会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > マウスコンピューター > m-Book K > まとめ

マウスコンピューター m-Book Kの実機レビュー(2)

更新日:2017年12月20日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

静音性のチェック

動作音(静音性)のチェック結果です。

アイドル時はほぼ音は聞こえません。CPU使用率が100%になるようなエンコードを実行すると、やや高めの騒音値です。ゲーム中は普通の騒音値だと思います。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

エンコード時のCPU温度が高いですが、それ以外はやや低めです。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

タッチパッド部分の温度が、通常のノートPCよりやや高めですが、全体的に普通の温度でしょう。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

一般向けのノートPCと比較すると高い消費電力ですが、ゲーム向けノートPCと比較すると低めの消費電力です。


外観のチェック

m-Book Kの外観のチェックです。

手前中央の尖り具合や、電源回りのデザインなどかっこいいと思います。ちなみに外観は、「旧m-Book K」と一緒です。

 

天板です。

背面の排気口です。

 

電源ボタン周りのデザインです。

 

天板を閉じたときの画像です。

側面のポートです。多くのポート類が搭載されています。背面にポートはなく、左右どちらかの側面のみにポート類があるため、周辺機器やケーブルの抜き差しはしやすいと思います。

 

液晶が開く最大の角度です。

 

底面です。

 

底面カバーを開けたときの画像です。CPU用のファンとGPU用のファンがそれぞれ1つずつ搭載されています。ヒートパイプは、面積が広めですが、1本のみとなっています。

 

メモリスロットは2つです。

 

搭載されていたM.2 SSDです。

 

搭載されていたHDDです。

 

ACアダプターは薄型です。

 

ACアダプターの詳細は以下の通りです。

まとめ

以上が、m-Book Kのレビューです。

CPUにはCore i7-7700HQ、グラフィックスにはGeForce MX150を搭載し、一般向けのノートPCブランド「mouse」としては、比較的高性能なノートPCです。

高性能なCore i7-7700HQを搭載することで、クリエイティブな作業も比較的快適に行えるでしょう。

また、GeForce 150 MXを搭載していることで、ライトにゲームを楽しみ見たい方や、GPU支援が使えるアプリを利用したい方にも適しています。

液晶はフルHDを搭載していますが、視野角および色域は狭いです。もう少し高い品質の液晶が良かったなとは思います。また、光学ドライブは搭載されていないためご注意下さい。

詳細・購入はこちら

【公式サイト】

マウスコンピューター(m-Book K)

 

関連ページ

ゲーミングノートPCの比較

GeForce GTX シリーズを搭載し、放熱なども考慮されたゲーム向けのノートパソコンの比較。ゲーミングノートPCの選び方も掲載。