会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 東芝 > dynabook Satellite T873

東芝 dynabook Satellite T873 の実機レビュー

更新日:2013年9月6日



17.3型フルHD液晶の国産ノート

dynabook Satellite T873は、17.3型ワイド液晶を搭載した国産ノートパソコンです。富士通、NEC、SONYと17型クラスのノートPCの発売を止める中、貴重な国産の17.3型ノートパソコンです。

解像度はフルHD(1920x1080)とHD+(1600x900)の2つのモデルが用意されています。フルHDなら表示領域が広く仕事がしやすいでしょう。動画やゲームの画面も綺麗です。

また、GeForce GT745Mを搭載したモデルもあります。ゲームによっては1920x1080の設定でもプレイ可能です。

公式サイト:東芝ダイレクト

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

dynabook Satellite T873 の基本スペック

dynabook Satellite T873の基本スペックを紹介します。※東芝Webオリジナルモデル(2013夏モデル)です。これ以外のモデルはスペックが異なりますのでご注意下さい。なお、レビューに用いている型番は、T873/87Jです。

CPU
本機は、Core i7-4700MQ(第4世代インテルCPU「Haswell」)です。
グラフィックカード
GeForce GT745Mまたは外部GPUなしです。本機はGT745Mを搭載しています。
液晶ディスプレイ
17.3型ワイド光沢液晶です。フルHD またはHD+を選択可能です。
メモリ
8GB(デュアルチャネル)です。
 
ハードディスク
1TBのハイブリッドドライブ(HDDにNAND型フラッシュメモリを搭載)です。
光学ドライブ
BDXL対応のブルーレイディスクドライブを搭載しています。
バッテリ駆動時間
メーカー公表値は約4.4時間です。
 
テレビチューナー
非搭載です。
 

特徴1 - 17.3型大画面・フルHD液晶搭載

本製品は17.3型の大画面に加えて、フルHD(1920x1080)の高解像度液晶を搭載したモデルが用意されています(HD+の液晶を搭載したモデルもあります)。

フルHD液晶の場合、表示領域が広いため作業しやすいですし、動画やゲームの画面も綺麗です。


17.3型大画面、フルHD液晶搭載

特徴2 - GeForce GT745M搭載可能

dynabook Satellite T873 は、ミドルロー(中の下)クラスのグラフィックス「GeForce GT745M」を搭載したモデルが用意されています。本機もこのグラフィックスを搭載しています。

ゲームによっては1920x1080の解像度でもプレイ可能です。ただし、プレイの難しいゲームもあります。

ゲームベンチマーク
製品名 東芝 T873
基本スペック Core i7-4700MQ
GeForce GT745M
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1920x1080 RANK C(23.4fps)
1280x720 RANK B(34.7fps)
ファイナルファンタジー XIV(旧) 1920x1080 1567(重い)
1280x720 2967(普通)
中程度の
重さの
ゲーム
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア
ワールド編(標準品質)
1920x1080
4549(快適)
1280x720 7229(非常に快適)
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア
キャラクター編 (標準品質 ノートPC)
1920x1080
5312(とても快適)
1280x720 7532(非常に快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1920x1080 2691(標準)
1280x720 3923(標準)
バイオハザード6 1920x1080 RANK C(2617)
1280x720 RANK A(4528)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 1920x1080 3371
1280x720 6379
軽めの
ゲーム
ドラゴンクエストX(標準品質) 1920x1080 6327(快適)
1280x720 8264(とても快適)
デビルメイクライ4 1920x1080 RANK B
1280x720 RANK B
リアル彼女(ハイクオリティ) 1280x720 RANK S(51 REAL)

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

視野角はそれほど広くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、やや青色が下げ調整です。実際の画面はやや寒色系ですが、動画やゲームをするにはこのくらいの調整のほうが見やすいかもしれません。

※同じパネルでも調整具合はやや異なります。また異なるパネルが搭載される可能性もあります



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

色域のチェックです。ノートPCとしては広めの色域です。


 

画素の拡大図です。シンプルな形状ではなく、色むらもなく、表面も光沢であるため、ギラつきは感じません。


キーボードとタッチパッドのチェック

キーボードのチェックです。

キーピッチは実測で横:19mm、縦:19mmと十分な広さです。キーストロークは約1.5~1.7mmです。打ち心地は普通です。

ただし、大きなPCであるため、もう少し「BACKSPACE」や「ENTER」キーが大きくても良かったと思います。


キーボード全体図


キーボード拡大図1


キーボード拡大図2

 

マウスポインタとクリックの操作のしやすさは普通です。


タッチパッドとクリックボタン

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

4コアのCore i7-4700MQ、8GBメモリ、GeForce GT745M、ハイブリッドHDDの構成で、スペックは比較的良いです。下記がベンチマークスコアです。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

動画エンコード時間のチェックです。

ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5のソフトを使用し、AVCHD動画をMPEG-4(1280x720)へエンコードしたときの時間を計測しました。

x264およびCUDAでのエンコードをテストしましたが、ノートの中では速いエンコードです。

フルHD液晶を搭載していることですし、ハイビジョンカメラで撮影した動画の編集も快適でしょう。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i7-4700MQ、GeForce GT745M
x264でエンコード 18分56秒
CUDAでエンコード 9分47秒

PC起動時間のチェック

本製品はNAND型フラッシュメモリをキャッシュとして使用しているハイブリッドHDD(1TB)を搭載しています。SSDより速度は遅いですが、HDDよりは速く、容量はHDD並みです。

下の表が、PC起動、シャットダウンのテスト結果です。SSDに迫る起動・シャットダウン時間です。

PC起動時間など
テスト内容 時間
PC起動時間 11秒
PCシャットダウン時間 10秒
PC起動時間は、ハイブリッドブート時の時間。電源ボタンを押してからタイル画面が表示されるまでを計測

CrystalDiskMarkのベンチマーク

下の左図はハイブリッドHDDのベンチマークスコアです。右図のHDDのスコアよりも良いことが分かります。


ハイブリッドHDDのベンチマーク結果

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターの速度のチェックです。高速です。


 

 

  1 2 次へ
  目次