パソコンの比較

会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > IdeaPad Z560の評価レビュー

IdeaPad Z560の評価レビュー

更新日:2010年7月27日

手軽にブルーレイを楽しみたいなら

ブルーレイコンボドライブ搭載しながら8万円台から購入できるIdeaPad Z560の紹介です。

Dolby Advanced Audio搭載のステレオスピーカーや、液晶やサウンドをムービー用に切り替える「OneKey Theater」を搭載し、フルHD液晶ではないものの、比較的綺麗な映像を楽しめます。HDMIポートも搭載しているので、フルHD対応の大型テレビに接続してブルーレイを観ることもできます。

価格は、ブルーレイコンボドライブを搭載した最小モデルで8万円台から購入可能です。 低予算でブルーレイを観たい人におすすめです。


IdeaPad Z560のキーボード・タッチパッドのチェック

IdeaPad Z560のキーボードは、アイソレーション型を搭載しています。「Delete」キーや「Backspace」キーが、他のキーと隣接しているのでやや押し間違いが起きやすいです。キーピッチは実測で19 x 18mmです。 ただしテンキーの横幅はやや狭いです。

テンキーを搭載しているため、タッチパッドの位置がやや左寄りになっています。手のホームポジションも左寄りになり、画面と正対しなくなるため疲れやすくなります。


キーのアップの画像(下図)です。やや凹んでいるので、アイソレーションキーボードにしては打ちやすいです。


タッチパッドの操作性は普通です。クリックボタンは独立しているので押しやすいです。



IdeaPad Z560の指紋のつきやすさのチェック

ヘアライン(髪の毛が流れるような模様のようなデザイン)加工をしたメタル調のパームレストです。 指紋はつきにくいです。


ただし、天板は光沢素材なので、指紋がつきやすいです。




IdeaPad Z560の表面温度のチェック

表面温度は普通です。右の手のひら部分は、ややひんやりするくらいです。負荷をかけたときの温度は未計測です。



図中の数字の単位は℃



IdeaPad Z560のパフォーマンスのチェック

パフォーマンスについては、Windowsエクスペリエンス インデックスを確認します。全体的に悪いスコアはありません。尚、今回の展示機では、Core i3-350Mを搭載しています。GPUは独立ではなくCPU内蔵です。CPU内蔵でも、わりといいスコアですね。



IdeaPad Z560の液晶画面のチェック

液晶は非光沢パネルの15.6型ワイドです。 解像度は、1366x768です。 ブルーレイドライブを搭載しているので、フルHDだったらなぁと悔やまれます。 ただ、液晶やサウンドを映画用に切り替える「OneKey Theater」を搭載しているので、普通のノートPCよりは綺麗にブルーレイを観られると思います。

尚、「OneKey Theater」とは、動画再生中にボタンを押すと、液晶のコントラストや彩度を映画用に調整してくれる機能です。サウンドも高音域やドラム音を聞こえやすくするようです。すみません、体験し忘れました。

液晶の枠は黒くなっており、動画が観やすくなる配慮がされています。



IdeaPad Z560の外観のチェック

IdeaPad Z560の外観を掲載します。 メタル調なところが外資系のパソコンって感じがします。


次は、天板です。光沢なので指紋がつきやすいです。天板もメタル調だと良かったのにと思います。


左側面には、USB、eSATA/USBコンボ、HDMIポート等があります。HDMIポートがついているので、フルHDの大画面液晶テレビにつないで、ブルーレイを再生することもできます。

右側面には、USBポートや、光学ドライブ等があります。



IdeaPad Z560の総評

IdeaPad Z560は、安価にブルーレイ再生・記録環境を手に入れたい人に最適のノートパソコンです。 液晶やサウンドを映画用に切り替える「OneKey Theater」を搭載し、ブルーレイを綺麗に観られます。 液晶がフルHDではない点は残念です。ただし、HDMIポートがあるので、フルHD対応の液晶ディスプレイにつないで観ることは可能です。

購入はレノボ直販店でどうぞ。