会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ThinkPad L540

レノボ ThinkPad L540の実機レビュー

更新日:2014年6月26日

文書作成に最適

ThinkPad L540は、法人向けThinkPadノートPCの中では安価な製品です。

HDまたはフルHDの液晶を選択可能で、老眼の方でも、高解像度が好きな方でも、どちらも満足できる液晶です。非光沢液晶であるため文字も見やすいです。

キーボードが打ちやすく、テンキーも付属していることから、文章などを作成する方に適しています。

メーカーサイト:レノボ(ThinkPad L540)

※レビュー機は当サイトでの購入製品です

目次

ThinkPad L540の基本スペック

ThinkPad L540の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2014年6月26日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
CeleronPentiumMシリーズのCore i プロセッサーを選択可。本機はPentium 3550M。
グラフィックカード
CPU内蔵のGPU インテル HD グラフィックスです。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイドの非光沢液晶です。HDまたはフルHDを選択できます。本機はフルHDです。
メモリ
最大16GBまで選択可能です。本機の容量は4GBです。
ハードディスク/SSD
単体HDD、単体SSDを選択できます。本機は320GBの単体HDDです。
光学ドライブ
DVD-ROMまたはDVDスーパーマルチドライブを選択できます。BDドライブは選択不可です。
バッテリ駆動時間
メーカー公表値で最大 約9時間です。
 
テレビチューナー
内蔵のテレビチューナーは搭載していません。
 

特徴1 - 法人向けThinkPad の中では安価

ThinkPadブランドPCの中で、ThinkPad L540は安価な製品です。法人向けのThinkPadの中では最も安価でしょう。しかし、個人向けThinkPadを含めると、ThinkPad L540よりもThinkPad Edge E540のほうが安価です。

下の表に、法人向けのハイパフォーマンスモデル「ThinkPad T540p」と、本製品である法人向けメインストリームモデル「ThinkPad L540」、そして個人向けの「ThinkPad Edge E540」の3つの15型クラスのノートPCの構成を比較したものを載せています。

性能面では、高性能CPUや3K液晶などを選択できるThinkPad T540pが優れています。ThinkPad Edge E540はGeForce GT 740Mやタッチパネル液晶を選択できる点や、価格が安い点が優れています。ThinkPad L540は、MiniDisplayPortやThinkPad プロドック を使用できる製品の中では安価という特徴があります(他にも材質など細かい相違点はあります)。

ThinkPad L540ではなくThinkPad Edge E540でも十分なケースが多いので、L540にするかE540にするかはよく検討したほうがよいでしょう。

15.6型のThinkPadブランドPCの比較(一部)(2014年6月26日時点)
  ThinkPad Edge E540 【本製品】
ThinkPad L540
ThinkPad T540p
CPU(最大性能) Core i7-4712MQ Core i7-4712MQ Core i7-4910MQ
グラフィックス(最大性能) GeForce GT 740M インテルHDグラフィックス GeForce GT 730M
液晶(最大解像度) フルHD(1920x1080)
※タッチ対応も選択可
フル(1920x1080) 3K(2880x1620)
※IPSパネル
ウルトラベイ・エンハンスド × × 対応
映像出力ポート HDMI MiniDisplayPort MiniDisplayPort
拡張ドック ThinkPad OneLinkドック ThinkPad プロドック
価格例(※) 約78,000円 約90,000円 約120,000円
※Core i5-4210M、4GBメモリの構成での価格です。価格は変動します。

特徴2 - 非光沢のフルHD(1920x1080)液晶選択可能

本製品は、HD(1366x768)の他に、フルHD(1920x1080)の液晶も選択可能です。非光沢ですので、画面への映り込みも少ないです。ただし、IPSパネルではありません。


HD(1366x768)とフルHD(1920x1080)の表示領域の違い

液晶ディスプレイのチェック

では、フルHD液晶について詳細をチェックします。

なお、フルHD液晶を選択しても、異なるメーカーのパネルが搭載される可能性があります。その場合、特性も異なりますのでご注意ください。

まず、視野角ですがあまりよくありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、寒色系の画面であることがわかります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、ノートパソコンとしては普通だと思います。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状は良く分かりませんでしたが、表面の凹凸はそれほどありません。それほどギラつきは感じません。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

他のThinkPad同様に打ちやすいキーボードです。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

タッチパッドについては、ThinkPad X240sのレビューの記事でコメントしているので、そちらをご覧ください。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

専用グラフィックスは搭載できないものの、クアッドコアCPUやSSDを選択でき、パフォーマンスは悪くないです。

また、予算が少なければ、CeleronやPentiumのCPUも選択することが可能です。低負荷の作業のみ行うなら、これらのCPUでも問題ないでしょう。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

3DMark

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  Pentium 3550M
x264でエンコード 42分09秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 実行不可
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク

カードリーダー/ライターのチェック

内蔵カードリーダー/ライターのチェックです。

スロットは本体の右側面にあります。挿入後のSDカードの出っ張りはほとんどありません。


SDカード挿入後の外観

 

カードリーダー/ライターのCrystalDiskMarkのベンチマーク結果は次の通りです。高速です。


 

 

 


  1 2 次へ
  目次