会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > パソコン工房 > 17P1100-C-VGM

パソコン工房 iiyama 17P1100-C-VGMの実機レビュー

更新日:2014年8月8日

4万円台の17型液晶ノート

17P1100-C-VGMは、17.3型の大画面液晶を搭載しながら、4万円台(税抜)で購入可能なノートパソコンです。

CPUはCeleron 2957U、メモリは4GB、ハードディスクは500GBと、スペックはそれほど良くありませんが、その代わり価格はかなり安いです。

液晶は、HD+(1600x900)と文字が大きく、老眼の方でも見やすいでしょう。

当日、または翌日出荷に対応しており、早くPCを手に入れたい人にも良いでしょう。

メーカー直販サイト:
パソコン工房(17P1100-C-VGM [Windows 7]) icon

※レビュー機はメーカーからの借用製品です

目次

17P1100-C-VGMの基本スペック

17P1100-C-VGMの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。

CPU
Celeron 2957Uです。
 
グラフィックカード
CPU内蔵です。
 
液晶ディスプレイ
17.3型ワイド HD+(1600×900ドット)光沢液晶です。
メモリ
4GBメモリです。
 
ハードディスク
500GB HDDです。
 
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブです。
 

特徴 - 17.3型液晶を搭載しながら4万円台

17P1100-C-VGMは、17.3型の大画面液晶を搭載しながら、4万円台(税抜)で購入することが可能です。

15型クラスノートパソコンで4万円台で購入できるPCはいくつかありますが、17型で4万円台というのは珍しいです。

CPUはCeleron 2957Uと非力ではありますが、とにかく価格が安いPCをお探しであれば、よい選択肢の1つになると思います。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

視野角は狭いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線です。今回、輝度を調整できる幅が広く、目標値とはずれて計測したこともあり、下のグラフはあまり正確ではありません。ただし、寒色系の画面であることは確かです。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はノートパソコンとしては標準的です。


ガモット図
※ i1 Basic PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素は次の通りです。画面にギラつきは感じません。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは縦:約19mm、横:約18mm、キーストロークは約1.2mmです。17.3型の大きいPCの割には、横のキーピッチがやや狭いです。また、キーストロークも浅いです。キートップはフラットですが、滑りにくいです。

慣れれば普通に打てますが、打ちやすいキーボードというわけではありません。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

タッチパッドの指の動かしやすさは普通です。クリックボタンはやや固めです。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

Celeron 2957U、4GBメモリ、HDDという構成であるため、処理性能はそれほど良くありません。ベンチマーク結果は下に掲載します。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ FIRE STRIKE:高性能GPU向け、SKY DIVER:ミドルレンジGPU向け、
CLOUD GATE:一般ノート向け、ICE STORM:タブレットやスマホ等のモバイル向け

PCMark 8

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターは高速です。


 

 


  1 2 次へ
  目次