会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > マイクロソフト > Surface Book 2

マイクロソフト Surface Book 2の特徴

更新日:2017年11月2日

Surface Book 2

GeForce GTX 1050を搭載しながら、約1.642kgという軽さ

Surface Book 2は、専用グラフィックスを搭載しながら軽量な2 in 1 パソコンです。

専用グラフィックスにはGeForce GTX 1050を搭載し、ゲームもできる性能です。また、CPU内蔵モデルも用意されています。

質量は、GeForce GTX 1050を搭載したモデルが1.642kgと軽量で、外出先でゲームをしたり、GPU支援対応アプリケーションを利用したりできます。

また、液晶部分がキーボードと分離するセパレートタイプの2 in 1 PCとなっており、状況に応じて、様々なPC形状で使用することが可能です。

GeForce GTX 1050搭載モデルのみ、第8世代インテルCoreプロセッサーのCore i7-8650Uを搭載しています。

価格が最低でも20万円する点は、デメリットです。

CPU 第7世代、第8世代Core
メモリ 8~16GB
ストレージ SATA / PCIe SSD
GPU CPU内蔵 /
GeForce GTX 1050
液晶サイズ 13.5型ワイド
液晶種類 3000x2000 タッチ
質量 1.534kg(Core i5)
1.642kg(Core i7)
バッテリー 最大約17時間の動画再生
LTE 非対応
価格 20万円台~

 

Surface Book 2の特徴

専用GPUを搭載し、1.642kgという軽さ

Surface Book 2の大きな特徴は、GeForce GTX 1050の専用グラフィックスを搭載しながら、約1.642kgという軽さでしょう。

従来モデルのSurface Book も「GeForce GPU」と呼ばれたGeForce 940Mよりやや性能が良い程度のグラフィックスを搭載していましたが、新モデルについては、「GeForce GTX 1050」のゲームもできるような性能のグラフィックスを搭載しています。

GeForce GTX 1050は、他のパソコンでの計測結果ですが、例えばドラゴンクエスト Xのような軽いゲームのベンチマークなら、1920x1080、最高品質の設定で、「18136 (すごく快適)」というスコアです。中程度の重さのライズオブトゥームレイダーのベンチマークでも、1920x1080、中品質の設定で、57 fpsというフレームレートです(参考記事 - the比較)。

他社からゲーミングノートと呼ばれるパソコンも発売されていますが、質量が軽くても2kg近くある製品ばかり、持ち歩くにはなかなか大変でした。一方、Surface Book 2なら、1.642kgと軽く、モバイル用のゲーミングノートとしても十分活用できるでしょう。

ただし、GeForce GTX 1050の性能が十分に発揮されるかは不明です。非常に薄型のボディに搭載されているため、放熱性の問題で、思うようにゲームフレームレートが伸びないかもしれません。また、Core i7-8650Uがサーマルスロットリングを引き起こさないとも限りません。


ゲームできる性能のグラフィックスを搭載

 

GPU支援を使ったアプリケーションの利用にも有効です。Adobe Lightroom、Adobe Premiere Pro、Adobe Illustratorなどのクリエイター向けソフトには、グラフィックス(GPU)を使って処理を高速に行う機能が搭載されています。外出先で、これらのようなGPU支援対応アプリケーションを使いたい場合にも最適でしょう。

Surfaceペン対応だが、傾き検知対応かは不明

Surface Book 2は、Surfaceペンや、Surface Dialにも対応しています。

ただし、Surfaceペンは、Surface Proのように傾き検知に対応しているのかや、筆圧検知は何段階なのかはメーカーサイトに書かれていないため不明です。傾き検知に対応していれば、おそらくメーカーサイトでアピールされていると思うため、書かれていないということは、傾き検知には対応していないのだと思います。


Surfaceペン対応だが、仕様は不明

液晶とキーボードは分離可能

Surface Book 2は、液晶とキーボード部分が分離するセパレート型の2 in 1 PCとなっています。外観は従来モデルと似ています。おそらくCPUは液晶側、グラフィックスはキーボード側に搭載されていると思われます。そのため、液晶を切り離して、タブレットとして使用するときは、GeForce GTX 1050を使うことはできません。


セパレート型の2 in 1 PC

価格が高い点はデメリット

価格は、 Core i5-7300Uを搭載し、専用グラフィックスを搭載していないモデルが約20万円、GeForce GTX 1050に4Core i7-8650Uを搭載したモデルが26万円台からと非常に高いです。

動画


Surface Book 2のイメージ動画

詳細・購入はこちら

【公式サイト】

マイクロソフト(Surface Book 2ページ)

 

 

関連ページ

GeForce GTX 1050のベンチマークと搭載PC - the比較

マイクロソフト Surface Bookの実機レビュー - the比較