会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > NEC > LAVIE Direct NM

小さいボディバッグにも入るLAVIE Direct NMの実機レビュー

更新日:2017年2月28日

LAVIE Direct NM

NECよりLAVIE Direct NMの試作機をお借りしたので簡易的にレビューします。なお、試作機であるため、製品版とはやや異なる点があります。ご了承ください。

製品版は当サイトで購入予約済みですので、後日、製品版でもレビューする予定です。なお、製品版の出荷予定日は3月16日となっています。

 

こちらの記事でも書きましたが、LAVIE Direct NMの特徴は次の通りです。

LAVIE Direct NM 2017年春モデルの特徴

LAVIE Direct NM の外観のチェック

今回は、メーカーからお借りした試作機であるため、CPUなどが製品版とは異なります。そのためベンチマークなどは実行せず、外観画像を中心に掲載します。

シンプルな外観ですが、ベゼル幅は狭く、同じ11.6型液晶搭載のVAIO S11と比較すると、ボディサイズが一回り小さくなっています。

 

小型なボディであるため、小さい斜めかけのボディバッグにもすんなり入ります。

 

他のアングルから見た外観画像です。

 

天板です。製品版のロゴは、もう少し光沢感があるそうです。

 

液晶部分がやや厚くなっており、ややチープさを感じます。もう少し薄かったら良かったと思います。

 

Webカメラは液晶下部に配置されています。ビデオチャットや映像配信をするときは、顔を下から見上げるような映像になります。

 

電源ボタンとアクセスランプです。

 

ポート類は左右の側面にはなく、背面に集中しています。USBメモリやSDカードを抜き差しするときは、やややりづらいです。USB Type-Cポートはありません。

 

SDカードスロットを挿入したときの出っ張りは、ほとんどありません。SDカードを入れっぱなしでカバンに入れても、折れたり、抜けたりすることはないと思います。

 

液晶が開く最大の角度です。

 

底面です。なお、底面ラバーの高さは製品版と異なるようです。

 

スピーカーです。試作機で聴いた限りでは、音質はそれほど良くはないです。安価なPCなので、そこはあきらめましょう。

 

ACアダプターの画像です。Lenovoの製品と同一のものを使用しています。

 

キーボードは、小型ボディの割には、普通にタイピングできると思います。

当サイトの計測では、キーピッチは縦:17mm、横:19mmです。小型なPCの割には十分なキーピッチがあります。ただし、Enterの左横の一部のキーはやや狭くなっています。キーストロークは実測で約1.5mmと、モバイルノートPCとしては普通です。

キー配列としては、「半角/全角」キーが端にない点が気になります。また、右の「Ctrl」キーがありません。

 

パームレスト部分は狭いため、手が大きいと、パームレストから手のひらがはみ出て、ボディの角に当たってやや痛いです。

 

視野角は良好です。

 

光沢液晶ですので、画面への映り込みがあります。

まとめ

以上が、LAVIE Direct NMの簡易レビューです。

小型で、安くて、軽量な、3拍子揃ったエントリー向けのモバイルノートPCです。

安価であるため、外観などややチープなところがあり、またポート類が背面にしかない点など、やや使いづらいと思うところもありますが、極端に悪い点はなく、エントリーモデルとしてはまとまっていると思います。初めてモバイルノートPCを購入する学生に最適ではないかと思います。

本製品はカタログモデルとカスタマイズモデルがあります。これらのスペックの違いについては、以前記載したこちらの記事をご覧ください。

なお、カスタマイズモデルを購入する際は、こちらの特別クーポンをお使い下さい。通常よりもやや安く購入できます。

詳細はこちら
NEC カスタマイズモデル LAVIE Direct NM