会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > IdeaPad Y570

レノボ IdeaPad Y570の実機レビュー

更新日:2011年09月11日

IdeaPad Y570 の概要

GDDR5のGeForce GT 555M搭載

IdeaPad Y570は、GDDR5のGeForce GT 555Mを搭載したミドル~ハイスペックモデルの15.6型ノートPCです。

SSDをHDDのキャッシュとして用いるRapidDrive機能も搭載し、高速起動も実現しています。

また、JBL製スピーカーを搭載しノートPCにしては音質も良く、ThinkPadほどではないものの比較的打ちやすいキーボードを搭載しています。

いずれの機能も平均点以上で、まんべんなく優れているノートPCです。

同様なスペックのライバル機種とも比較しならが、レビューしたいと思います。

今すぐ購入する

目次

IdeaPad Y570 の基本スペック

本機の基本スペックを紹介します。※2011年9月11日現在の情報です。

CPU
Core i7-2630QMです。
 
グラフィックカード
GeForce GT 555M(GDDR5 1GB)を搭載しています。Optimusテクノロジー対応です。
液晶ディスプレイ
15.6型の光沢液晶(1366x768)です。尚、パネルはLP156WH4-TLA1(LG製)でした。
メモリ
PC3-10600のメモリを搭載可能です。本機は4GBです。
ハードディスク
5400rpmの 750GBのハードディスクです。中身はWD7500BPVT-24HXZT1でした。
SSD
RapidDrive用に64GBのSSDも搭載しています。HDDのキャッシュとして使用されます。
光学ドライブ
ブルーレイドライブを搭載しています。中身は、BD-MLT UJ240AF(松下製)でした。
バッテリ駆動時間
メーカー発表値では、6.3時間駆動します。実測値は後述します。
※複数メーカーのパーツを使用しているため、パーツは異なる場合があります

特徴1 - GDDR5のGeForce GT 555M搭載

本機は、GeForce GT 555M(仕様は下図の通り)を搭載し、中程度の重さのゲームならプレイ可能です。

GeForce GT 555Mには、GDDR5とDDR3を搭載したモデルがありますが、GDDR5のほうがDDR3より高速で、本機はGDDR5(1GB)を搭載しています。

 

また、状況によってGPUを切り替えるOptimusテクノロジーに対応しています。

本体正面に、GPUスイッチがあり、Optimusをオフにしたりオンにしたりできます。Optimus オフのときは必ずインテルHDグラフィックス を利用します。Optimusオンのときは状況によってグラフィックスを切り替えます。

 

ゲームのベンチマークの結果を下の表に掲載します。以前レビューしたマウスコンピューターのLuvBook Kと、Radeon HD 6770Mを搭載したHP dv7-6100のベンチマーク結果も合わせて掲載します。本当は、dv7-6100ではなく、15.6型のdv6-6100と比較したかったのですが、Radeon HD 6770Mを搭載したモデルを試したことがなかったため、同GPUを搭載したdv7-6100の結果を掲載しています。

結果としては、IdeaPad Y570は、他の2機種よりもややスコアが落ちました。LuvBook Kのグラボは、(調べ忘れたのですが)おそらくDDR3のGeForce GT 555Mだと思います。そのため、LuvBook KよりもIdeaPad Y570のほうがスコアは良くなるはずなのですが、なぜかIdeaPad Y570のほうが低いスコア値でした。CPU、メモリ、ストレージはLuvBook Kのほうが良いので、微少ながらもそれらが影響しているのかもしれませんが、原因は不明です。

ゲームベンチマーク
製品名 レノボ
IdeaPad Y570
マウスコンピューター
LuvBook K
HP
dv7-6100
基本スペック Core i7-2630QM、
GeForce GT 555M
(GDDR5 1GB)
Core i7-2820QM、GeForce GT 555M Core i7-2820QM、Radeon HD 6770M
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1920*1080 RANK D(10.6 fps)
1280*720 RANK C(16.1 fps)
ファイナルファンタジー XIV 1920*1080 1282(動作困難) 1115(動作困難)
1280*720 2058(やや重い) 2519(普通) 2139(やや重い)
中程度の
ゲーム
バイオハザード5(テストB) 1920*1080 RANK B(39.1 fps) RANK B(39.1 fps)
1280*720 RANK B(56.6 fps) RANK A(67.7 fps) RANK A(63.6 fps)
モンスターハンターフロンティア第二弾(絆) 1920*1080 1932 2279
1280*720 3367 3533 4210
軽めの
ゲーム
THE LAST REMNANT 1920*1080 37.90 fps 36.02 fps
1280*720 51.78 fps 58.45 fps 57.98 fps
デビルメイクライ4 1920*1080 RANK B RANK B
1280*720 RANK S RANK S RANK S

特徴2 - RapidDriveで起動が速い

IdeaPad Y570はRapidDriveという機能を搭載しており、PCの起動、アプリの起動などが高速になっています。下の表が、起動時間などの実測値となります。最新のSSDを搭載した場合よりは遅いですが、HDDよりは速いです。

IdeaPad Y570の動作時間
PC起動時間 PC停止時間 PDFファイルを開く時間
約25秒 約11秒 約1秒
PC起動時間:電源投入後、デスクトップ画面が表示されるまでの時間
PC停止時間:シャットダウン実行後、すべての動作ランプが消えるまでの時間
PDFファイルを開く時間:約10MBのPDファイルを開く時間

 

RapidDriveの仕組みとしては、インテル・スマート・レスポンス・テクノロジー(Intel SRT)に似ており、SSDをハードディスクのキャッシュとして使うことで、高速化を実現しています。

ただし、CrystalDiskMarkでのディスク速度のベンチマークを測定してみたところ、HDDと同等の速度しか出ませんでした。SSSDをキャッシュとして使用しているのだから、少なくともReadはSSDと同等な速度になると思ったのですが、そうではありませんでした。RapidDriveの詳細な仕様がわからないので、なんとも言えませんが、Intel SRTと違い、RapidDriveは、OSまたはアプリの起動のみしか速くならないのかしれません。

ただ、Windows エクスペリエンスインデックスや、PassMarkなどのベンチ結果は、SSD並みのスコアが出るんですよね・・・。謎です。


CドライブのCrystalDiskMark 3.0.1bの実行結果

特徴3 - ノートPCにしては音がいい


JBL製スピーカー搭載

IdeaPad Y570は、JBL製のステレオスピーカー(1.5W×2)を搭載しており、ノートパソコンにしては音が良い方です。

ただし、同じJBL製スピーカー(4W×2)および12Wサブウーファーを搭載したDELL XPS 15よりは音質が落ちます。

 

 

キーボードとタッチパッドのチェック

IdeaPad Y570のキーボードは、比較的打ちやすい部類に入ると思います。

本機は、アイソレーションタイプのキーボードを採用し、キーピッチは、横:19mm、縦:18.5mmと十分広いです。また、キートップが凹んで指がフィットしやすいです。キーストロークは約2mmで、たわみはありません。

ただし、テンキーを搭載している影響で、Enterキーおよびテンキーの横幅がやや短いです。


キーボード全体図


キートップは凹んでおり、指がフィットしやすい


キーストロークは約2mmと十分

 

タッチパッドは、点字のようにややボコボコしており、指がべったりと付くことなく、滑りやすくなっています。クリックボタンは、左右一体型で、端をクリックすると軽くて押しやすいですが、中央部分をクリックしてしまうと重くて押しづらいです。毎回同じ部分を押せれば良いですが、そうでないと力の加減が難しいです。


クリックボタンは左右一体型

液晶ディスプレイのチェック

本機は、15.6型(1366x768)の光沢液晶を搭載しています。パネルは、LP156WH4-TLA1(LG製)でした。

特に問題なく使用できますが、ややメリハリがなく、のっぺりした画質です。


正面からの画像

 

詳細を見ていきます。

まず視野角は広くありません。一般的なノートPC並みです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青がかなり低めに調整され、赤と緑はS字のように調整されています。(下図)。そのため実際の画面は、やや青みが強く、また暗いところはやや明るめに、明るいところはやや暗めになり、メリハリのない画面になっています。
※尚、同じパネルが搭載されるとは限りませんし、パネルによって調整は異なります。


ガンマ補正曲線
※ i1 BASIC PROで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V様のページをご確認ください

 

色域は、ノートパソコンとしては一般的ではないかと思います。


ガモット図(a*b*平面)
左図はsRGBとの比較で、右図はadobe RGBとの比較
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、ICCViewでグラフを作成

 

画素の拡大図です。画素はシンプルな形で色むらも少ないです。画面を確認してもギラツキは感じません。


画素の拡大図
※マイクロスコープ(FS-SST240 )で撮影

総合ベンチマーク

本機でのベンチマークスコアを紹介します。

クアッドコアCPUを搭載しているだけあって、CPU関連のスコアは高いです。また、ディスク関連のスコアもやや高めです。

ただし、GeForce GT 555M(GDDR5 1GB)のグラボを搭載しているわりには、思ったよりもグラフィックス関連のスコアが伸びませんでした。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


解像度:1280x720で実施

3DMark11(1.0.2)


「Performance」で実施

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

Core i7-2630QM、GeForce GT 555M(GDDR5 1GB)搭載のIdeaPad Y570について、動画のエンコード時間をチェックしました。用いたソフトは、ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5 です。

テストの結果は、x264でエンコードしたときが20分14秒、クイック・シンク・ビデオ(QSV)でエンコードしたときが9分36秒、GT 555Mを使ったGPGPU(CUDA)でエンコードしたときが12分04秒でした。

画質の綺麗なx264でも十分速く、QSVなら10分を切ります。


TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 20分14秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 9分36秒
CUDAでエンコード 12分04秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

カードリーダー/ライターのチェック


SDカード挿入後の外観

IdeaPad Y570の対応カードの種類や、カードリーダー/ライターのベンチマーク結果です。

スロットは本体の手前にあります。カード挿入後の出っ張り具合は右図の通りです。カードの挿入/取り出しについては、つっかかりなくスムーズです。

対応しているカードは次の通りです。

対応カード SD、SD Pro、MS、MS-Pro、MMC、xD

 

カードリーダー/ライターのCrystalDiskMarkのベンチマーク結果を次に掲載します。尚、カードは人気の高いSanDisk Extreme Proと、シーケンシャルの転送速度が速いPanasonicのSDHCカードでテストしました。また、参考までに、高速転送可能なカードリーダー/ライターBSCRSDX3によるベンチマーク結果も掲載します(こちらは別PCでのテスト結果です)。

まずは、SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-Iカードを使ったベンチマーク結果です。本機の内蔵カードリーダー/ライターのシーケンシャルリード&ライトは、BSCRSDX3のそれに近いスコアが出ています。ランダムリード(4K、4K QD32)関しては、BSCRSDX3よりもスコアが高いです。


使用カード:SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I
カードリーダーのベンチマークテスト結果

 

次に、Panasonic SDHC UHS-Iカードを使ったベンチマーク結果です。こちらも、速い速度が出ています。


使用カード:Panasonic SDHC UHS-I
カードリーダーのベンチマークテスト結果

以上より、本機は、UHS-Iに対応した十分高速なカードリーダー/ライターを搭載していると思います。

バッテリ駆動時間のチェック


バッテリ駆動時間は実測で4時間1分

ハードディスクへ保存したDVD相当画質の動画を再生させ、休止状態へ入るまでのバッテリ駆動を計測しました。

結果は、4時間1分のバッテリ駆動時間でした。

ホームノートにしては非常に長いバッテリ駆動時間だと思います。

 


  1 2 次へ
  目次