会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ThinkPad Edge E430

レノボ ThinkPad Edge E430の実機レビュー

更新日:2012年6月30日

ご注意・お詫び
2012年6月29日追記:
HDDパフォーマンス・ブースター(16GB mSATA キャッシュ・ドライブ)を選択した際、
工場出荷時に、ディスクを高速化するソフトがインストールされていない可能性があります。
本機も工場出荷時にインストールされておらず、この状態でレビューを掲載していました。
申し訳ございません。
詳細およびインストール方法については、こちらをご参照ください。

格安でも品質に満足

ThinkPad Edge E430は、非常に安価なパソコンですが、品質は悪くなく、安心して使える14型ノートパソコンです。

キーボードは打ちやすく、静音性やCPU温度なども特に問題ありません。

第3世代インテルプロセッサー Ivy Bridgeを搭載した構成でも5万円台で購入することが可能で、コストパフォーマンスは最高です。

ボディも14型とコンパクトで、重量も2.15kgとそれほど重くもなく、バッテリ駆動時間も意外と長いです。室内をPCを持ってよく移動する方にもおすすめです。

旧モデルのThinkPad Edge E420はかなりのベストセラーでしたが、E430も人気が出ると思います。

メーカーサイトThinkPad Edge E430

目次

ThinkPad Edge E430 の基本スペック

本機の基本スペックを紹介します。※2012年6月11日現在の情報です。

CPU
Core i3~i7のCPUを選択可能です。本機はCore i7-3612QMです。
グラフィックカード
本機はCPU内蔵(インテルHDグラフィックス 4000)です。他にもGeForce 610M、GeForce GT 630Mを選択可能です。
液晶ディスプレイ
14.0型ワイド(1366x768)の液晶です。光沢 or 非光沢を選択できます。本機は光沢です。
メモリ
容量は選択できます。本機は8GB(デュアルチャネル)のメモリを搭載しています。
ハードディスク
500GB(5400rpm)のハードディスクを搭載しています。
SSD
単体SSDは選択できませんが、HDDの速度を向上させるキャッシュ用SSD(HDDパフォーマンス・ブースター)は選択可能です。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブです。
 

バッテリ駆動時間
メーカー仕様ページでは「後日掲載」となっています。実測値は後述します。

特徴1 - 高いコストパフォーマンス

ThinkPad Edge E430は、コストパフォーマンスの非常に高いPCです。

第2世代インテル Core i5であれば、クーポン適用で4万円台で購入できます(下記の構成例1)。

第3世代インテル Core i5に、メモリ8GBを搭載しても5万円台で購入可能です(下記の構成例2)。個人的にはこの構成がおすすめです。

ThinkPad Edge E430の構成/価格例 (2012年6月10日時点)
    おすすめ    
仕様 構成例1 構成例2 構成例3 構成例4
CPU Core i5-2450M
(第2世代CPU)
Core i5-3210M
(第3世代CPU)
Core i7-3612QM
(第3世代CPU)
Core i7-3612QM
(第3世代CPU)
メモリ 4GB 8GB 8GB 8GB
ハードディスク 500GB 500GB 500GB
+16GB mSATA
(Express Chache)
500GB
+16GB mSATA
(Express Chache)
グラフィックス CPU内蔵 CPU内蔵 CPU内蔵 GeForce GT 630M
価格 52,920円 66,570円 83,160円 96,810円
10%OFFクーポン利用時の価格 47,628円 59,913円 74,844円 87,129円
※価格は変動します
※クーポンの割引率は時期によって異なります

特徴2 - HDDを高速化するキャッシュ用SSDを選択可能

2012年6月29日:この項目は全面的に書き換えています。

ThinkPad Edge E430は、HDDパフォーマンス・ブースター(16GB mSATA キャッシュ・ドライブ)というオプションを選択できます。

これは、mSATAのSSDをHDDのキャッシュとして使うことで、HDDへのアクセスを高速化する機能です。高速化するソフトとしては、メジャーなIntel SRTではなく、Diskeeper社の ExpressCacheというソフトを使用しています。

ただ、別件で、ExpressCacheを使っている他のPCを使う機会があり、このPCと見比べた場合、ディスクの状態やインストールファイルなどあまりに違いがあったため、サポートにExpressCacheが正常に動作しているか確認しました。

そして、しばらくしてから受けた回答は「工場出荷時にインストールされていなければならないExpressCacheが、インストールされずに出荷されている場合があることが分かった。お客様のパソコンも工場出荷時にインストールされていない」とのことでした。

そのため、以前、掲載していたPC起動時間などはExpressCacheインストール前の情報でした。申し訳ございません。

以下、インストールされているかどうかの確認方法や、インストール方法について、サポートからの情報を掲載します。

ExpressCacheがインストールされているかどうかの確認方法

「コントロールパネル」>「プログラムのアンインストール」から、ExpressCacheのプログラムが存在するかを確認します。存在しなければ、インストールされていません。

ExpressCacheのインストール方法

「C:\SWTOOLS\app\ExpressCache」フォルダの「setup」ファイルを実行します。

なお、appsフォルダは、作成したリカバリー"メディア"からリカバリすると無くなってしまうので、できるだけバックアップしておきましょう。

 

「Next」または「Install」を押していけば、インストールできます。詳細は割愛します。

 

再起動すればインストール完了です。

なお、OSがクラッシュ等してリカバリを実施した場合も、このExpressCacheのインストール作業は必要になります。

ExpressCacheの状態確認

ExpressCacheの状態を確認したい場合、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、下記フォルダへ移動します。
cd C:\Program Files\Diskeeper Corporation\ExpressCache

そして「eccmd」コマンドにオプションを付けて実行します。使えるオプションは次の通りです。

 

例えば、「ECCmd -INFO」を実行すると、キャッシュリード率などを確認できます。

ExpressCacheのアンインストール方法

「コントロールパネル」>「プログラムのアンインストール」からExpressCacheを選択してアンインストールします。

ExpressCacheインストール後のPC起動時間

下記に、ExpressCacheインストール前と後のPC起動時間等を掲載します。なお、搭載されていたmSATAのSSDは、SanDisk SSD U100 16GBです。

ExpressCacheインストール前と後では、起動・停止時間がやや速くなっています。

PC起動時間など(500GB(5400rpm)+16GB mSATA キャッシュ・ドライブ搭載時)
テスト内容 ExpressCache無効時
インストール前
ExpressCache有効時
インストール後
通常停止/起動 PC停止時間 約16秒 約11秒
PC起動時間 約33秒 約28秒
スリープ移行/復帰 スリープへの移行時間 約12秒 約5秒
スリープからの復帰時間 約1.5秒 約1.5秒
PC起動時間は、電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまでの時間

特徴3 - コンパクトサイズ

ThinkPad Edge E430は、15.6型ノートパソコンと比べると、小さくて軽いです。

下の図は、ThinkPad Edge E430と15.6型のノートパソコンを比較した画像です。一回りコンパクトであることが分かると思います。重量は2.15kgです。外へ持ち運ぶにはやや重いですが、室内であれば手軽に移動できます。

液晶ディスプレイのチェック

ThinkPad Edge E430の液晶ディスプレイのチェックです。

感想としては、一般的なノートPCの液晶にありがちな、やや青白い液晶です。今回は、光沢液晶を選択しましたが、ギラツキは感じません。

なお、搭載されていたパネルは、AUO製のB140XW01 V8でした(複数メーカーの液晶を使っているため、異なるパネルが搭載される可能性があります)。


正面からの画像

 

視野角は、一般的なノートPCと同様です。それほど良くないです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

いつもなら、ここで、ガンマ補正曲線と色域をお見せするのですが、PC上で測定器をなぜか認識しなかったため、今回は割愛させていただきます。なお、私の目視では、寒色系の画面で、色域はそれほど広くないように見えます。

画素については次のような形状をしています。シンプルな形状で色むらも感じません。


キーボードとタッチパッドのチェック

ThinkPad Edge E430のキーボードおよびタッチパッドのチェックです。

キーピッチは実測で約19×19mmと十分な広さです。キーストロークは実測で約2mmで、こちらも十分な深さです。薄くてカタカタしたキーではなく、しっかりとした押し心地のキーボードで、打ちやすいと思います。

キートップはかなり湾曲しており、すべりにくい素材をしているため、指のフィット感は抜群です。通常、PrtScキーは上のほうにある場合が多いですが、本機は右下にあります。Altと並んで配置されているため、右手だけでAlt+PrtScを押すことができます。画面のキャプチャをよく撮る方は便利だと思います。

旧モデルのThinkPad Edge E420と比較すると、Deleteキーが右端に配置されました。また、EscとDeleteキーがやや広くなっています。また、矢印キーが、他のキーよりもやや下へ配置され、押しやすくなっています。

また、E420では、一番奥(液晶側)にキーボードが配置されていましたが、E430では、以前より下に配置されています。タッチパッドを他の機種と共通化するためなのか、理由は分かりません。


キーボード全体図


キーの拡大図

 

タッチパッドとクリックボタンは、一体型となりました。一体型にしてはクリック感が軽くて押しやすいですが、E420の独立型のほうが押しやすかったです。

タッチパッドは、E420はツルツルでしたが、E430は凹凸があります。指を動かしやすいです。


タッチパッド

 

ファンクションキーは、E420と変わらずマルチメディア仕様です。通常のファンクションキーの割り当てにしたい場合は、BIOSを起動し、「Config」>「Keyboard/Mouse」を選択し、「Change to "F1-F12"」を「Legacy」へ変更して下さい。

総合ベンチマーク

Core i7-3612QM、メモリ8GB、HDDパフォーマンス・ブースター(16GB)搭載のHDDといった構成のThinkPad Edge E430のベンチマーク結果です。

CPU、メモリ関連のスコアは非常に良いです。

ExpressCaCheをインストールしても、Windows エクスペリエンス インデックスのプライマリ ハードディスクのスコアは何度計測しても変わりません。PassMark Performance Test 7.0のDisk Markは、2度目以降は高速SSDよりも高いスコアが出ます。ただ、そんな訳はないので、メモリにもキャッシュする仕様なのかもしれません(不明)。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


1280x720で実行

PCMARK7 v1.0.4

3DMark11(1.0.3)- Performance

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

TMPGEnc Video Mastering Works 5 による動画のエンコード時間のチェックです。

x264でエンコードしたときは16分13秒、クイック・シンク・ビデオでエンコードしたときは8分51秒でした。

クアッドコアのCore i7-3612QMでエンコードしているだけあって、x264のエンコード時間は高速です。

CPU内蔵グラフィックス(インテル HD グラフィックス 4000)を使ったクイック・シンク・ビデオによるエンコードも、非常に高速です。

 


TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 16分13秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 8分51秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

カードリーダー/ライターのチェック


SDカード挿入後の外観

内蔵カードリーダー/ライターの対応カードと速度のチェックです。

スロットは本体の手前側にあります。抜き挿しはスムーズです。挿入後の写真は右の図をご覧ください。抜くときはPUSHすると出てきます。

対応しているカードは「4 in 1メディアカードリーダー」という情報しか見つけられませんでしたが、恐らく下記の通りだと思います。

対応カード SD(SDHC、SDXC)、MMC

カードリーダー/ライターのCrystalDiskMarkの結果は下の図の通りです。カードリーダー/ライターは高速だと思います。


バッテリ駆動時間のチェック


バッテリ駆動時間の実測値は5時間15分

ThinkPad Edge E430のバッテリ駆動時間のチェックです。

ハードディスクに保存したDVD画質相当の動画(720x480)を再生させて、バッテリ状態にし、休止状態へ移行するまでの時間を計測しました。

テストの結果、バッテリ駆動時間の実測値は、5時間15分でした。モバイル用途ではないパソコンとしては、非常に長いと思います。

※搭載バッテリは、6セル Li-Ion バッテリー (62Wh)です。

 


 

  1 2 次へ
  目次