会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > マウスコンピューター > m-Book W

マウスコンピューター m-Book Wの実機レビュー

更新日:2013年10月15日

後継機種情報:

後継機種であるGeForce 800Mシリーズ搭載のm-Book Wが発売されています。

詳細はm-Book Wのレビュー(GeForce GTX 860M搭載)のレビューをご覧ください。

GTX760M搭載で9万円台~

m-Book Wは、17.3型フルHD液晶およびGeForce GTX760Mという構成でありながら、9万円台(送料/手数料込)から購入可能なノートパソコンです。

ゲームノートパソコンは、クアッドコアのCore i7しか選択できないケースがほとんどですが、本製品はCore i3やCore i5も選択できるため、低価格で購入することが可能です(もちろんクアッドコアのCore i7も選択可能)。

ストレージは、2.5インチのハードディスクまたはSSDを2台搭載することが可能です。

メーカーサイト:m-Book W icon

※レビュー機はメーカーからの借用製品です

目次

m-Book Wの基本スペック

m-Book Wの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2013年10月13日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
インテル第4世代CPUを選択できます。本機はCore i7-4800MQを搭載しています。
グラフィックカード
NVIDIA GeForce GTX 760M(2GB)を搭載しています。Optimus対応です。
液晶ディスプレイ
17.3型ワイドの非光沢液晶です。解像度は1920×1080(フルHD)です。
メモリ
最大24GBまで選択可能です。本機は最大の24GB(8GB×3)を搭載しています。
1st SSD/HDD
2.5インチSSDまたはHDDを選択可能です(モデルによってはHDDは選択できません)。本機は120GB SSDです。
2nd SSD/HDD
2.5インチSSDまたはHDDを選択可能です(モデルによってはSSDは選択できません)。本機は1TB HDDです。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチまたはブルーレイディスクドライブを選択できます。本機ブルーレイディスクドライブを搭載しています。
バッテリ駆動時間
メーカー公表値で約3.83時間です。
 

特徴1 - GeForce GTX 760Mを搭載

m-Book Wは、ミドルクラスのGPU「GeForce GTX760M」を搭載しています。ノートパソコンでも多くのゲームをプレイ可能です。

FF14 新生、Bioshock Infinite、FARCRY3などをプレイしたときのレビュー記事を別ページに用意しています。下記リンク先をご覧ください。

 

下の表は、ゲームベンチマークのチェックです。1280x720の解像度であれば、ほとんどのゲームが快適にプレイできます。

なお、グラフィックドライバーは現時点で最新の「ver. 327.23」です。今後公開さされるグラフィックドライバーを適用することで、ベンチマークスコアは向上する可能性があります。

ゲームベンチマーク
製品名 マウスコンピューター m-Book W
基本スペック Core i7-4800MQ
GeForce GTX 760M
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1920x1080 RANK B(38.8fps)
1280x720 RANK B(53.1fps)
ファイナルファンタジー XIV 1920x1080 2158(やや重い)
1280x720 3913(やや快適)
中程度の
重さの
ゲーム
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア ワールド編
(標準品質)
1920x1080
7457(非常に快適)
1280x720 12077(非常に快適)
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編
(標準品質 ノートPC)
1920x1080
8454(非常に快適)
1280x720 14105(非常に快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1920x1080 8787(快適)
1280x720 19766(快適)
バイオハザード6 1920x1080 RANK B(4052)
1280x720 RANK S(6844)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 1920x1080 5431
1280x720 10492
軽めの
ゲーム
ドラゴンクエストX 1920x1080 8112(とても快適)
1280x720 9023(とても快適)
デビルメイクライ4 1920x1080 RANK S
1280x720 RANK S
リアル彼女(ハイクオリティ) 1280x720 RANK S(57 REAL)

 

GPUの詳細は次の通りです(GPU-Zで確認)。

特徴2 - Core i3 や i5も選択でき高コスパ

ゲームが出来るようなノートパソコンは、クアッドコアのCore i7しか搭載できない場合が多いです。しかし、ゲームをするだけであれば、それほど高性能なCPUは必要としません。Core i3やCore i5でも十分なケースがほとんどです。

m-Book Wは、クアッドコアのCore i7を選択できるのはもちろんですが、Core i3やCore i5(第4世代インテルCPU)といったプロセッサーも選択することが可能です。これにより、コストを抑えることが可能です。

構成例と価格
テスト内容 構成例1 構成例2 構成例3
CPU Core i3-4000M Core i5-4200M Core i7-4700MQ
メモリ 4GB
GPU GTX 760M
ストレージ 500GB HDD
価格(送料/手数料込) 93,030円 103,530円 110,880円
2013年10月14日時点の価格です。価格は変動する可能性があります。

特徴3 - 2.5インチ ダブルストレージ

本製品は、2.5インチのストレージを2台搭載することが可能です。今回搭載しているストレージは、SSDとハードディスクです。SSDは7mm厚でしたが、ケースに余裕があるため9.5mm厚でも入ると思います。ハードディスクは9.5mm厚でした。自分での換装も容易です。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

普通の液晶ですが、筆者はややギラつきが気になります。

 

詳細です。

視野角はそれほどよくありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色がかなり下げ調整、赤色がかなり上げ調整となっています。つまり、青みの強い画面になっています。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、ノートパソコンの中では広めです。


 

ノングレア処理面を確認すると、凹凸が割とあります。そのため、ギラつきを感じます。ただ、気にならない人も多いかと思います。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは縦:約19mm、横:約19mm、キーストロークは約2mmです。押し出しはやや硬めで、底も少し硬めです。ノートの割にはしっかりした打ち心地です。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

タッチパッドはやや小さめです。手のホームポジションより右側に位置しているため、キー入力中に右の手のひらが触れやすく、マウスポインタが飛ぶときがあります。マウスを使うのが無難だと思います。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPUは最高クラス、GPUはミドルクラス、ストレージは大容量・高速SSDを選択可能で、高いスペックのPCです。

Core i7-4800MQ、メモリ24GB、GeForce GTX 760M、120GB SSDを搭載した本製品でのベンチマーク結果を下記に掲載します。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

動画のエンコード時間

高性能CPUを搭載しているため、非常に高速なエンコードです。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  エンコード時間
x264でエンコード 14分25秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 9分02秒
CUDAでエンコード 7分37秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

PC起動・シャットダウン時間のチェック

PCの起動・シャットダウン時間です。比較的高速です。

PC起動時間など
テスト内容 時間
PC起動時間 14秒
PCシャットダウン時間 10秒
PC起動時間は、ハイブリッドブート時の時間。電源ボタンを押してからタイル画面が表示されるまでを計測

CrystalDiskMarkのベンチマーク

SSDは高速です。


SSDのベンチマーク結果

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターの対応カードと速度のチェックです。

スロットは本体の右側面にあります。


SDカード挿入後の外観

 

リード・ライトの速度は速いです。


 


  1 2 次へ
  目次