会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > Panasonic > レッツノート SZ6 > まとめ

パナソニック レッツノート SZ6の実機レビュー(2)

更新日:2016年11月14日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。もし動作音が大きいと、気になって作業に集中できなかったり、周りの人に迷惑になったりします。

アイドル時や低負荷時(動画再生時)もややファン音が聞こえます。高負荷時(エンコード時)の動作音は普通です。


【新】騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB



【旧】騒音値の計測結果
計測機器:GS-04、部屋を極力無音にしたときの騒音値:40.4dB

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

高負荷時(エンコード時)のCPU温度が高めです。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

高負荷時(エンコード時)の右側がやや熱くなりますが、それほど気にはなりません。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低めの消費電力です。


外観のチェック

レッツノート SZ6の外観のチェックです。

ボディはマグネシウム合金を採用しています。シルバーのカラーの場合、指紋や皮脂は目立ちにくいですが、本機のようなブラックのモデルの場合、やや目立ちます。

 

天板です。凹形状のボンネット構造を採用することで強度を高め、荷重が加わったときのたわみを軽減しています。

 

ヒンジ部分です。

 

底面です。バッテリー部分が出っ張っています。

 

液晶は下図の角度まで開きます。

 

側面です。LANポートやVGAポート、光学ドライブもあります。ただ、右側面にUSBポートがたくさんあり、ここに周辺機器などを接続すると、マウスを操作するときに邪魔になる可能性があります。

 

ACアダプターは普通の大きさです。

 

底面カバーを開いたときの画像です。ネジの数は多いですが、爪の引っかかりは少なく割と開けやすいです。

 

搭載されていたSATA接続のM.2 SSD(128GB)です。

 

搭載されていた2.5インチハードディスクです。緩衝材で保護されています。

 

このハードディスクは簡単に取り外せます。重量を計測したところ91gでした。

 

ハードディスクを取り外した後の画像です。

 

LTEモジュールの画像です。

まとめ

以上が、レッツノート SZ6のレビューです。

頑丈・軽量・ロングバッテリーと三拍子揃った定番のモバイルノートパソコンです。またブランド力もあり、レッツノートを使っているだけで、デキるビジネスマンに見えてしまいます(個人的意見です)。

光学ドライブ、VGAポート、LANポートなど、最近のモバイルノートパソコンにはない装備も搭載しています。

LTE対応モデルがあるのも嬉しいです。格安SIMを使ってモバイルデータ通信が可能です。外出時に、WiFiルーターやスマホのテザリング機能を使う必要がありません。

ただし、縦のキーピッチが約16mmしかないのと、「半角/全角」キーが端にない点が残念です。やや打ちづらく感じますが、慣れれば問題ないとは思います。

また、バッテリーの出っ張りも残念です。見た目も古くさいですし、カバンに入れるとかさばります。

詳細はこちら
安心のメーカー直販サイト:Panasonic Store(レッツノート SZ6)