会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > IdeaPad U300s

レノボ IdeaPad U300s の実機レビュー

更新日:2011年12月12日

ネジやつなぎ目が見えない綺麗なボディ

IdeaPad U300sは、天板はもちろん背面もネジやつなぎ目が見えないワンピース構成の13.3型ウルトラブックです。

さらに、天板を閉じると、正面から背面までほぼ同じ高さで、パソコンとは思えない、まるでアルバムブックのようなデザインです。

ウルトラブックであるため、もちろん薄くて軽く、持ち運びに便利です。

Rapid Drive SSD Technologyに対応し、PCの起動や停止が、他のウルトラブックに比べても速いです。

入出力ポート・スロットが少ないですが、それ以外はバランスの良いPCではないかと思います。

今すぐ購入

目次

IdeaPad U300s の基本スペック

本機の基本スペックを紹介します。※2011年12月12日現在の情報です。

CPU
Core i7-2677M(超低電圧版CPU)です。
 
グラフィックカード
CPU内蔵(インテルHDグラフィックス)です。
 
液晶ディスプレイ
13.3型ワイド(1366x768)の光沢液晶ディスプレイです。
メモリ
4GBのメモリを搭載しています。
 
ハードディスク
HDDは非搭載です。


SSD
256GBのSSDを搭載しています。
 
光学ドライブ
内蔵光学ドライブは非搭載です。


バッテリ駆動時間
バッテリ駆動時間は、メーカー公表値で、約7.4時間です。実測値は後述します。

特徴1 - つなぎ目のないワンピース構成

IdeaPad U300sは、天板はもちろん背面も、ネジやつなぎ目が一切見えません。パソコンとは思えないデザインで、フタを開くときは、思い出がつまったアルバムを開くような感覚になります。

特長2 - 極薄ボディ


ゴム足を含めた高さの実測は約18mm

IdeaPad U300s はウルトラブックというカテゴリに属し、本体が非常に薄いです。

メーカーの仕様では、最薄部14.9mmとなっています。

ゴム足を含めないで実測した結果は、最薄部:約14mm、最厚部:約15mmと、ほぼ仕様通りでした。

ゴム足を含めて実測してみても、最厚部で約18mmという薄さでした。

特長3 - 1.3kg台の軽量ボディ

IdeaPad U300sの重量のチェックです。

実測してみたところ、本体は1339gでした。比較的軽いほうですが、同じウルトラブックのdynabook R631と比較すると、やや重いです。

ACアダプタの重量は、267gでした。ACアダプタはタバコの箱のような形をしており、カバンに入れるとき、かさばらないと思います。個人的には好きな形状です。


重量の実測結果

特長4 - Rapid Drive SSD Technologyで高速起動

IdeaPad U300sは、Rapid Drive SSD Technologyに対応し、PCの起動が非常に高速です。

実測してみたところ、約16秒でPCが起動しました。

なお、追加でソフトをインストールしていない状態でテストしましたので、PCに色々ソフトをインストールしたり、長く使ったりしていると、起動時間は遅くなっていくと思います。

PC起動時間など
テスト内容 時間
通常停止/起動 PC停止時間 約10秒
PC起動時間 約16秒
スリープ移行/復帰 スリープへの移行時間 約5秒
スリープからの復帰時間 約1.5秒
PC起動時間は、電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまでの時間

SSDのベンチマーク

Rapid Drive SSD Technologyは、文字通りSSDを使用してPCの高速起動を実現しています。ここでは、搭載しているSSDのCrystalDiskMarkのベンチマーク結果を掲載します。

なお、搭載されているSSDは、型番は不明ですが、JMicron製のJMF616 コントローラを搭載しているようでした。

結果は、一般的なSSDの速度でした。ハードディスクと比較した場合は、かなり速いことが分かります。


IdeaPad U300sのSSDと、一般的なノートPCのHDDのベンチマーク比較

液晶ディスプレイのチェック

IdeaPad U300sの液晶ディスプレイのチェックです。

搭載されていたパネルは、N133BGE-M41という型番でした。

ノートPCにありがちな青みの強い液晶ですが、多くの方は気にならないでしょう。普通に使えると思います。


正面からの画像

 

詳細を見ていきます。

視野角は良くないです(普通のノートPC並み)。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色が大きく低めに調整されています。また逆に、赤色はやや高めに調整されています。そのため実際の画面は、全体的に青味が強い画面になっています。

※同じパネルでも調整具合はやや異なります。また異なるパネルが搭載される可能性もあります


ガンマ補正曲線
※ i1 BASIC PROで計測。目標値は輝度:120、白色点:CIEイルミナントD65、ガンマ値:2.2
※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域のチェックです。やや狭い色域ですが、多くのモバイルPCは、こんなものです。


ガモット図(a*b*平面)
左図はsRGBとの比較で、右図はadobe RGBとの比較
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、ICCViewでグラフを作成

 

画素の拡大図です。シンプルな形状です。実際の画面を見てもギラツキは感じません。


画素の拡大図
※マイクロスコープ(FS-SST240 )で撮影

キーボードとタッチパッドのチェック

キーボードのチェックです。

打ってみた感想として、他のウルトラブックよりも押し心地は良かったです。"たわみ"も感じません。

キーの形状は同社のThinkPad Edgeシリーズに似ています。しかし、ThinkPad Edgeシリーズよりはキーストロークが浅く、キートップの凹みも少ないです。ThinkPad Edgeシリーズよりは押し心地は劣ります。

キーピッチの実測値は、横が18.5mm、縦が18mm(一部の小さいキーは除く)です。キーストロークの実測値は約1.2mmです。

ENTERキーがそれほど大きくない上に、端にないため、慣れないと打ち間違えます(慣れれば問題ないと思います)。


キーボード全体図


キーの拡大図

 

タッチパッドは大きめです。両方の手のひらが触れることが多く、意図せずマウスポインタが動いてしまうことが、たまにあります。

クリックボタンは、タッチパッドと一体となっています。思ったよりは軽い力で押すことができます。

なお、形状はZENBOOK UX31と全く同じです。色のみ異なります。


タッチパッド

総合ベンチマーク

Core i7-2677Mを搭載したIdeaPad U300sのベンチマークの結果です。

モバイル用途で使用するならば十分なスコアだと思います。もしも動画編集などをやろうと思っている場合は、CPUが力不足かもしれません。

また、ZENBOOK UX31と同じCPUを使っていますが、Windows エクスペリエンス インデックスのスコアが思ったほど伸びませんでした。その他のスコアはZENBOOK UX31とほぼ同等です。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


1280x720で実行

PCMARK7 v1.0.4

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

TMPGEnc Video Mastering Works 5 による動画のエンコード時間のチェックです。

x264でエンコードしたときは42分25秒、クイック・シンク・ビデオでエンコードしたときは15分30秒でした。

ノートPCとしては標準的なエンコード時間だと思います。

※クイック・シンク・ビデオとは、CPU内蔵のグラフィックスのエンコードエンジンで、動画変換を高速に行う機能


TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 42分25秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 15分30秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

バッテリ駆動時間のチェック


バッテリ駆動時間の実測値は4時間17分

IdeaPad U300sのバッテリ駆動時間のチェックです。

バッテリ駆動中は、HDDに保存したDVD画質相当の動画を再生させています。

その結果、バッテリ駆動時間は、4時間17分でした。

モバイル用途としては、ギリギリ合格ラインの駆動時間だと思います。

  1 2 次へ
  目次