会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > Panasonic > レッツノート プレミアムエディション Wシリーズ(SSDモデル)

レッツノート プレミアム エディション Wシリーズ(SSDモデル)

更新日:2009年3月1日

ほんとに速い! レッツノート プレミアムエディション Wシリーズ(SSD)

パナソニックから、SSD搭載のレッツノート Wシリーズが発売されました。 レッツノートは、頑丈・軽量・長時間バッテリと、モバイルノートとして確固たる地位を築いてきました。 今回の新製品は、これらの特徴はそのままで、速度も非常に速くなりました。 そんなレッツノートプレミアムエディション Wシリーズ(SSDモデル)をレビューしましたのでご覧ください。

レッツノート プレミアムエディション Wシリーズ


ここがすごい! - 普通のHDDよりも起動が爆裂速い!

SSD搭載のレッツノート プレミアムエディション Wシリーズは、PCの起動がめちゃくちゃ速いです。

週刊アスLIVEを見学しに行ったところ、3機種のLet's noteについて、PC起動時間の比較をしていました。 比較していた機種は次の3つです。

すべての機種の電源を同時に入れ、どの機種のデスクトップ画面が、一番早く表示されるかを試していました。 結果は、もちろんWシリーズのSSDモデルが最も速かったです。 具体的に時間を計測してはいませんでしたが、体感的に1.5倍は速かったと思います。

この速さの秘密は、インテル X25-Mという、読取速度が250MB/sの高速SSDを搭載しているためです。 普通の2.5インチHDD(5400rpm)の読取速度は約50MB/s程度なので、かなり速いです。

Panasonic内のベンチマーク(PCMark Vantage)の結果でいうと、SSDモデルのHDDスコアは、HDDモデルの約10倍良かったそうです。



尚、このSDDを採用したノートパソコンは、国内メーカー初とのことでした。 インテル X25-MのSSDとHDDや他のSSDの速度を比較した記事がITPro殿のページありますので、こちらもご覧ください。

⇒ HDDや他のSSDとの比較記事:まさに爆速!250MB/秒を超えるIntelのSSD(ITPro)



週刊アスキー編集部の評価 - 週刊アスLIVEにて

週刊アスLIVEでは、”生”でレッツノートのクロスレビューを実施しておりました。 雑誌週刊アスキーの人気企画で、3人の担当者による商品のクロスレビューをおこなうコーナーがあります。 このクロスレビューを
”生”で実施していたのです。

レビューの結果は次の通りです。

週刊アスキー:クロスレビュー (レッツノート)
レッツノート
レッツノート
Wシリーズ(SSDモデル)

レッツノート
Wシリーズ(HDDモデル)

レッツノート
Rシリーズ(HDDモデル)
週アス編集部
I 様


5点
ほんとに速い
値段は少々高いけど、それなりの価値はある


4.2点


4.6点
光学が欲しい
フリーライター
M様


4.8点
体感が違う
触ってみると違いがわかる


4.1点


5点
軽くて小さい
週アス編集部
K様


4.5点


4点


4.9点
持ち歩くならこれ
※満点は5点です。

レッツノート Wシリーズ(SSDモデル)は、みんな評価が高かったです。 はやり全員、速さが特に素晴らしいと言っていました。 欠点は価格だけとのことでした。

Rシリーズも評価が高かったです。 ポイントは軽さです。 RシリーズはWシリーズよりも画面が小さくて光学ドライブがない代わりに、重量が1kgを下回ります。 RシリーズにもSSDモデルがあり、SSDモデルは約900kgという軽さです。


ここがすごい! - 頑丈・軽量・長時間バッテリはそのまま

もちろん、レッツノートの特徴である頑丈・軽量・長時間バッテリは健在です。

頑丈さは、モバイルパソコンの中で、最も優れていると言ってよいでしょう(ただし、業務用のタフブック等は除外します)。

Wシリーズ(SSDモデル)の重さは1240gです。HDDモデルのWシリーズよりも、数グラム軽くなっています。光学ドライブがついて、しかも頑丈で長時間バッテリ搭載なのに、この軽さは素晴らしいです。

Wシリーズ(SSDモデル)のバッテリ時間は、11.5時間です。SSDモデルなので、HDDモデルのWシリーズよりも約1時間長くなっています。

Wシリーズの基本性能は、レッツノート(Wシリーズ)の評価レビューをご覧ください。



ここが残念・・・

ここでは、ちょっと残念な点をまとめます。

1つ目は、価格です。 プレミアムエディション WシリーズのSSDモデルは価格が30万円以上し、高価です。 しかし、高価なだけあって、品質・性能は素晴らしいです。 レッツノート(Let's Note)は、誰にでもおすすめできる製品ではなく、頑丈さ・軽さ・長時間バッテリを望み、ある程度お金を出せる方のための高品質モバイルパソコンです。

2つ目は、それほど薄くなく、天板がボコボコしてるので、書類などと一緒に持ち運ぶときに、少し持ちづらい点です。 でも、レッツノートは頑丈さを重視しているので、その点は仕方のないところです。


まとめ

レッツノート プレミアムエディション Wシリーズ (SSDモデル)は、次のような特徴があります。

レッツノート プレミアムエディション Wシリーズ(SSDモデル)は、次のような方に向いています。

SSDモデルは、パナソニック直販店の「マイレッツ倶楽部」でしか購入できません。 マイレッツ倶楽部へは以下からどうぞ。