会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > NEC > LAVIE Direct NS(H)

LAVIE Direct NS(H) 2016年秋冬モデルの実機レビュー

更新日:2016年9月30日

4K液晶にYAMAHAスピーカー

LAVIE Direct NS(H)は、AV(Audio/Visual)向けの15.6型ノートパソコンです。

CPUには、最新のKabylakeこと第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載しています。

液晶には4Kパネルを選択可能で、4Kビデオカメラで撮影した映像を実寸解像度で再生したり、高解像度の写真を綺麗に表示したりすることが可能です。また、フルHD液晶も選択可能で、こちらも広視野角で色域も広く見やすいです。

また、YAMAHAのスピーカー&サブウーファーを搭載し、映像を視聴するときや、音楽を再生するときに、ノートPCにしては高品位なサウンドで聴くことができます。

ボディ、液晶など全体的に光沢感があり、輝きのあるPCです。

メーカー直販サイト:
NEC Direct(LAVIE Direct NS(H)) icon


※レビュー機は当サイトの購入品です

目次

LAVIE Direct NS(H)の基本スペック

LAVIE Direct NS(H) 2016年秋冬モデルの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2016年9月30日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第7世代インテルCore i プロセッサー(Uシリーズ)を搭載。
グラフィックカード
CPU内蔵(インテル HD グラフィックス 620)です。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイド、広視野角、光沢、タッチパネル液晶です。4KフルHDがあります。
メモリ
16GBまで選択可能です。
 
ハードディスク/SSD
HDD、M.2 SSD+HDD、SSHDから選択できます。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブまたはブルーレイドライブを選択できます。
バッテリー駆動時間
メーカー公表値で最大約4.9時間(JEITA2.0)です。
その他
薄さは29.5mm、重量はフルHDモデルが約2.5kg、4Kモデルが約2.7kgです。

 

なお、本製品の構成は下の(1)です。後日、(2)の構成もレビュー予定です。

  • (1) Core i7-7500U、8GB メモリ、1TB SSHD、フルHD液晶
  • (2) Core i7-7500U、8GB メモリ、128GB PCIe M.2 SSD、1TB HDD、4K液晶 この構成は後日レビュー追記

特徴1 - 第7世代インテルCPUを搭載

LAVIE Direct NS(H)は、発売されたばかりの第7世代インテルCoreプロセッサー(Kabylake)を搭載し、旧世代のプロセッサーと比べると、処理性能が若干向上し、4K動画の再生・エンコードにも強くなっています。


第7世代インテルCPUを搭載

 

本製品で選択できるCPUは、Core i5-7200U、Core i7-7500Uとなっており、今回は、Core i7-7500Uを搭載しています。

旧世代(第6世代)のプロセッサーと比較すると、若干ではありますが、ベンチマークスコアが上がっているのが分かります。

PassmarkのCPU Markスコアの比較
  第7世代Core 第6世代Core
Core i3 3749 3483
Core i5 4631 4205
Core i7 5243 4536
第7世代インテルCoreプロセッサーは、Core i3-7100U、Core i5-7200U、Core i7-7500Uでスコアを測定
第6世代インテルCoreプロセッサーは、Core i3-6100U、Core i5-6200U、Core i7-6500Uでスコアを測定
Core i7-7500U以外は、他のPCでの計測結果

特徴2 - 4K液晶搭載モデルあり

LaVie Direct NS(H)は、4K液晶を搭載したモデルを選択できます。

4K動画を撮影できるデジタルビデオカメラ、スマートフォンが増え、4K動画も身近になってきました。子供の運動会やお遊戯会などを、綺麗な映像で残しておきたいと思う親御さんも多いでしょう。本製品であれば、4Kで撮影した映像を、そのままの解像度で視聴することが可能です。

さらに、一眼レフなどで撮影した高解像度の写真も、画面のピクセルが見えることなく綺麗に表示することが可能です。

また、第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載することで、VP9およびHEVC 10ビットにも対応しており、今後提供される4Kコンテンツへの対応も万全です。

4Kコンテンツへの対応比較
4Kコンテンツ 第7世代Core 第6世代Core
プレミアムコンテンツ(HEVC 10ビット)
<ソニーピクチャーズ、FANDANGONOWなど>
最大4K UHDビデオストリーミング
"All Day 4K"バッテリー駆動(9.5時間)
最大1080pのビデオストリーミング
4K、4K 360 YouTube ビデオ(VP9) 1.75倍も長いバッテリー駆動時間
(7時間)
4時間のバッテリー駆動時間
ディズニー マルチビデオストリーミング 4K 360度コンテンツストリームの
追加フォーマットをサポート
複数のビデオストリームを
同時に視聴

ただし、ノートPCのような小さい画面に4K液晶が搭載されていると、デメリットもあります。詳細は、「高DPI液晶搭載PCのメリット・デメリット」をご覧ください。


4K液晶搭載モデルあり(画像は旧モデル)

特徴3 - YAMAHAスピーカー搭載

本製品は、YAMAHA製の2W+2Wのスピーカーおよび4Wのサブウーファーを搭載しています。

聞くに堪えがたい一般的なノートPCのスピーカーとは違い、こもった感じがあまりない明瞭感のある高音が出るスピーカーです。また、サブウーファーを搭載しているため、一般的なノートPCにありがちな"低音が聞こえにくい"ということはなく、奥行きのある重低音を実現しています。低音は一般的なノートPCと明らかな違いがあります。

ノートパソコン用のスピーカーの割には、高品位なサウンドです。




YAMAHAスピーカー搭載


サブウーファーも搭載

特徴4 - PCIeのSSDを搭載可能

本製品は、「1TB HDD+128GB SSD」のストレージを搭載したモデルがあります。こちらのSSDはPCIe接続となっており、非常に高速です。今回のレビュー機では搭載していませんが、後日もう1台レビュー予定ですので、そちらでテスト後に公開します。


PCIe接続のSSD

特徴5 - 豊富なマニュアル

長年、日本のパソコン業界をけん引してきたNECだけあって、マニュアル類は豊富です。

セットアップマニュアルや、OSの簡単な使い方などの冊子・電子マニュアルが付属しており、初心者に優しいです。また、「LAVIEアシスト」という電子マニュアルもインストールされています。


冊子マニュアル(内容物は機種によって異なる可能性があります)


電子マニュアル(内容はアップデートによって変わる可能性があります)

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

本製品は、15.6型、IPS、光沢、タッチパネルの液晶です。解像度は4K(3840×2160)とフルHD(1920×1080)が用意されています。ここでは後者の特性について記載します。

フルHD(1920×1080)液晶

フルHD(1920×1080)の特性です。

まず視野角は、IPSパネルを搭載しているだけあって広いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、どの色もほぼずれることなく、1:1の直線となっています。自然な発色で見やすいです。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、sRGBをカバーしていない部分もややありますが、広めです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状は下図の通りです。ギラつきはありません。


 

光沢液晶であるため、周囲の物が画面へ映り込みます。


画面への映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードおよびタッチパッドのチェックです。

メーカー仕様表には、キーピッチ:19mm、キーストローク:2.0mmと書かれており、十分なキーピッチに、ノートPCにしては深めのキーストロークだと思います。底つきの衝撃も少ないです。

また、防滴構造になっており、水滴が内部に入るのを遅らせることができます(防水が保証されているわけではありません)。

キートップがやや滑るものの、比較的打ちやすいキーボードだと思います。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2


キーの拡大図3

 

タッチパッドは普通の使い勝手です。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

UシリーズのCore プロセッサーを搭載しており、CPU性能は標準的です。

ストレージは、"SSD+HDD"を選択すれば高速&大容量です。

Core i7-7500U、8GBメモリ、1TB SSHDの構成でのベンチマークスコアは次の通りです。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark v2


PCMark 8 - Home ccelerated

動画のエンコード時間 v2

2016年9月27日より、エンコードする動画、エンコード方法を変更しました。以前に計測した結果とは比較できないため、ご注意下さい。

TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
  Core i7-7500U
x265でエンコード (※1) 45分08秒
NVENCでエンコード (※2)
QSVでエンコード (※3) 4分52秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー

ストレージのベンチマーク


1TB SSHD

SDカードのベンチマーク

UHS-Ⅱにも対応した高速なリーダー・ライターです。


UHS-Ⅱ対応カード

 

 

 

  1 2 次へ
  目次