会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ThinkPad T580

レノボ ThinkPad T580の特徴

更新日:2018年1月15日

4K液晶にGeForce MX150搭載。27時間バッテリー駆動

ThinkPad T580は、キーボードが打ちやすく、画面も見やすく、作業がしやすい15.6型ノートパソコンです。仕事用途で使用するならおすすめです。

液晶には高解像度なUHD(4K)を、グラフィックスにはGeForce MX150を選択することが可能で、クリエイティブな作業をする方にも適しています。

また、32Wh+72Whのバッテリーを搭載しており、最大27時間もバッテリー駆動することが可能です。質量も1.97kgと、15.6型ノートPCにしては軽くなっており、外出先で使用する用途にも適性があります。

狭額縁液晶を搭載し、コンパクトになり、見た目もスッキリしています。

なお、液晶サイズは15.6型だと思いますが、15型と記載されているメディアも結構あり、どちらが正しいのかはまだ不明です。

CPU 第8世代Core
メモリ 最大32GB
ストレージ PCIe M.2 SSD
2.5インチ HDD
[デュアルドライブ可]
グラフィックス  Intel UHD 620
GeForce MX150 (2G)
液晶サイズ 15.6型
液晶種類 FHD IPS
FHD IPS タッチ
UHD (4K) IPS
バッテリー 27時間 (32Wh+72Wh)
質量 1.97kg
価格

 

ThinkPad T580の特徴

【注意】国内ではまだ未発売であるため、搭載されない機能などある可能性があります。

打ちやすいキーボード

ThinkPad T580は、ノートパソコンにしては打ちやすいキーボードを搭載している点が特徴です。

ThinkPad T580を購入する層は、ビジネスパーソンが多いかと思いますが、キーボードの打ちやすさは作業効率に大きく影響します。ストレスなくタイピングできる本製品は、資料を作るときなど非常に仕事がしやすいでしょう。

また、テンキーも搭載しているため、Excelなどの表計算ソフトを多用する方なども、効率良く入力できるでしょう。


打ちやすいキーボード&テンキー付き

UHD(4K)液晶を選択可能

ThinkPad T580は、UHD(4K)液晶を選択することが可能です。仕事で、しかもデスクトップPCの液晶より小さい15.6型の画面で、4K液晶が必要な方は少数派だと思いますが、高解像度な写真を編集する方や、4K動画を編集する方など、4Kであったほうが便利なケースもあります。おそらく色域も広いと思うため、キャリブレーションすれば正確な色でコンテンツを表示できるでしょう。

なお、今回から狭額縁の液晶になっており、液晶周りがスッキリとしています。


UHD(4K)液晶を選択可能

GeForce MX150を選択可能

ThinkPad T580は、グラフィックスにGeForce MX150を選択することも可能です。

GPU支援が利用できるアプリケーションなどを使う際に処理が高速化します。例えば、NVIDIAのサイトによると、GeForce MX150を搭載することで、画像編集の際のトリミング、サイズ変更などが、約2.5倍高速になるそうです。


写真編集が2.5倍高速に

第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載

CPUには、第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載しています。

一世代前のCore i7-7700HQに迫る性能を持っているため、編集系作業をするようなケースでも、十分活用できるでしょう。

27時間までバッテリーを延長可能

バッテリー駆動時間ですが、仕様表を確認すると、「最大27時間 (32Wh+72Wh)」と書かれています。

おそらく、32Whのフロントバッテリーを内蔵し、72Whのリアバッテリーは着脱できるのだと思います。

ThinkPad T580の底面画像は下のようになっています。図の大きさのリアバッテリーで72Whも搭載するのは無理があるので、おそらく、72Whのリアバッテリーを搭載すると、出っ張るのではないかと思います。

質量も1.97kgと、15.6型ノートパソコンとしては比較的軽いので、持ち運びも想定されているのだと思います。外出先でバッテリー駆動状態で、Adobeのソフトを使用しても、かなりバッテリーがもつのではないかと思います。



底面画像

デュアルドライブ構成が可能

ThinkPad T580は、M.2 SSDと2.5インチストレージのデュアルドライブ構成にすることが可能です。

Webカメラは物理的に隠せる

「ThinkShutter」という物理的なWebカメラのカバーがされているようで、スライドさせるとWebカメラを隠すことができます。

光学ドライブはなし

ThinkPad T580には光学ドライブが搭載されていません。

新しく発表されたThinkPad シリーズは、全て光学ドライブがなく、ちょっと残念です。

その他のインターフェースは下図のようになっています。光学ドライブが無い点を除けば、主要なポート類はそろっていると思います。

充電は、他の新しいThinkPadシリーズ同様に、USB Type-Cポート経由で行います。

左側面(下の図)の左から2番目のポートはThuderbolt 3で、このポートは、新しいThinkPadドッキングステーションとの接続ポートにもなっています。


インターフェース

ThinkPad T580とT480の比較

ThinkPad T580の兄弟機種であるT480と、スペックを比較したのが下記の表です。

CPUやグラフィックス、インターフェースは基本的に同じです。

ただし、ThinkPad T580のほうが画面が大きくUHD(4K)液晶を選択できる点がメリットです。また、バッテリー駆動時間も長いです。

一方、ThinkPad T480はコンパクトで、質量も軽いです。モバイルPCと据え置きPCの中間に位置するような機種で、やや中途半端な気もしますが、社内(自宅内)のみで移動して使うPCとしてはちょうどいい製品だと思います。

ThinkPad T580とT480の比較
  ThinkPad T580 ThinkPad T480
CPU 第8世代Core
グラフィックス  Intel UHD 620
GeForce MX150
液晶サイズ 15.6型 14.0型
液晶種類 FHD IPS
FHD IPS タッチ
UHD (4K) IPS
HD TN
FHD IPS
FHD IPS タッチ
WQHD IPS
質量 1.97kg 1.58kg
バッテリー容量 32Wh+72Wh 24Wh+24Wh
バッテリー駆動時間 約27時間 約14.5時間
サイズ 365.8[幅]x252.8[奥行]
x20.2[高さ]mm
336.6[幅]x232.5[奥行]
x19.95[高さ]mm
主な
インターフェース
Thunderbolt 3
USB Type-C
USB 3.0 x2
HDMI
有線LAN
LTE
SDカードスロット ※
※MicroSDカードスロットと書かれているメディアも多くありますが、画像を見る限りではSDカードスロットだと思います。

ThinkPad E580との比較

次に、同じ15.6型のThinkPadシリーズのE580と比較します。

ThinkPad T580のほうが高価格帯の製品であるだけあって、インターフェースが充実しています。また、UHD(4K)液晶を選択できるのも特徴です。また試したことはないので何とも言えませんが、同じFHD IPS液晶でも、T580のほうが品質がいいのではないかと思われます(違ったらすみません)。

ただし、外部グラフィックスについては、Radeon RX550のほうが高性能です。ゲームをするならRadeon RX550のほうがいいのではないかと思われます。ただし、GPU支援アプリで使う場合、Radeonは対応していないケースも多いため、GeForce MX150のほうが安心感はあります。

ThinkPad T580とE580の比較
  ThinkPad T580 ThinkPad E580
CPU 第8世代Core
グラフィックス Intel UHD 620
GeForce MX150
Intel UHD 620
Radeon RX550
液晶種類 FHD IPS
FHD IPS タッチ
UHD (4K) IPS
HD
FHD IPS
質量 1.97kg 約2.1kg
バッテリー容量 32Wh+72Wh 45Wh
バッテリー駆動時間 約27時間 約13時間
サイズ 365.8[幅]x252.8[奥行]
x20.2[高さ]mm
369[幅]x252[奥行]
x19.95[高さ]mm
インターフェース Thunderbolt 3
USB Type-C
USB 3.0 x2
HDMI
有線LAN
LTE
SDカードスロット
USB Type-C
USB3.1 x2
USB 2.0
HDMI
有線LAN
microSDカードスロット
レビュー レビュー

日本での発売は微妙

ThinkPad T570が日本で発売されなかったので、後継となるT580も発売されるかどうかは微妙ですが、もし発売されたら購入してレビューします。もしレビューしたら、TwitterFacebookで連絡させていただきますので、よろしかったらフォローお願いします。

参考ページ

Lenovo Introduces Its Most Complete ThinkPad Portfolio with 2018 Lineup - Lenovo(外部リンク)

 

関連ページ

人気の15.6型ノートPCの比較 - the比較

レノボパソコン一覧 - the比較