パソコンの比較

会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ThinkPad T540p

レノボ ThinkPad T540pの実機レビュー

更新日:2014年4月26日

仕事がしやすいPC

ThinkPad T540pは、仕事がしやすい15.6型ノートパソコンです。

HD(1366x768)、FHD(1920x1080)、3K(2880x1620)の3種類の中から、液晶を選択することができ、老眼の方でも、高解像度好きの方でも、自分に合う液晶を選択することができるため、作業がしやすいです。

また、キーボードが打ちやすく、文字入力をたくさんする仕事をしている方も満足できることでしょう。比較的キーピッチの広いテンキーも搭載しているため、数字入力も快適です。

クアッドコアCPUに、SSDと性能も抜群です。PCのレスポンスが悪くてイライラすることも少ないでしょう。

メーカーサイト:レノボ(ThinkPad T540p)

※レビュー機はメーカーからの借用製品です

目次

ThinkPad T540pの基本スペック

ThinkPad T540pの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2014年4月24日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
Mシリーズの第4世代インテルCPUを選択可能です。本機はCore i7-4800MQです。
グラフィックカード
CPU内蔵、GeForce GT 730Mから選択できます。本機はGeForce GT 730Mです。
液晶ディスプレイ
15.6型(※)非光沢です。HD、フルHD3Kの中から選べます。本機は3K(2880x1620)です。
メモリ
最大16GBまで選択可能です。2スロットまで使用できます。本機の容量は16GBです。
ハードディスク/SSD
(1)単体HDD、(2)HDD(+キャッシュSSD)、(3)単体SSDを選択できます。本機は(2)です。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブを搭載しています。BDドライブは選択できません
バッテリ駆動時間
メーカー公表値で最大 約10.6時間です。構成によって変わります。
テレビチューナー
内蔵のテレビチューナーは搭載していません。
 
※3K(2880x1620)液晶を選択したときのみ、15.5型となります。

特徴1 - 仕事がしやすいノートPC

ThinkPad T540pは、作業がしやすいノートパソコンだと思います。

キーボードが打ちやすく、液晶解もHD(1366x768)、FHD(1920x1080)、3K(2880x1620)から自分にあった解像度を選択でき、画面への映り込みも少なく、処理性能も高いです。

個人的に、タッチパッド一体型のクリックボタンがあまり使いやすいとは思いませんが、据え置き型の本機であればマウスを使用すると思うため、問題ありません。

ただし、高めの処理をしているときに、左パームレストがやや熱くなります。ここは作業時にやや気になります。また3K液晶はIPSパネルですが、それ以外はIPSパネルではありませんので、ご注意ください。他の液晶もIPSパネルであれば良かったなと思います。


仕事がしやすいPC

特徴2 - 3K液晶搭載可能

先ほども記載しましたが、ThinkPad T540pは、3K(2880x1620)という超高解像度な液晶を選択することが可能です。

1つ1つのドットが小さいため画像が綺麗ですし、文字を綺麗に表示できます。ただし、解像度が高すぎるため、多くの方は、スケーリングの設定を上げます。すると、レイアウトが崩れたり、画像がぼやけたりといった問題が発生する場合もあります。詳細は、「高DPI液晶搭載PCのメリット・デメリット」をご覧ください。

かなり小さい文字でもOKと言う方は、スケーリング設定を100%にしても良いです。そうすれば、上のリンクのような問題は発生しません。スケーリング設定を100%にすれば、下図のようにWebページを3つ開くことができるだけの大きな表示領域で作業できます。


Webページを3つ並べることも(※サイトのページ幅によっては並べられません)

特徴3 - ストレージを追加可能

ThinkPad T540pは、光学ドライブを着脱することが可能です。

光学ドライブを取り外し、オプションで販売されている「ThinkPad 9.5mm シリアルATA ハードドライブ・ベイアダプターⅣ」を装着すれば、ストレージを1台追加することが可能です。SSD+HDDといった構成も可能です。


光学ドライブが入っているベイに、2.5インチディスクを挿入可能

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

ここでは、3K(2880x1620)液晶についてチェックします。他の液晶は、特性が変わってきますのでご注意ください。

まず視野角ですがIPSパネルであるため、非常に良いです。斜めから見ても色合いが変わりません。なお、3K(2880x1620)液晶のみIPSパネルとなります。他の液晶は記載されていませんが、おそらくTNパネルです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、どの色も直線的で、補正幅も少ないです。比較的正確な色を再現できていると思います。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、ノートパソコンとしてやや広いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素はシンプルな形状です。ノングレアの処理面を見ても凹凸が少なく、ギラつきはほぼ感じません。


 

非光沢液晶ではありますが、見た目はややハーフグレアに近いです。


画面への映り込み

キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは縦:19mm、横:19mm、キーストロークは2mmです。キートップは凹んでおり指がフィットして、押しやすいキーボードだと思います。

テンキーの横のキーピッチはやや狭くなってはいますが、それでも約18mmあります。十分な打ちやすさを確保していると思います。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

タッチパッドでのマウスポインタの動かしやすさは普通です。

ただ、タッチパッドと一体となっているクリックボタンを押すと、タッチパッド全体が下がるような感じになっており、やや押しにくいです。ダブルクリックするときに、たまにズレてしまいます。また、トラックポイント用のクリックボタン(タッチパッド上部の一体型ボタン)も押しにくいです。

このパソコンは、据え置きで使う方が多いと思うので、マウスを使ったほうが良いと思います。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

高性能にも、最低限の性能にもすることができるノートパソコンです。パーツの選択肢が広いです。

Core i7-4800MQ、16GBメモリ、GeForce GT 730M、HDD(キャッシュ用SSD付)の構成でのベンチマーク結果は次の通りです。今回、Core i7の中でも比較的性能が良い「Core i7-4800MQ」を搭載しているため、CPU関連のスコアが非常に高いです。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

3DMark


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

PCMark 8

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Core i7-4800MQ
GeForce GT 730M
x264でエンコード 13分33秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 6分24秒
CUDAでエンコード 7分15秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク

ゲームベンチマークのチェック

旧モデルは、ビジネス向けのNVIDIA NVSシリーズのグラフィックカードを搭載していましたが、今回のモデルでは家庭向けのNVIDIA GeForce シリーズ(GT 730M)を搭載します。

このグラフィックカードでのゲームベンチマークの結果は、下の表の通りです。

グラフィック設定を下げれば、プレイできるゲームも多いです。ただし、ゲームをするには中途半端な性能であるため、今やらなくても将来的に3Dゲームをやりたいと思っている方は、GeForce GTX 850Mクラス以上のグラフィックスを搭載したノートパソコンのほうが良いと思います。

ゲームベンチマーク
製品名 レノボ ThinkPad T540p
基本スペック Core i7-4800MQ
GeForce GT 730M
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1920x1080 RANK C(15.5fps)
1280x720 RANK C(24.4fps)
ファイナルファンタジー XIV 1920x1080 1267(動作困難)
1280x720 2151(やや重い)
中程度の
重さの
ゲーム
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア
キャラクター編 (標準品質 ノートPC)
1920x1080
3878(快適)
1280x720 6671(とても快適)
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1920x1080 2455(標準)
1280x720 6362(快適)
バイオハザード6 1920x1080 RANK C(1944)
1280x720 RANK B(3351)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) 1920x1080 2273
1280x720 4502
軽めの
ゲーム
ドラゴンクエストX(標準品質) 1920x1080 5522(快適)
1280x720 8183(とても快適)
デビルメイクライ4 1920x1080 RANK B
1280x720 RANK A

カードリーダー/ライターのチェック

カードリーダー/ライターの速度は速いです。なお、最新のUHS-Ⅱ対応のカードを挿入したら、アクセス速度が下がったので、カードリーダー/ライターは、UHS-Ⅱに対応していないと思われます。


 

 

 


  1 2 次へ
  目次