会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > 第7世代CPUと第6世代CPUのベンチ比較(ノートPC編)

第7世代CPUと第6世代CPUのベンチ比較(ノートPC編)

初稿:2016年10月5日
更新日:2017年1月11日

ノートPC向けの第7世代Coreプロセッサー「Kaby Lake-U」のベンチマークスコアを掲載します。

ベンチマークを計測したのは、UシリーズのCore i3-7100U、Core i5-7200U、Core i7-7500Uの3つです。また各CPUごとに、旧世代(第6世代)のプロセッサーもベンチマークを計測し、第7世代と比較しています。

なお、同じ筐体のPCでテストしたわけではなく、メモリやストレージの種類なども異なるPCで計測しています。別のPCで計測すると、スコアがもっと上がったり、逆に下がったりするケースもあります。ご了承下さい。

このページでは、ノートPC向けのCPUについて比較していますが、デスクトップPC向けの「Kaby Lake-S」の比較については、「第7世代CPUと第6世代CPUのベンチ比較(デスクトップPC編)」をご覧ください。

Core i3-7100Uのベンチマーク

まずは、Core i3について、第7世代と第6世代のプロセッサーを比較します。

第7世代Coreプロセッサー「Core i3-7100U」を搭載したパソコンには「LAVIE Direct NS(S)」を用いています。

仕様は次の通りになっています。第7世代プロセッサーはベースクロックが増加しているものの、上昇率は4%ほどです。Core i3はTurbo Boost機能もなく、仕様上は第6世代プロセッサーとそれほどCPU性能は変わっていません。TDPも一緒です。

Core i3-7100UとCore i3-6100Uの仕様比較
  第7世代プロセッサー 第6世代プロセッサー
Core i3-7100U Core i3-6100U
開発コード名 Kaby Lake Skylake
コア数/スレッド数 2/4 2/4
ベースクロック 2.4GHz 2.3GHz
Turbo Boost時の最大動作クロック
TDP 15W 15W

CPU処理性能の比較(Core i3)

CPU性能ついて、各ベンチマークスコアを比較したのが下の表です。ややスコアは良くなっていますが、微増といったところです。

Core i3-7100UとCore i3-6100Uの比較
  テスト内容 Core i3-7100U Core i3-6100U スコア上昇率
CPU性能を
評価するテスト
Passmark - CPU Mark 3749 3483 8%
CHINEBENCH R15 - CPU (Multi-Core) 255 cb 245 cb 4%
CHINEBENCH R15 - CPU (Single-Core) 99 cb 96 cb 3%
Geekbench 4 - CPU (Multi-Core) 5592 5299 6%
Geekbench 4 - CPU (Single-Core) 2955 2794 6%
x265でH.265/HEVCエンコード 52分20秒 55分52秒 7%
平均 6%

 

グラフィック性能の比較(Core i3)

次に、グラフィック性能を比較したのが下の表です。テストにもよりますが、平均して20%ほどスコアがUPしています。グラフィック性能は、割と良くなっていると思います。

Core i3-7100UとCore i3-6100Uの比較
  テスト内容 Core i3-7100U Core i3-6100U スコア上昇率
グラフィック
性能を
評価するテスト
3DMark Sky Diver - Graphics score 3514 2860 23%
3DMark Cloud Gate - Graphics score 6601 5259 26%
CHINEBENCH R15 - OpenGL 37.73 fps 31.58 fps 19%
FF XIV (1280x720、標準(ノートPC)) 2547 (平均18.9fps) 2014 (平均14.7fps) 26%
ドラゴンクエスト X (1280x720) 6461 (快適) 5656 (快適) 14%
QSVでH.265/HEVCエンコード 5分30秒 5分59秒 9%
平均 20%

Core i5-7200Uのベンチマーク

Core i3について、第7世代と第6世代のプロセッサーを比較します。

第7世代Coreプロセッサー「Core i5-7200U」を搭載したパソコンには、「New Inspiron 15 5000」および「New XPS 13」を用いています。

仕様は次の通りになっています。

ベースクロックは約9%増え、Turbo Boost時の最大クロックは約11%増えています。Core i3ではTurbo Boost機能がありませんでしたが、Core i5ではTurbo Boost機能があり、クロックの上昇率も高くなっています。TDPは第6世代と代わっていません。

Core i5-7200UとCore i5-6200Uの仕様比較
  第7世代プロセッサー 第6世代プロセッサー
Core i5-7200U Core i5-6200U
開発コード名 Kaby Lake Skylake
コア数/スレッド数 2/4 2/4
ベースクロック 2.5GHz 2.3GHz
Turbo Boost時の最大動作クロック 3.1GHz 2.8Ghz
TDP 15W 15W

CPU処理性能の比較(Core i5)

CPU性能ついて、各ベンチマークスコアを比較したのが下の表です。平均で約8%、スコアが上昇しています。

Core i5-7200UとCore i5-6200Uの比較
  テスト内容 Core i5-7200U Core i5-6200U スコア上昇率
CPU性能を
評価するテスト
Passmark - CPU Mark 4631 4336 7%
CHINEBENCH R15 - CPU (Multi-Core) 332 cb 290 cb 15%
CHINEBENCH R15 - CPU (Single-Core) 130 cb 117 cb 11%
Geekbench 4 - CPU (Multi-Core) 6799 6577 3%
Geekbench 4 - CPU (Single-Core) 3641 3570 2%
x265でH.265/HEVCエンコード 44分59秒 48分17秒 7%
平均 8%

グラフィック性能の比較(Core i5)

次に、グラフィック性能を比較したのが下の表です。テストにもよりますが、平均して12%ほどスコアがUPしています。

Core i5-7200UとCore i5-6200Uの比較
  テスト内容 Core i5-7200U Core i5-6200U スコア上昇率
グラフィック
性能を
評価するテスト
3DMark Sky Diver - Graphics score 3805 3519 8%
3DMark Cloud Gate - Graphics score 7826 7618 3%
CHINEBENCH R15 - OpenGL 43.55 fps 38.84 fps 12%
FF XIV (1280x720、標準(ノートPC)) 3381 (平均25.4fps) 3076 (平均22.9fps) 10%
ドラゴンクエスト X (1280x720) 7018 (とても快適) 5068 (快適) 38%
QSVでH.265/HEVCエンコード 4分41秒 4分43秒 1%
平均 12%

Core i7-7500Uのベンチマーク

Core i7について、第7世代と第6世代のプロセッサーを比較します。

第7世代Coreプロセッサー「Core i7-7500U」を搭載したパソコンには「NEC LAVIE Direct NS(H)」を用いています。

仕様は次の通りになっています。

ベースクロックは約8%増え、Turbo Boost時の最大クロックは約13%も増えており、Turbo Boost時のクロックの上昇率が、他のCPUに比べて大きくなっています。一方、TDPは第6世代と代わっていません。

Core i7-7500UとCore i7-6500Uの仕様比較
  第7世代プロセッサー 第6世代プロセッサー
Core i7-7500U Core i7-6500U
開発コード名 Kaby Lake Skylake
コア数/スレッド数 2/4 2/4
ベースクロック 2.7GHz 2.5GHz
Turbo Boost時の最大動作クロック 3.5GHz 3.1Ghz
TDP 15W 15W

CPU処理性能の比較(Core i7)

CPU性能ついて、各ベンチマークスコアを比較したのが下の表です。平均で約10%、スコアが上昇しています。

Core i7-7500UとCore i7-6500Uの比較
  テスト内容 Core i7-7500U Core i7-6500U スコア上昇率
CPU性能を
評価するテスト
Passmark - CPU Mark 5243 4536 16%
CHINEBENCH R15 - CPU (Multi-Core) 328 cb 311 cb 5%
CHINEBENCH R15 - CPU (Single-Core) 142 cb 130 cb 9%
Geekbench 4 - CPU (Multi-Core) 7585 6619 15%
Geekbench 4 - CPU (Single-Core) 4037 3548 14%
x265でH.265/HEVCエンコード 45分08秒 45分52秒 2%
平均 10%

グラフィック性能の比較(Core i7)

次に、グラフィック性能を比較したのが下の表です。テストにもよりますが、平均して13%ほどスコアがUPしています。

Core i7-7500UとCore i7-6500Uの比較
  テスト内容 Core i7-7500U Core i7-6500U スコア上昇率
グラフィック
性能を
評価するテスト
3DMark Sky Diver - Graphics score 3498 3222 9%
3DMark Cloud Gate - Graphics score 6887 6120 13%
CHINEBENCH R15 - OpenGL 39.52 fps 34.55 fps 14%
FF XIV (1280x720、標準(ノートPC)) 2752 (平均:20.4fps) 2346 (平均:17.2fps) 17%
ドラゴンクエスト X (1280x720) 7389 (とても快適) 6171 (快適) 20%
QSVでH.265/HEVCエンコード 4分52秒 5分09秒 6%
平均 13%

4Kへの対応も万全

第7世代インテルCoreプロセッサーは、処理速度が向上しただけではなく、4K動画関連の機能も強化されています。VP9およびHEVC 10ビットのコーデックに対応し、今後提供される4Kコンテンツへの対応も万全です。また、これらのコーデックの4K動画を再生する際、CPU負荷が下がり、消費電力も低く抑えられています。

4Kコンテンツへの対応比較
4Kコンテンツ 第7世代Core 第6世代Core
プレミアムコンテンツ(HEVC 10ビット)
<ソニーピクチャーズ、FANDANGONOWなど>
最大4K UHDビデオストリーミング
"All Day 4K"バッテリー駆動(9.5時間)
最大1080pのビデオストリーミング
4K、4K 360 YouTube ビデオ(VP9) 1.75倍も長いバッテリー駆動時間
(7時間)
4時間のバッテリー駆動時間
ディズニー マルチビデオストリーミング 4K 360度コンテンツストリームの
追加フォーマットをサポート
複数のビデオストリームを
同時に視聴

まとめ

Core i3-7100UのCPU性能をテストするベンチマークスコアは、旧世代に比べて6%程度の上昇でした。Core i7-7500Uに関しては、TurboBoost時のクロックが10%以上増えていることもあり、ベンチマークスコアも、10%程度上昇していました。TurboBoostがあるCore i5、Core i7のほうが、性能が向上していることをより感じられると思います。

各CPUのグラフィック性能は、CPUやベンチマークソフトによって差がありましたが、10%~20%ほど、ベンチマークスコアが上昇していました。

なお、当サイトでのテスト結果であり、テストするPCが変われば結果も変わる可能性があるためご了承下さい。

最後に、第7世代Core プロセッサーを搭載したPCは下のリンク先をご覧ください。