会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 東芝 > dynabook R732

東芝 dynabook R732(2013年春モデル)の実機レビュー

更新日:2013年3月14日

ハイブリッドHDD搭載の2013年春モデルの内容へ記事を修正しました

バランスの良いモバイルノート

dynabook R732は、光学ドライブを搭載したバランスの良いモバイルノートパソコンです。

「これがずば抜けている」という点はありませんが、すべての要素が比較的優れています。CPUは標準電圧のCore i7を選択でき、本体は最厚部で2cm台と比較的薄く、重量も約1.4kgと比較的軽く、バッテリ駆動時間も比較的長く、光学ドライブも搭載しています。いずれも標準以上のスペックです(※1)。

流行りのウルトラブックと比べると、光学ドライブを搭載している点、大容量バッテリを選べる点、ポート類が充実している点、CPU処理性能が高い点がR732のメリットとして挙げられます。

※1 薄さや重量、バッテリ駆動時間などは搭載するパーツによって変わります

今すぐ購入

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

dynabook R732 の基本スペック

dynabook R732(2013年春モデル)の基本スペックを紹介します。※東芝Webオリジナルモデル(2013年春モデル)以外は、スペックが異なりますのでご注意下さい。なお、レビュー機の型番はR732/W4UHです。

CPU
Core i7モデルとCore i5があります。本機は、Core i7-3540M vPro搭載モデルです。
グラフィックカード
CPU内蔵(インテル HD グラフィックス 4000)です。
液晶ディスプレイ
13.3型ワイド(1366x768)の非光沢液晶です。
メモリ
モデルによってメモリ容量は変わります。本機は8GB(デュアルチャネル)です。
ハードディスク/SSD
SSD搭載モデル(256GB)と、ハイブリッドHDD搭載モデル(1TB)があります。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチまたはブルーレイドライブを搭載したモデルがあります。本機はブルーレイドライブ搭載モデルです。
バッテリ駆動時間
62AAバッテリを標準搭載しています。オプションで92AAも購入可能です。62AAバッテリの実測値は後述します。
テレビチューナー
非搭載です。
 

特徴1 - 光学ドライブを搭載しながら1.4kg台~

dynabook R732の重量のチェックです。

本体の重量は、メーカーの仕様ページを確認すると次のようになっています。

 

当サイトの実測値は、次の通りです。光学ドライブを搭載した13.3型モバイルノートパソコンとしては軽い重量だと思います。なお、SSD搭載モデルは2012年秋冬モデルでの測定結果です。


PC本体の重量の実測結果

 

また、ACアダプターの重量は実測で283gでした。こちらは標準的な重さです。


ACアダプターの重量

特徴2 - バッテリ駆動時間が長い

dynabook R732のバッテリ駆動時間のチェックです。

メーカーの仕様ページを確認すると次のようになっています。

 

当サイトの実測値は、次の通りです。動画(720x480)を再生させ、電源コードを抜いてから、休止状態へ入るまでの時間を計測しています。画面の輝度は中間の設定、電源プランは「バランス」にしました。長いバッテリ駆動時間であると思います。なお、SSDモデルは2012年秋冬モデルでの測定結果です。バッテリーパック92AAについては未検証です。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

サイズは13.3型ワイド、解像度は1366x768です。ノートパソコンによく見られるやや青白い画面です。


正面からの画像

 

視野角は普通のノートPCと同程度、それほど良くないです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

ガンマ補正曲線を確認すると、青色がかなり低めに、そして赤色がやや高めに補正されています。そのため、実際は寒色系の画面となっています。


ガンマ補正曲線
※ i1 BASIC PROで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はやや狭いです。ただし、モバイルノートパソコンであるため、通常作業であればこの程度の色域で十分です。


ガモット図(a*b*平面)
左図はsRGBとの比較で、右図はadobe RGBとの比較
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、ICCViewでグラフを作成

 

画素はシンプルな形をしています。ノングレア処理面も凹凸は少ないです。ギラつきは感じません。


画素の拡大図
※マイクロスコープ(FS-SST240 )で撮影

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードのチェックです。

本機は、アイソレーションタイプのキーボードを採用しています。キートップはフラットです。

キーピッチは実測で横:19mm×縦:16.5mmです。横のキーピッチは十分広いですが、縦のキーピッチはやや狭いです。キーストロークはメーカー公表値で1.6mmとなっています。通常のノートパソコンと比べると浅いキーストロークですが、ウルトラブックと比べると深めだと思います。


キーボード全体図


キーボードの拡大図

 

タッチパッドはシンプルな表面ですが操作しやすいです。クリックボタンも独立しており押しやすいです。


タッチパッド

総合ベンチマーク

標準電圧版CPUに、デュアルチャネルのメモリ、6Gbps対応SSDとモバイルノートパソコンの中ではスペックは高いです。

下記2つのモデルのベンチマーク結果を掲載します。

Windows エクスペリエンスインデックス


ハイブリッドHDD搭載モデル


SSD搭載モデル(ただしCPUはCore i7-3520M vProの2012秋冬モデル)

PassMark Performance Test 8.0


ハイブリッドHDD搭載モデル


SSD搭載モデル(ただしCPUはCore i7-3520M vProの2012秋冬モデル)

PCMARK7 v1.4.0


ハイブリッドHDD搭載モデル

 


SSD搭載モデル(ただしCPUはCore i7-3520M vProの2012秋冬モデル)

3DMark


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

動画のエンコード時間の確認です。

ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5 を用いて、x264とクイック・シンク・ビデオでエンコードしたときの時間を計測していいます。

Core i7-3540M vPro搭載モデルでの結果は下の表のとおりです。

x264でエンコードしたときは25分28秒、クイック・シンク・ビデオでエンコードしたときは11分12秒でした。普通の速度です。4コアCore i7に比べると速度は落ちます。


TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i7-3540M vPro
x264でエンコード 25分28秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 11分12秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

薄さのチェック


薄さ(高さ)の実測は約31mm

本機の薄さの実測値です。

メーカー公表値の本体の高さを確認すると、標準バッテリーパック搭載時で、18.3~26.6mmとあります。ウルトラブックには及びませんが十分薄いです。

ゴム足を含めて計測した場合でも、約31mmでした。薄いほうだと思います。


PC起動・シャットダウン時間のチェック

Windows 8を搭載しているため、PCの起動が高速です。実測した結果は次の通りです。SSD搭載モデルは非常に速い起動・シャットダウン時間です。ハイブリッドHDD搭載モデルはSSD搭載モデルよりもやや遅くなりますが、それでも十分速いです。

PC起動時間など
テスト内容 ハイブリッドHDD搭載モデル SSD搭載モデル
PC起動時間 12秒 10秒
PCシャットダウン時間 10秒 8秒
PC起動時間は、ハイブリッドブート時の時間。電源ボタンを押してからタイル画面が表示されるまでを計測

CrystalDiskMarkのベンチマーク

Crystal DiskMarkのベンチマーク結果は次の通りです。SSDのスコアは非常に高いです。


R732搭載のハイブリッドHDDとSSDと、一般的なノートPCのHDDのベンチマーク比較

カードリーダー/ライターのチェック


SDカード挿入後の外観

カードリーダー/ライターの対応カードおよび速度のチェックです。

カードスロットの上部に切り込みが入っているため、挿入や取り出しが楽です。なお、取り出すときは、プッシュするとカードが出てきます。カードスロットの位置は本体の右側面にあります(右図)。

対応しているカードは次の通りです。

対応カード SD(SDHC、SDXC含む)

 

CrystalDiskMarkのベンチマーク結果です(下図)。専用の外付けカードリーダー/ライターと比べて同等またはそれ以上の速度が出ています。高速なリーダー/ライターであると思います。


 

  1 2 次へ
  目次