会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 東芝 > dynabook Satellite B352

東芝 dynabook Satellite B352の実機レビュー

更新日:2012年7月7日

安価なIvy Brdge搭載の国産PC

dynabook Satellite B352は、コレと言った大きな特徴はありませんが、特に問題となる点もなく無難に作られたPCです。

事務機や、子供に買ってあげる最初のPCとしての用途なら十分だと思います。

本機は、第3世代インテル Core i5 プロセッサーを搭載し、約8万円という価格です。国産メーカーとしては安いとは思いますが、旧モデルのB351はかなり激安感があったため、後継機種のB352ももう少し価格が下がればなと思うところはあります。

メーカーサイト:dynabook Satellite B352

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

dynabook Satellite B352 の基本スペック

dynabook Satellite B352/W2MFの基本スペックを下記に紹介します。※B352/W2MF以外の型番のPCは、スペックが異なりますのでご注意下さい。

CPU
Core i5-3210Mです。
 

グラフィックカード
CPU内蔵(インテルHDグラフィックス 4000)です。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイド(1366x768)の光沢液晶ディスプレイです。
メモリ
4GB(4GB×1枚)のメモリを搭載しています。
 
ハードディスク
320GBのHDDです。
 
SSD
非搭載です。
 
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブです。
 

テレビチューナー
非搭載です。
 

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

「ノートPCとして標準的な液晶画面」というのが感想です。

視野角は一般的なノートPCと同等程度で、それほど広くはありません。

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色が低めに調整されています。そのため実際に見たときの画面は、寒色系の画面となっています。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域のチェックです。普通の広さです。


 

画素の拡大図です。シンプルな形状です。ギラつきは感じません。ドットピッチが広いので粒状感はあります。


キーボードとタッチパッドのチェック

キーボードのチェックです。

キーがフラットで、キーとキーとの感覚が非常に狭いので、2つのキーを同時に押してしまいそうなときがあります。

キーピッチは19mmと十分広いですが、キーストロークは約1.5mmと若干浅めです。

BACKSPACEやENTERキーが、やや小さめなのが少し残念です。テンキーは十分な大きさです。


キーボード全体図


キーの拡大図

 

タッチパッドは動かしやすいと思います。クリックボタンも押しやすいです。タッチパッド自体がやや左側に配置されている点も良いと思います。


タッチパッド&クリックボタン

総合ベンチマーク

各種ベンチマークの結果です。

本機は、Core i5-3210M、メモリ4GB(1枚挿し)、HDDという構成です。

全体的に普通のスコアです。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


1280x720で実行

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

TMPGEnc Video Mastering Works 5 による動画のエンコード時間のチェックです。

本機は、Core i5-3210M(インテル HD グラフィックス)を搭載しています。

x264でエンコードしたときは31分22秒、クイック・シンク・ビデオでエンコードしたときは13分14秒でした。

 


TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 31分22秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 13分14秒

 

 

  1 2 次へ
  目次