD
128GB SSD 128GB SSD
アクティブ静電ペン オプション オプション
顔認証 × × ×
バッテリー駆動時間 約17時間 約17時間 約17時間
Office 有無選択可

 

詳細はこちら
メーカー直販サイト: 東芝ダイレクト(dynabook Vシリーズ)
こちら」より東芝のRoom1048会員になると、数万円安く購入可能です。
ご購入を検討されている方は、会員(無料)になって価格を確認してみると良いです。