会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > ThinkPad X1 Carbon 2017(Gen5)と2016(Gen4)の比較

ThinkPad X1 Carbon 2017と2016の比較

更新日:2017年2月10日

2017年1月3日、レノボより、ThinkPad X1 Carbonの新モデル(2017モデル、Gen5)が発表、そしてついに、2017年2月8日、販売が開始されました。法人向け受注が2月8日から、Web販売が2月10日からとなります。

このページでは、旧モデル(2016モデル)と仕様を比較します。

ThinkPad X1 Carbon 2017モデルと2016モデルの比較
  ThinkPad X1 Carbon 2017 ThinkPad X1 Carbon 2016
カラー ブラック、シルバー ブラック
液晶 14.0型 WQHD IPS
14.0型 FHD IPS
14.0型 WQHD IPS
14.0型 FHD IPS
プロセッサー 第7世代インテルCore プロセッサー 第6世代インテルCore プロセッサー
メモリ 最大16GB (LPDDR3) 最大16GB (LPDDR3)
ストレージ 最大 PCIe NVMe SSD 最大 PCIe NVMe SSD
LTE 対応 非対応
ポート USB 3.1Type-C (Thunderbolt 3) ×2
USB 3.0 ×2
HDMI
microSD
microSIM
LAN(アダプタ使用)
Powered USB 3.0 ×1
USB 3.0 ×2
HDMI
miniDisplayPort
microSD
Lenovo OneLink+
バッテリー駆動時間 最大 約15.5時間(JEITA2.0計測)
メーカーのページによって、やや
駆動時間の記載は異なります。
最大 約9.8時間(JEITA2.0計測)
重量 約 1.12kg 約 1.18kg
横幅 x奥行 323.5mm x 217.1mm 333mm x 229mm
薄さ 15.95 mm 14.95-16.45 mm
価格 2月10日にWeb販売開始
購入はこちらから
約160,000円~

 

大きく変わった点は、LTEに対応している点です。日本でも対応するか不安でしたが、日本ページや公式Twitterで"対応"と書かれているため、日本でも対応するようです。これは、2017年大本命のモバイルノートPCとなることでしょう。

横幅と奥行のサイズが、それぞれ1cmほど短くなっている点も良いと思います。X1 CarbonはモバイルノートPCにしては大きな14型クラスPCであるため、少しでも横幅と奥行が短くなると、カバンに入れやすくなったり、新幹線や飛行機で使いやすくなります。また、横のベゼル幅が狭くなったことで、見た目もスタイリッシュです。

CPUは第7世代のインテルCore プロセッサーになりますが、第6世代とそこまで大きな差はないです。第7世代は、4K動画再生時の負荷が下がるというメリットも、モバイルノートパソコンには特に関係ないメリットでしょう。

重量はやや軽くなりましたが、わずかな差です。

シルバーのカラーが追加されました。個人的にはシルバーのカラーは指紋が目立たなくて好きですが、ThinkPadにシルバーはどうだろう・・・・とも感じます。

2月10日現在、ワイヤレスWAN(LTE)は、まだ選択できません。2月末頃に選択できるようです。

また、シルバーのボディカラーも、3月中旬以降にならないと選択できないようです。

また、WQHD液晶もまだ選択できません。

 

メーカーサイト:レノボ・ショッピング(ThinkPad X1 Carbon 2017)

関連ページ(内部リンク)

ThinkPad X1 Yoga 2017と2016の比較

ThinkPad X1 Tablet 2017と2016の比較

ThinkPad X1 Carbon 2016のレビュー - the比較

関連ページ(外部リンク)

レノボ・ショッピング ThinkPad X1 Carbon 2017 情報ページ

Lenovo Shows How “Different Innovates Better” at CES 2017

Specs for the ThinkPad X1 Carbon(PDF)