会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > マウスコンピューター > MASTERPIECE

マウスコンピューター MASTERPIECE の実機レビュー

更新日:2017年11月10日

強化ガラスのフロントパネルがかっこいい

MASTERPIECEは、デザイン性と性能に優れたゲーミング・デスクトップPCです。

フロントパネルは、光沢感のある強化ガラス素材で、非常にかっこいいです。

グラフィックスには、GeForce GTX 1080TiのSLI構成も可能で、4Kや高リフレッシュレートモニターでも、安定してゲームができることでしょう。

さらに、CPUおよびグラフィックスの両方を水冷化したモデルもあり、長時間のゲームも安心して出来るでしょう。

CPU インテル Skylake-X
インテル Coffee Lake-S
インテル Kaby Lake
GPU GeForce GTX 1060 ~
GeForce GTX 1080Ti SLI
価格 17万円台~

 

レビュー機は、メーカーからの貸出機です。本レビューで用いたモデルは、次のようなパーツ構成になっています。

  • MASTERPIECE i1630【Core i7-8700KGeForce GTX 1080Ti、32GB メモリ、512GB M.2 SSD + 3TB HDD】

目次

お忙しい方は、「1」の特徴のみお読みください。

MASTERPIECEの特徴

光沢感のあるフロントパネルがかっこいい

MASTERPIECEは、光沢感のあるダーククロム強化ガラスを採用したフロントパネルがかっこいいゲーミングPCです。右側にはヘアライン処理が施された赤色のアルミパネルがアクセントとなっており、ブラックのボディとよく合います。

フロント側には5.25インチや3.5インチオープンベイは一切なく、光学ドライブはスロットイン方式のものが右側に配置されています。フロントに設置するドライブの拡張性は一切ないですが、その代わり、磨き上げられたフロントはオブジェのように美しいです。




裏面配線で綺麗なケース内部

MASTERPIECEは裏面配線されており、内部がスッキリしています。見た目もいいですし、エアフローの妨げになるものも無いため、冷却効率も上がります。


SLIモデルもあり

MASTERPIECEは、G-Tuneブランドのフラグシップモデルだけあって、GeForce GTX 1080TiのSLI構成も可能です。4K液晶やマルチディスプレイ、高リフレッシュレート液晶などでゲームをする方でも、高いフレームレートでゲームをすることができるでしょう。

ドライブベイは非常に少ない

PCケースは、幅:215、奥行き:490、高さ:501mmと、ミドルタワークラスのサイズで、割と大きいですが、ドライブベイの数が非常に少ないです。2.5インチシャドウベイが2つ、3.5インチシャドウベイが1つしかありません。かなり割り切った構成です。

ただ、この他にM.2 SSDを接続できるスロットもありますし、超高速SSDが出たことでRAIDを組む人も少なくなったことから、通常の方であれば、ストレージのドライブ数が不足することはあまりないと思います。

5.25インチベイが無いため、DVDやCDにコンテンツをコピーすることが多い方は、他の機種の方がいいと思います。スロットインタイプの光学ドライブは書き込みが遅いです。また、ブルーレイドライブも選択できないためご注意下さい。


2.5インチベイが2つ、3.5インチベイが1つ、M.2スロットが1つのみ

ダブル水冷モデルがおすすめ

第8世代のCore i7-8700Kに標準CPUクーラーを搭載したMASTERPIECEにおいて、エンコードを実行したところ、ややクロックダウンしていました。高性能なCPUに、標準CPUクーラーでは性能不足かもしれません。オプションで選択できるサイドフロー型のCooler Master Hyper 212 EVOのCPUクーラーのほうが良いと思いますが、本機のフロントにはケースファンも吸気口もなく、ケースの底面およびサイドパネルから吸気するタイプなので、サイドフローのCPUクーラーは、PCケースとあまり合わないかもしれません。

こういったことから、水冷のCPUクーラーがおすすめです。MASTERPIECEは、グラフィックスも水冷化したダブル水冷モデルもあるため、こちらもおすすめです。


ダブル水冷モデルがおすすめ

ゲームベンチマーク

GeForce GTX 1080Tiを搭載したMASTERPIECEのゲームベンチマークのチェックです。

なお、グラフィックドライバーバージョンは、執筆時点で最新の「388.13」です。

まず、他のGeForce GTX 1080Ti搭載PCと比べて、スコアが落ちることはありませんでした。

フルHD(1920x1080)の解像度なら、最高設定でも平均144fpsを超えるようなゲームが多く、144Hzといった高リフレッシュレートの液晶モニターでも快適にプレイできると思います。また、4K(3840×2160)解像度でも、高めのグラフィック設定で60 fpsを超えるゲームが多く、4K液晶でも快適にゲームができるでしょう。

ゲームベンチマーク
ゲーム一覧 マウスコンピューター MASTERPIECE
重さの目安 ゲームタイトル グラフィック
品質設定
Core i7-8700K
GeForce GTX 1080Ti(11GB)
1920×1080 3840×2160
重いゲーム ゴーストリコン ワイルドランズ 186 fps 87 fps
128 fps 58 fps
ウルトラ 70 fps 37 fps
中程度の
重さのゲーム
FF14 紅蓮のリベレーター 標準品質 ★ 22058 / 167 fps 17040 / 117 fps
高品質 ★ 18990 / 139 fps 10501 / 70 fps
最高品質 18545 / 133 fps 8929 / 59 fps
フォーオナー 308 fps 126 fps
233 fps 77 fps
超高 183 fps 57 fps
STEEP 最低 196 fps 107 fps
174 fps 77 fps
超高 135 fps 56 fps
ライズオブトゥームレイダー 最低品質 214 fps 131 fps
中品質 181 fps 84 fps
最高品質 156 fps 66 fps
ファークライ プライマル 低い 159 fps 82 fps
高い 123 fps 64 fps
最高 113 fps 56 fps
軽めのゲーム ドラゴンズドグマオンライン
最高品質 16074 (とても快適)
ファンタシースターオンライン2 EP4 描画:6 93107 (快適)
モンスターハンターF 第三弾(大討伐) 66534 20423
ドラゴンクエストX 最高品質 22639 (すごく快適) 21882 (すごく快適)
★「標準品質(ノートPC)」と「高品質(ノートPC)」の設定にしています。
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値や最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください。
※ドラゴンズドグマオンラインは、約5800スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ファンタシースターオンライン2 EPISODE4は、約4500スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)

 

GPU-Zで確認したGeForce GTX 1080Tiの情報は次の通りです。


グラフィックカードの仕様

 

その他のゲームのフレームレートについては、下のページを参考にしてください。他のPCで計測した結果ではありますが、鉄拳7、バイオハザード7、オーバーウォッチなどのフレームレートについても掲載しています。

PCゲームベンチマーク一覧

パフォーマンスのチェック

本機で計測したベンチマーク

以下、本機で計測したベンチマーク結果を掲載します。

CINEBENCH R15
(CPU性能の評価)

Core i7-8700K
PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i7-8700K
3DMark
(主にグラフィックス、CPU性能の評価)





Core i7-8700K、GeForce GTX 1080Ti
VRMark
(VRが快適に動作するかの評価)


※Target frame rateを超えれていれば快適に動作
Core i7-8700K、GeForce GTX 1080Ti
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENC、QSVが主にグラフィックス性能評価)
  Core i7-8700K
GeForce GTX 1080Ti
x265でエンコード (※1) 11分22秒
NVENCでエンコード (※2) 1分27秒
QSVでエンコード (※3)
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
CrystalDiskMark 5
(ストレージの評価)

512GB SSD(SAMSUNG SM961)

 

 

 

  1 2 次へ
  目次