会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > YOGA 310

レノボ YOGA 310の特徴

更新日:2017年12月6日

かなり低価格な2 in 1 パソコン

YOGA 310は、使用状況に合わせて、タブレットなどへ形状に変形できる、2 in 1のモバイルノートパソコンです。

YOGAシリーズには複数のモデルがありますが、YOGA 310は最も価格の安いモデルです。低価格のために、CPUとしてCeleronを搭載しており、バッテリー駆動時間もそれほど長くありません。

質量は、約1.35kgと、軽くはないですが十分持ち運べます。

また、ディスプレイとしてIPS方式のタッチパネルが採用されています。

ストレージは128GBのSSDです。HDDのように駆動部分がないため、耐振動性に優れ、モバイルパソコンとして持ち運びやすいでしょう。

価格は、直販モデルがクーポン適用で4万円台前半となっています。他に、量販店モデルもあるので、希望するものを選ぶことができるでしょう。

CPU Celeron N3350
メモリ 4GB
ストレージ SSD 128GB
液晶サイズ 11.6型ワイド
液晶種類 HD IPS タッチ 非光沢
質量 約1.35kg
バッテリー 約5.9時間
価格 4万円台~

 

YOGA 310の特徴

4つのモードで使用可能

YOGA 310は、ディスプレイを360度回転できるので、4つのモードでの使用が可能となっています。下の写真にあるように、スタンドモード、タブレットモード、テントモード、ラップトップモードの4モードです。

・スタンドモードでは、キーボードやタッチパッドでの誤操作を防ぐことができますし、画面が前面にくるので画面が見やすくなります。


スタンドモード

 

・タブレットモードでは、キーボードが外側に来るため持ちにくさはありますが、簡易的に立ち作業の時などに役立ちます。


タブレットモード

 

・テントモードでは、タッチ操作で使用するときの安定性が増し、操作しやすくなります。


テントモード

 

・ラップトップモードでは、通常のノートパソコンの形状ですが、ディスプレイを好みの角度で使用できます。180度開いてフラットな状態でも使用可能です。


ラップトップモード

 

このように自由な形で使用でき、最薄部が20.9mm、質量が約1.35kgとコンパクトなパソコンなので、気軽に持ち運ぶことができます。ただし、それほど軽量ではないので、タブレットモードで片手で長時間使用するのは難しいかもしれません。

2 in 1 PCとしてはかなり低価格

液晶が360度回転する2 in 1 パソコンは、高価な製品が多いのですが、YOGA 310は4万円台で購入できるのが大きなメリットです。

IPSディスプレイ搭載

YOGA 310は、ディスプレイとしてIPS方式のマルチタッチ対応ディスプレイを備えています。広視野角のIPSディスプレイなので、複数人での使用でも見やすさを確保できます。ただし、エントリーモデルということで、解像度はHDと低い点がデメリットです。


IPS方式で広視野角のディスプレイ

インターフェイス

YOGA 310は、インターフェイスとして、USB 3.0ポート1つ、USB 2.0ポート2つ、HDMI出力、マイクロホン/ヘッドフォン・コンボジャック、LAN端子、メディアカードリーダーを備えています。最新のUSB Type-Cポートは備えていませんが、既存の周辺機器の接続であれば、まあ十分構成と言えます。

USB 3.0ポートはPowerd USBとなっているので、PCを起動していなくてもUSB端子から、他のデバイスの充電ができます。いざという時には、モバイルバッテリー代わりになります。


Powerd USBを搭載

CPU性能の低さと、バッテリー駆動時間がデメリット

YOGA 310の大きなデメリットは、CPU性能の低さです。先日、約2万円で買えるドンキのPC「MUGA ストイックPC」が発売されましたが、そのPCよりも低い性能となっています。


Powerd USBを搭載

 

また、バッテリー駆動時間も短く、約5.9時間となっています。車の燃費表示と同じで、通常の使い方だと、実際にはもっと駆動時間は短くなるはずです。

ライバル機種との比較

YOGA 310と同じような、4モードでの使用が可能な2-in-1モバイルPCであるDELL Inspiron 11 3000の同じような構成と比較してみました。

ライバル機種との比較
  レノボ YOGA 310 DELL Inspiron 11 3000
CPU Celeron N3350 Pentium N3710
メモリ 4GB 4GB
ディスプレイ HD IPS タッチ HD タッチ
ストレージ 128GB SSD 128GB SSD
外形寸法 約295x205x20.9mm 291.6x201.9x20.9mm
質量 約1.35kg 約1.31kg
オフィス Home & Business Preminu Home & Business Preminu
価格 69,499円(税込)~ 64,241円(税込)
Inspiron 11 3000は15%オフクーポン適用時の価格です。

 

YOGA 310は、現在直販モデルが在庫なしになっているため、量販店モデルで比較をしています。

ほぼ同じ構成で、画面サイズは同じですが、Inspiron 11 3000はPentium N3710を搭載しており、CPUの性能は勝っています。YOGA 310はIPSディスプレイの点で勝っています。

それぞれ、クーポンの適用や価格変動で価格は上下するかもしれません。必要に応じて、他社のライバル機種と比較し必要とする性能を求めることもできるでしょう。

気軽さと価格がウリ

YOGA 310は、Celeron N3350を搭載しており、重めの処理には向いていませんが、SSDを採用することで、起動のスピードも改善されていますし、耐振動性にも優れています。

SSDの容量は128GBとあまり大きくはないものの、オンラインストレージを活用するなど工夫ができる方であれば、問題なさそうです。バッテリー駆動時間も、5.9時間とそれほど長くはありません。

あくまで軽作業しか行わないし、気軽に持ち運べるサイズと価格を重視するという使い方であれば、候補に入れてみるのはいかがでしょうか。

詳細・購入はこちら

【公式サイト】

レノボ(YOGA 310ページ)

 

 

関連ページ

2 in 1 PC/タブレットPCの比較 - the比較

レノボパソコン一覧 - the比較