会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ideapad 120S

レノボ ideapad 120Sの特徴

更新日:2017年11月9日

Celeronを搭載した、軽量・低価格のカジュアルパソコン

ideapad 120Sは、Celeronプロセッサーを搭載した、非常に低価格な11.6型の小型モバイルパソコンです。

仕事で使うにはスペック不足ですが、カジュアルシーンで使う場合は、この性能でも妥協できるケースもあると思います。

なにより、3万円台前半から購入可能であり、失敗してもいいやという気持ちで、気軽に買うことができます。

質量は、約1.15kgと非常に軽く、サイズもコンパクトなため、気軽に持ち運ぶことも可能です。

ディスプレイは、1366x768と低解像度ではあるものの、映り込みの少ない非光沢液晶を採用しています。

CPU Pentium N4200
Celeron N3350
メモリ 4GB
ストレージ HDD / eMMC / SSD
液晶サイズ 11.6型ワイド
液晶種類 1366x768 非光沢
質量 約1.15kg
バッテリー 約9.6時間
(Celeron搭載時)
価格 3万円台~

 

ideapad 120Sの特徴

Celeronプロセッサーの性能はかなり低い

ideapad 120Sは、高性能ではないものの、ネットサーフィン、ビデオストリーミングなどの軽動作に最適化され、低消費電力であるCeleronプロセッサーを搭載したモバイルパソコンです。

本製品で選択できるCeleron N3350とPentium N4200のベンチマークスコアを下に掲載します。なお、Pentium N4200搭載モデルは、現在、在庫切れとなっています。そのうち選択できるようになるかもしれません。

正直、Celeron N3350の性能は良くないです。現在販売されているCPUの中でも、かなり低いベンチマークスコアです。ただし、SSDを搭載すれば、体感速度は飛躍的に伸び、ネット閲覧、動画鑑賞程度ならなんとかなるスペックです。何かのアップデートなど、バックグラウンドで処理が走ると重く感じるかもしれませんが、低価格なモデルですので妥協しましょう。

Pentium N4200のほうは、Celeron N3350の2倍近く高性能になっています。このくらいの性能のほうがおすすめですが、価格はかなり上がるようです。

各CPUのベンチマーク
  Celeron N3350 Pentium N4200
Passmark - CPU Mark 1118 2020

Celeronを搭載することで、まずまずのバッテリー駆動時間

バッテリーは2セルしかありませんが、Celeron N3350を搭載することで、バッテリー駆動時間は約9.6時間と、そこそこの長さです。2セルバッテリーしか搭載していないことで、質量も比較的軽く、約1.15kgしかありません。

Pentium N4200を搭載した場合のバッテリー駆動時間はやや短くなり、約8.7時間となっています。

筐体の色を好みで選択可能

ideapad 120Sは、筐体の色をデニムブルー、ミネラルグレー、ブリザードホワイト、バレリーナピンクの4色から選択可能です。ただし、現在、直販サイトにおいてバレリーナピンクは扱っていませんでした。現段階では3色からの選択となりそうです。


左からミネラルグレー、ブリザードホワイト、デニムブルー、バレリーナピンク

オーソドックスなデザイン

ideapad 120Sの全体的なデザインは、よく言えばクラシックスタイルです。人によっては、ややシンプルに感じるかもしれません。ただし、ボディは非常に薄型で野暮ったさはありません。

画像を見ると、キーボードがかなり上部に配置されており、十分なパームレストスペースが取られています。11.6型の小型PCは、パームレストから手がはみ出ることが多いですが、本製品ならそれほどはみ出ないかもしれません。

また、ディスプレイは180度開くことが可能となっているようです。


180度開くことが可能なヒンジ

USB Type-Cポートも搭載したインターフェイス構成

ideapad 120Sはインターフェイスとして、USB Type-C ポート、フルサイズUSBポート x2、HDMI出力、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボジャック、microSDメディアカードリーダーを備えています。このサイズのモバイルパソコンとして十分の装備だと言えます。特に、USB Type-Cポートを備えているので、最近の周辺機器にも対応できることは利点となっています。


左側側面にUSB Type-Cポートを備える

なによりも価格が魅力的

価格は、 Celeron、500GB HDD搭載モデルが33,199円(税込)となっており、かなり低価格です。

また、Celeron、256GB SSDを搭載したモデルは、49,658円(税込)となっています。バッテリー駆動時間、動作の軽快さ、耐振動性を考慮すると、SSDを搭載し5万円を切っている、この構成がお勧めです。

詳細・購入はこちら

【公式サイト】

レノボ(ideapad 120Sページ)

 

 

関連ページ

モバイルノートパソコンの比較&おすすめ

レノボ ideapad 120S レビュー! 軽量コンパクトで安いモバイルノートPC - こまめブログ(外部リンク)