会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > マウス > m-Book K / NEXTGEAR-NOTE i5310 > まとめ

マウス m-Book K / NEXTGEAR-NOTE i5310(2)

更新日:2015年11月26日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、構成によって結果が変わる点はご了承ください。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

動作音はやや高めです。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

エンコード時のCPUがやや高めです。GPU温度は低めで問題ありません。


表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

負荷をかけると、左のパームレスト部分およびタッチパッド部分の温度が高めになり、やや気になります。

ただし、通常、排気口近くの部分(今回は左上部分)の表面温度が高くなりがちですが、本製品は、この部分からキーボード側へ風が吹き出しており、ゲームで良く使う「WASD」キーの温度はそれほど高くなりません。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低負荷時は普通の消費電力です。高い負荷をかけたときは、消費電力の高いHQシリーズのCPUを搭載しているため、やや高めの消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

派手なデザインではなく、見た目は普通のノートパソコンです。

 

天板です。

 

天板を閉じたときの画像です。

 

電源ボタンです。

 

底面です。

 

側面のポートです。光学ドライブ、LAN、HDIM、VGAなど主要なポートは揃っています。

 

液晶が開く角度です。

 

底面カバーを開けたときの画像です。CPUとGPUは1つのファンで冷却しています。

 

メモリスロットは2つです。

 

2.5インチハードディスクです。

 

PCI Express x4、M.2接続のSSDです。

 

ACアダプターは薄型です。

 

ACアダプターの容量は、120W(19.5V、6.15A)です。

まとめ

以上が、m-Book K / NEXTGEAR-NOTE i5310のレビューです。

8万円台(税・送料抜き)から購入可能な点が魅力のゲーミングノートパソコンです。

グラフィックスは、GeForce GTX 900Mシリーズの中では下位モデルに位置付けられ、高いグラフィック設定でのプレイは難しいですが、"低め~標準品質"のグラフィック設定なら快適にプレイできます。

CPUはCore i7-6700HQを選択でき高性能です。ストレージもPCI Express x4接続のSSDを選択でき高速です。

ただし、高い負荷をかけると、動作音がやや高く、左パームレスト部分およびタッチパッドの温度がやや高めです。

ゲーミングノートパソコンのエントリー機としては、良い製品だと思います。

詳細はこちら
公式サイト:
マウスコンピューター m-Book KNEXTGEAR-NOTE i5310