会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > NEC > LAVIE Direct DA(S)(2017年春モデル)

NEC LAVIE Direct DA(S) の実機レビュー

更新日:2017年6月17日

スタンダードな液晶一体型PC

LAVIE Direct DA(S)は、液晶ベゼルが狭く、スッキリとした見た目の液晶一体型PCです。

ノートパソコンと同じくらいの設置スペースに、大画面の液晶で作業をすることができます。

テレビチューナーを内蔵することも可能で、パソコン、テレビ、レコーダーの1台3役をこなすことも可能です。

部屋が狭い一人暮らしの方、チャンネル権争いに負け書斎でテレビを見たいお父さんなどにおすすめです。

メーカーサイト:
NEC Direct(LAVIE Direct DA(S))


※レビュー機は当サイトでの購入品です。

目次

LAVIE Direct DA(S) (2017年春モデル) の基本スペック

カスタマイズモデル LAVIE Direct DA(S)(2017年春モデル)のスペックです。特徴的な部分は赤字にしています。

CPU
Core i5-7200U、Core i3-7100U、Celeron 3865Uです。本機はCeleron 3865Uです。
グラフィックカード
CPU内蔵のグラフィックスです。
 
液晶ディスプレイ
23.8型ワイド、IPS、光沢、フルHD液晶です。
 
メモリ
DDR4のメモリを最大16GBまで選択可能です。本機は4GB(4GB x1)です。
ストレージ
HDDです。SSDは選択できません。本機は500GB HDDです。
光学ドライブ
ブルーレイディスクまたはDVDスーパーマルチドライブです。

特徴1 - 流行りの狭い液晶ベゼル

本製品は、最近流行りの狭い液晶ベゼルを搭載したパソコンです。

省スペースであると共に見た目がスタイリッシュです。


狭い液晶ベゼルでスタイリッシュ

特徴2 - テレビチューナーも搭載可能

LAVIE Direct DA(S)は、テレビチューナーを選択することも可能です。パソコンとテレビとレコーダーを1台で済ますことができます。

シングルチューナーとダブルチューナーを選択できますが、シングルチューナーは録画中に他の番組を見られません。価格差もほとんどないため、ダブルチューナーをおすすめします。


テレビチューナー内蔵可能

テレビ操作画面

一般的にパソコン内蔵のテレビチューナーは、リモコンで操作するときと、マウスで操作するときとで画面が異なる場合が多いです。本製品もリモコンで操作するときは画面が「フルスクリーンモード」になり、離れていても観やすいように文字が大きくなります。マウスで操作するときは、文字が小さくなる代わりに1画面に表示する情報量が多くなります。



番組表


録画番組

特徴3 - スピーカーもまずまず

本製品は、3W+3WのYAMAHA製のスピーカーを搭載しており、音が比較的いいです。

ただし、スピーカーは底面に搭載されており、テーブルに向って音が出るため、テーブルの材質によって音が微妙に変わります。キーボードを本体下に収納しているときも音が変化します。


比較的大きなスピーカー

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

液晶は、23.8型の大きな液晶を搭載しています。

視野角は、IPSパネルを搭載しているため広いです。


視野角

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、どの色も揃っており優秀です。


ガンマ補正曲線
※i1 Display Proで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、単体で売られている一般的な液晶と同等の広さです。十分の広さです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

光沢液晶ですので、画面への映り込みはあります。その代わり発色は綺麗に見えます。


画面への映り込み

キーボードのチェック

キーボードのチェックです。

十分なキーストロークとキーピッチがあり、打ちやすいキーボードです。NECとレノボのキーボードは伝統的に「Ctrl」キーが端にありませんが、他のキーよりも大きくなっているため、最初は違和感があるかもしれませんが、そのうち慣れると思います。キートップはやや光沢感があり、綺麗に見えますが、やや滑ります。

PC本体の電源ボタンは左側面にあって押しづらいのですが、キーボードにも電源ボタンがあり、こちらなら押しやすいので便利です。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2


キーの拡大図3

 

マウスは普通です。


マウス

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPUの選び方

液晶一体型PCは、ノートPC用のCPUが搭載されたり、デスクトップPC用のCPUが搭載されたり様々で、それによって大分性能が異なります。本製品はノートPC用のCPUを搭載しており、さらにCore i3やCeleronなど、やや低スペックなCPUを搭載しています。ネット閲覧やOffice作業、動画視聴程度の作業なら問題ないですが、編集系の作業もするならスペック不足になるでしょう。

選び方の目安は下図を参照してください。


CPUの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

ストレージ

本製品はHDDのみ搭載可能です。SSDも追加できたらよかったなと思います。


ストレージの選び方(筆者の独自判断)

LAVIE Direct DA(S)で計測したベンチマーク

以下、本機でのベンチマークスコアです。

PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Celeron 3865U
3DMark
(主にグラフィックス、CPU性能の評価)

Celeron 3865U、インテル HD グラフィックス 610
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENC、QSVが主にグラフィックス性能評価)
  Celeron 3865U
x265でエンコード (※1) 1時間55分59秒
NVENCでエンコード (※2)
QSVでエンコード (※3) 8分24秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
CrystalDiskMark
(ストレージの評価)

500GB HDD
CrystalDiskMark
(SDカードの評価)

SDカード(UHS-Ⅱのカードで測定)

 

 

 

  1 2 次へ
  目次