会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > マウス > LuvBook F

マウス LuvBook F の実機レビュー

更新日:2016年8月20日

Core i(U)、SSD、フルHD構成で格安

最近、5万円を切る安価なパソコンをよく見かけますが、CPUがCeleronであったり、ストレージがHDDであったり、液晶が1366x768しかなかったりと、使っているうちにやや不満が出るケースがあります。

一方、マウス LuvBook Fは、非常に安価でありながら、UシリーズのCore iプロセッサー、SSD、フルHD液晶というストレスなく動作する構成を組むことが可能です。

また、M.2 SSDと2.5インチストレージを同時に搭載可能です。

メーカー直販サイト: マウス(LuvBook F) icon


※レビュー機はメーカーからの借用品です

目次

LuvBook Fの基本スペック

LuvBook Fの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2016年8月19日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第6世代インテルCore i プロセッサー(Uシリーズ)です。
グラフィックカード
インテル HD グラフィックス 520(CPU内蔵)です。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイドの非光沢液晶です。解像度はフルHD(1920×1080)です。
メモリ
最大で16GBのメモリを選択できます。
 
2.5インチ HDD/SSD
SSDやHDDを搭載可能です。
 
M.2 SSD
左の他にM.2 SSD(SATA)も追加可能です。
 
光学ドライブ
なし or DVDスーパーマルチドライブ or ブルーレイディスクドライブから選択可能です。
その他
バッテリー駆動時間は約4.2時間、重量は約2.1kgです。

 

今回は、下の構成の2機種でレビューをしています。

  • LB-F572XN-SH2【Core i7-6500U、8GB メモリ、256GB M.2 SSD、1TB HDD】
  • LB-F531XN2-SSD【Core i3-6100U、8GB メモリ、240GB SSD】NEW!

特徴1 - Core i(U)、SSD、フルHD構成としては格安

もし、

 「据え置きノートPCとしておすすめの構成は?」

と聞かれたら、

 「UシリーズのCore iプロセッサー、SSD、フルHD液晶の構成。」

と筆者は答えるでしょう。

このような構成のPCは10万円以上することが多いのですが、本製品は税込みで7万円台から購入可能です。他のメーカーにも10万円を切るPCがいくつかありましたが、筆者が調べた限りではその中でも、LuvBook Fは最安でした。

フルHD、SSD搭載PCの比較
  LuvBook F 他社PC1 他社PC2
液晶 15.6型フルHD 15.6型フルHD IPS 15.6型フルHD
CPU Core i3-6100U Core i3-6100U Core i3-6100U
メモリ 8GB 8GB 8GB
ストレージ 240GB SSD 256GB SSD 120GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチ DVDスーパーマルチ DVDスーパーマルチ
価格(税・送料込み) 77,436円 81,124円 83,742円
※2016年8月19日時点での価格です。

特徴2 - ダブルストレージ構成が可能

LuvBook Fは、M.2 SSDおよび2.5インチストレージの合計2台のストレージを搭載可能です。M.2 SSD にOSを、2.5インチストレージにはデータを入れるような運用もできますし、2.5インチストレージはデータバックアップ用として利用することもできます。

最近、2.5インチ SSD がかなり安くなったので、M.2 SSD + 2.5インチ SSD の構成にしても良いと思います。


ダブルストレージ構成が可能

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

非光沢のフルHD(1920x1080)液晶となっています。

今回2つのモデルでレビューを行いましたが、型番の異なる液晶パネルが搭載されていましたので、それぞれの液晶パネルの特性について紹介します。

CHIMEI INNOLUX N156HGE-LA1

1つ目は「CHIMEI INNOLUX N156HGE-LA1」という液晶パネルです。

視野角は良くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、寒色系の画面であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は普通です。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状です。ギラつきは若干感じますが、それほど気にはならないと思います。


CHIMEI INNOLUX N156HGE-EAB

1つ目は「CHIMEI INNOLUX N156HGE-EAB」という液晶パネルです。

視野角は良くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、寒色系の画面であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はやや狭いです。全体的に色が薄く感じるかもしれません。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状です。ギラつきはほぼ感じません。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測でキーピッチは横:約18mm、縦:約19mm、キーストロークは約1.5mmです。キートップはほぼフラットです。底つきの衝撃をやや感じますが、普通の打ちやすさのキーボードだと思います。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

タッチパッドのクリックボタンは独立していて押しやすいです。タッチパッドの指の動かしやすさは普通です。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

全体的に普通の処理性能です。ゲームや動画編集など負荷の高い作業をしなければ、ストレスなく使用できると思います。ストレージにM.2 SSDを選択できますが、NVMe接続ではなくSATA接続となります。

ベンチマークスコアは下の通りです。

PassMark Performance Test 8.0


Core i7-6500U、8GB メモリ、256GB M.2 SSD、1TB HDD


Core i3-6100U、8GB メモリ、240GB SSD

3DMark v2



Core i7-6500U、8GB メモリ、256GB M.2 SSD、1TB HDD



Core i3-6100U、8GB メモリ、240GB SSD


PCMark 8


Core i7-6500U、8GB メモリ、256GB M.2 SSD、1TB HDD


Core i3-6100U、8GB メモリ、240GB SSD

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
  Core i7-6500U Core i3-6100U
x265でエンコード (※1) 37分41秒 48分33秒
x264でエンコード (※2) 18分20秒 23分34秒
NVENCでエンコード (※3)
QSVでエンコード (※4) 10分41秒 11分25秒

ストレージのベンチマーク


256GB M.2 SSD

240GB SSD

 

 

 

  1 2 次へ
  目次