会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ゲーミングPC > マウスコンピューター > NEXTGEAR > まとめ

マウスコンピューター NEXTGEAR の実機レビュー(2)

更新日:2017年4月13日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、消費電力の計測結果を掲載していますが、CPUや、CPUクーラー、グラフィックカードなどの構成が異なる場合、結果が変わります。その点はご了承ください。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です(下図参照)。

他のデスクトップPCと比較すると、やや高めの騒音値です。


騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

※GeForce GTX 1080搭載PCの騒音値は、古い騒音計でしか計測していないため、省略します。

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

Core i7-7700K+GeForce GTX 1080Ti搭載モデルは、CPU、GPU共にやや高めの温度でした。

Core i7-6700K+GeForce GTX 1080搭載モデルは、普通の温度でした。




消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。確認できた最も高い数値を掲載していますが、数値は大きく変動するので、参考程度に見て下さい。

GeForce GTX 1080Tiは、高性能だけあって高めの消費電力です。




外観のチェック

外観のチェックです。

フロントパネルが付けられており、光学ドライブなどが隠れているため、すっきりとした見た目です。

 

フロントパネルの吸気口です。西洋の兜の様なデザインです。奥に見えるブルーLEDが"眼"のようでかっこいいです。

 

フロントパネルは簡単に開くようになっており、取り外しも可能です。光学ドライブへメディアを挿入するときは、このフロントパネルを開いてから、挿入することになります。

 

メッシュパネルはプラロック式になっており、ワンタッチで取り外しが可能です。フィルターの掃除などに便利です。

 

天面です。

 

天面のポート類です。天面にポートが付いているPCは他にもありますが、多くは本製品と向きが反対です。本製品はポートが手前に向いているため、USB機器などを挿しやすいです。ただし、ポケットが斜めになっているため、メモリカードは抜き差ししづらいです。


ポケットのサイズは写真のように、USBメモリが置ける程度で、スマートフォンを置くにはやや小さいです。

 

ゴム足です。

 

背面と側面です。 グラフィックカードの映像出力ポートは、カードによって異なります。

 

GeForce GTX 1080Tiの映像出力ポートです。DisplayPortとHDMIポートのみです。なお、仕様が変わるかもしれないため、詳細はメーカーサイトをご確認下さい。

 

GeForce GTX 1080の映像出力ポートです。DVIポートも搭載しています。

ケースの内部とエアフローのチェック

ケース内部とエアフローです。

5インチオープンベイが2つ、3.5インチオープンベイが1つ、ハードディスク用3.5インチシャドウベイが4つあります。ミドルタワーケースにしてはドライブベイの数が少ないです。ただし、多くの方は、この数で足りると思います。

なお、裏面配線はできません。

↑Z270 Expressチップセット・マザーボード、GeForce GTX 1080Ti搭載時

 

フロント及びサイドから吸気し、背面から排気します。

 

ケース内のスクリューレスHDDベイです。HDDの抜き差しが簡単です。

 

フロントファンです。

 

Z270 Express チップセット マザーボードのPCI Express スロットです。PCI Express ×16が2スロット、PCI Express ×1が4スロットです(他のチップセットのマザーボードはメーカーサイトをご確認ください)。

なお、マザーボードはMSI製でした。


標準のCPUクーラー(Core i7-7700K搭載時)の画像です。

 

CoolerMaster CPUクーラー「Hyper 212 EVO」を搭載した場合の画像です。

 

Z270 Expressのマザーボードの場合、メモリスロットは4つです。

 

GeForce GTX 1080Tiのグラフィックカードの画像です。

 

GeForce GTX 1080のグラフィックカードの画像です。

 

ダブル水冷パソコンの画像です。ダブル水冷パソコンは、CPUとグラフィックカード毎にユニットが分かれておらず、一体となっています。

 

斜めから見たケース内部の画像です。

まとめ

以上が、G-Tune NEXTGEARのレビューです。

ハイスペックな構成にすることができるデスクトップPCです。GeForce GTX 1080Tiや、1080TiのSLIなどの最新の高性能グラフィックカードを搭載することができます。

グラフィックカードへ直接風を送る吸気ファンを搭載し、また水冷式のCPUファンも選択でき、冷却性能も高い製品です。さらにはGPUも水冷にするダブル水冷モデルもあり、安心してゲームをすることができます。

西洋騎士のようなデザインと、奥で輝くブルーLEDが特徴的で、ゲームパソコンにふさわしい外観をしている点も良いと思います。

ただし、フロントファンを設置している部分のドライブベイをカットしているため、ミドルタワーケースの割にはドライブベイの数が少ないです。とは言っても、ほとんどの方は、このドライブベイの数で十分でしょう。

騒音値がやや高かったため、空冷パソコンにする場合、オプションで高性能な空冷CPUクーラーを搭載することをおすすめします。

詳細はこちら
メーカー直販サイト:マウス(NEXTGEAR) icon

 

当サイト経由でご購入いただけた場合、マウスコンピューター様より5,000円分のAmazonギフト券プレゼントされます。詳細はこちらをご覧ください。

クーポン