会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > マウスコンピューター > m-Book B504H

マウスコンピューター m-Book B504Hの実機レビュー

更新日:2017年12月7日

乃木坂46CM公開記念モデル!10万台で手に入る第8世代CPU搭載ノート

m-Book B504Hは、乃木坂46出演のCM公開記念モデルとなっているハイスペックな15.6型ノートPCです。

高性能な第8世代のCore i7-8550Uプロセッサーを搭載しており、ストレージも512GB SSDと大容量でありながら、99,800円(税抜)という安さで購入可能です。

なお、ストレージは初期構成時はSATA SSDですが、PCIeのSSDへ変更することも可能です。

ボディはホワイトとなっており清潔感があります。

質量が約2.0kg、厚みが約22.8mmで、「日々の持ち歩きに便利」と紹介されており、15.6型ノートPCとしては比較的軽量です。

CPU Core i7-8550U
メモリ 8GB~32GB
ストレージ M.2 SSD / HDD
【同時搭載可能】
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD 光沢
質量 約2.0kg
バッテリー 最大 約4.4時間
(32Wh)
光学ドライブ 非搭載
価格 99,800円(税別)

 

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。今回は次の構成でレビューをしています。

  • Core i7-8550U、8GBメモリ、512GB SATA SSD

目次

お忙しい方は、「1」の特徴のみお読みください。

m-Book B504Hの特徴

第8世代CPUに512GB SSDを搭載して、99,800円(税別)の安さ

m-Book B504Hの特徴は、高性能な第8世代インテルCoreプロセッサーの「Core i7-8550U」に、大容量の512GB SATA SSDを搭載しながら、99,800円(税別)という安さでしょう。コストパフォーマンスは非常に高いです。

最近、何度も書いていますが、第8世代インテルCoreプロセッサーは、第7世代と比較して、コア数が2倍になり、当サイトによる計測のベンチマークスコアは、1.5倍以上も伸びています。CPUに負荷のかかる編集系の作業もしたいならおすすめです。


第8世代CPU

ダブルストレージ構成可能&PCIe SSDも選択OK

m-Book B504Hは、初期構成時で512GBのSSDを搭載していますが、HDDも追加で搭載することが可能です。

さらにSSDは、より高速なPCIe SSDへと変更することも可能で、大容量の1TB SSDも用意されています。


ダブルストレージ構成が可能

15.6型のグレア液晶

m-Book B504Hは、15.6型のフルHDと高解像度ではありますが、映り込みのあるグレア(光沢)液晶となっています。

また、最近はIPS方式を採用した広視野角のディスプレイが多くなっていますが、m-Book B504Hのディスプレイは広視野角な液晶ではありません。


15.6型グレア液晶

インターフェースは、USB Type-Cポートなど多彩にあるが、光学ドライブはなし

m-Book B504Hは、インターフェイスとして、USB Type-Cを1ポート、通常のUSB Type-Aポートを3ポート備えています。既存の周辺機器を問題なく接続できますし、最新のType-C USB機器にも対応できます。

他にも、HDMI出力やVGA端子も備えており、インターフェイスに不足を感じることはなさそうです。

ただし、光学ドライブは搭載していません。ここはデメリットに感じる方もいると思います。


左右のインターフェイス構成

リフトアップ構造で、快適なキー入力が可能に

m-Book B504Hは、ディスプレイを大きく開くと本体後部が約4.8mmせり上がるようなリフトアップ構造となっています。このため、キーボードに自然な傾斜がつき、快適なキーボード入力が可能となっています。


リフトアップ構造

他社のライバル機種との比較

15.6型液晶、Core i7-8550Uを搭載し、なおかつ価格の安いライバル機種と言えば、DELLのInspiron 15 5000と、レノボのideapad 520の2機種が思いつくので、これらとスペックと価格を比較してみます。なおこの2機種は、各メーカーのかなりの売れ筋商品となっています。

ライバル機種との比較
  マウス
m-Book B504H
デル
Inspiron 15 5000
(5570)
レノボ
ideapad 520
(81BF00AAJP)
CPU Core i7-8550U Core i7-8550U Core i7-8550U
メモリ 8GB 8GB 16GB
ディスプレイ FHD 光沢 FHD 非光沢 FHD IPS 非光沢
ストレージ 512GB 256GB 256GB
グラフィックス CPU内蔵 Radeon 530 CPU内蔵
光学ドライブ 非搭載 DVDスーパー DVDスーパー
外形寸法 [mm] 377x259x22.8 380x258x22.7 378x260x22
質量 約2.0kg 約2.28kg 約2.2kg
価格 99,800円(税別) 114,980円(税別) 131,000円(税別)
クーポン適用後 100,033円(税別) 98,250円(税別)
※価格は時期によって異なります。特にクーポン適用後の価格は日々変わります

 

m-Book B504Hは、安いデルやレノボの機種と比較しても、同等の価格帯になっています。しかも、512GB SSDを搭載してこの価格です。

ideapad 520はIPS 非光沢の液晶を搭載しており、コストパフォーマンスも最も良いですが、レノボという中国メーカーに抵抗感を持つ人もいると思います。そういった方には、純国産のマウスコンピューターの製品は良いのではないかと思います。

デルのInspiron 15 5000は、クーポンを適用してもm-Book B504Hより高いです。Radeon 530を搭載していますが、中途半端なグラフィックスなので、CPU内蔵グラフィックスでもなんら問題ありません。

ただし、m-Book B504Hは光学ドライブを搭載していない点がデメリットです。光学ドライブが必要な方は、他の製品が良いでしょう。

乃木坂46出演のCMに出ているよ

下の乃木坂46出演のCMで、最後の方に出てくるPCが、本製品です。

 

乃木坂46マウスバンド(?)がマウスコンピューターのパソコンを紹介している特設サイトはこちらです。

乃木坂46マウスバンド特設サイト

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

液晶型番は「AUO_B156HTN03_7」です。

視野角は、あまり良くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線です。寒色系の画面になっています。


 

色域は狭いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状は下図の通りです。ギラつきはありません。


画素の拡大図

 

光沢液晶であるため、画面への映り込みはあります。

画面への映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

メーカーサイトを確認すると、キーピッチは18mm、キーストロークは1.8mmとなっており、十分な数値だと思います。

キートップはフラットですが滑りにくい素材です。軽い力で押せるキーで、底付きの衝撃も少ないです。

配列は特に変わったところはありません。

普通に打てるキーボードだと思います。


キーボード全体図


キーの拡大図

 

キーボードバックライトも搭載されています。


キーボードバックライト搭載

タッチパッド&クリックボタン共に普通に使えます。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

m-Book B504Hのパフォーマンスのチェックです。

CPU

前述したように第8世代CoreプロセッサーのCore i7-8550Uを搭載しており、高い性能です。動画編集などの用途にも使えるでしょう。

なお、兄弟機種のm-Book B504Eは、Celeron N3450を搭載していますが、Core i7-8550Uのほうが3倍以上も性能が高いです。


CPUの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

ストレージ

初期構成時で大容量・高速な512GB SSDを搭載しています。一般の方ならこれで十分だと思いますが、HDDを増設したり、もっと高速なSSDを選択することも可能です。


ストレージの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

m-Book B504Hで計測したベンチマーク

以下、Core i7-8550U、8GBメモリ、512GB SSDの構成の実機で計測したベンチマークスコアを掲載します。ノートPCとしては高めのスコアです。

CINEBENCH R15
(CPU性能の評価)

Core i7-8550U
PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i7-8550U
3DMark
(主にグラフィックス、CPU性能の評価)

Core i7-8550U、インテル UHD グラフィックス 620
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENC、QSVが主にグラフィックス性能評価)
  Core i7-8550U
x265でエンコード (※1) 28分25秒
NVENCでエンコード (※2)
QSVでエンコード (※3) 3分51秒
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
CrystalDiskMark
(ストレージの評価)

512GB SATA SSD(HFS512G39MND-3510A)
CrystalDiskMark 5
(SDカードスロットの評価)

UHS-Ⅰ対応カード

USB Type-C 充電器 / ドックの動作テスト

USB Type-Cポートを利用して、他の充電器やドックで充電などができるかを試しましたが、充電や映像出力はできませんでした。

USB Type-C/Thuderbolt充電器/ドックとの互換性
  充電できるか? 外部ディスプレイ、
LANの拡張
ThinkPad USB Type-C ドック NG LANだけOK
ThinkPad Thunderbolt 3 ドック NG NG
Helper 充電器(60W) NG
ZHOULX 充電器(65W) NG

質量のチェック

m-Book B504Hの質量は下表の通りです。

メーカー仕様値は約2.0kgで、当サイトの計測値はさらに軽い1.911kgでした。ACアダプターも208gと軽量でした。

モバイルノートパソコンのように軽くはないですが、15.6型ノートPCとしては比較的軽く、ACアダプターも軽いので、持ち運びには割と便利だと思います。

質量(当サイトによる計測値)
  質量
PC本体 1.911kg
ACアダプター 208g

バッテリー駆動時間のチェック

バッテリー駆動時間をチェックします。

メーカー仕様表を確認すると、約4.4時間と書かれています(JEITA2.0測定法)。

バッテリー容量は32Whです。一般的には40Wh台のバッテリーが多く搭載されているので、やや少なめのバッテリー容量かなと思います。


バッテリー容量

 


 

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

m-Book B504Hの動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時はほぼ無音ですし、負荷をかけても動作音は低めでした。

ただ、動画再生時は、なぜか「システムの割り込み負荷」のプロセスのCPU使用率が高くなり、そのせいで全体的なCPU使用率が高くなっています。


騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

騒音値の計測結果

パーツの温度のチェック

m-Book B504Hの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

CPU温度も低めでした。安心して使用できると思います。


表面温度のチェック

表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

問題ない温度です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

やや低めの消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

ボディに高級な素材は使用していませんが、キーボード面と天板はホワイトになっており、清潔感のあるモデルになっています。つや消しの素材であるため、指紋なども目立ちにくいです。

ただし、ホワイトのキーボードは、年月が経つとやや黄ばんでくる可能性があります。

 

天板です。「mouse」ブランドのチーズのロゴが刻印されており、かわいいです。

 

スピーカーは底面に配置されています。スピーカーの音質を、ノートPC基準で点数をつけると、10点満点で4点です(普通が5点で、筆者の独断の評価です)。それほどいい音ではありません。

 

液晶を閉じたときの画像です。

 

液晶が開く最大の角度です。

 

インターフェース類の画像です。

 

底面です。バッテリー部分がやや出っ張っています。ただし、バッテリーは交換可能です。

 

底面カバーを開けたときの画像です。

 

M.2 SSDの画像です。

 

2.5インチベイです。

 

メモリスロットは2つで、換装可能です。

 

バッテリーは32Whです。

 

ACアダプターの画像です。

まとめ

以上が、m-Book B504Hのレビューです。

第8世代インテルCoreプロセッサーに、初期構成で512GBのSSDを搭載しており、非常に性能の高いノートPCです。

SSDについては、容量を増やしたければHDDを増設できますし、スピードを上げたければより高速なPCIe SSDを選択することも可能です。

ボディは樹脂製だと思われ高級な素材ではありませんが、清潔感のあるホワイトのカラーで、乃木坂のイメージにピッタリです。

また、高い負荷をかけても、CPU温度や表面温度がそれほど熱くならず、安心して使えると思います。なお、マウスコンピューターの製品は、標準で24時間365日の電話サポートに対応しており、サポート面でも安心です。

ただし、光学ドライブは搭載されていません。また、液晶はフルHDと高解像度ですが、視野角は悪いです。

詳細・購入はこちら

【公式サイト】

マウスコンピューター(m-Book B504Hページ)

 

乃木坂46マウスバンド特設サイト

 

the比較&マウスコンピューターコラボのお得なキャンペーン

 

関連ページ

人気の15.6型ノートPCの比較&おすすめ - the比較

マウスコンピューター パソコン 一覧 - the比較