会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > Lenovo V310(15.6型)

レノボ Lenovo V310(15.6型)の実機レビュー

更新日:2016年9月11日

約4万円のPC

Lenovo V310(15.6型)は、約4万円から購入可能な15.6型ノートパソコンです。

Celeron 3855U搭載時が約4万円、Core i5-6200U搭載時が約6万円となっています。(価格は時期によって異なりますので、現在の価格は公式サイトをご覧ください)。

また、液晶が180度オープンする点も特徴です。

レビュー記事では、同社の安価なモデルideapad 100とも比較しています。


※レビュー機は当サイトでの購入品です

目次

Lenovo V310(15.6型)の基本スペック

Lenovo V310(15.6型)の基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2016年9月11日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
Celeron 3855UまたはCore i5-6200Uです。本機はCeleron 3855Uです。
グラフィックカード
CPU内蔵です。
 
液晶ディスプレイ
15.6型、HD(1366x768)、非光沢液晶です。
 
メモリ
4GBです。
 
ハードディスク/SSD
500GB HDDです。
 
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブです
 
バッテリー駆動時間
最大 約5.8時間(JEITA2.0)です。
 
その他
薄さ22.9mm、重量約2.05kgです。
 

特徴1 - 約4万円から購入可能

Lenovo V310(15.6型)は、約4万円から購入可能なノートPCです。

Celeron 3855U搭載時が約4万円、Core i5-6200U搭載時が約6万円となっています。執筆時点の2016年9月11日ではキャンペーンをやっており、Celeron 3855U搭載時で39,874円、Core i5-6200U搭載時で56,700円となっています。

なお、他の低価格ノートPCと比較したい場合は、下のバナーのリンク先もご覧ください。

格安ノートPCの比較

特徴2 - 液晶を180度オープン可能

本製品は液晶を180度開くことが可能です。

液晶があまり傾かない機種だと、座高が高い方や、パソコンを床に置いて使う方など、画面が見づらくなるときがあると思います。本製品であれば、このようなときでも液晶が見やすいです。

また、仕事で使う場合、テーブルの反対側に座っている人に、パソコンの画面を見せることが可能です。


液晶を180度オープン可能

ideapad 100との比較

レノボには、激安で人気のideapad 100という製品もあります。ここでは、Lenovo V310 (15.6型)とideapad 100について比較したいと思います(下表)。

Lenovo V310 (15.6型)と ideapad 100 の比較(2016年9月11日時点)
  Lenovo V310 (15.6型) ideapad 100
液晶 15.6型(1366x768)非光沢 15.6型(1366x768)光沢
CPU Celeron 3855U
Core i5-6200U
Celeron 3215U
Core i3-5005U
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 500GB 500GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ
重量 約2.05kg 約2.3kg
LAN 最大1000Mbps 最大100Mbps
その他 液晶が180度オープン
価格 Celeron 3855U:39,874円~

Core i5-6200U:56,700円~
Celeron 3215U:35,100円
Core i3-5005U:43,886円
レビュー レビュー

 

ideapad 100のほうが安価ですが、CPUの世代がやや古くなっています。また、細かな点としては、有線LANが最大100Mbpsしか出ない点、電源ボタンが押しにくい位置にある点、電源ポートの位置が奥側になくやや邪魔な点が、少し気になります。画面も光沢です。ただし、性能については、下表のとおり、Lenovo V310 (15.6型)で搭載可能なCeleron 3855Uよりも、ideapad 100で搭載可能なCeleron 3215Uのほうが、CPU性能のベンチマークスコアはやや高いです(※)。
※ちなみに、Celeron 3855UはSkylake世代、Celeron 3215UはBroadwell世代のCPUとなっており、Celeron 3855Uは、Celeron 3215UよりもややCPU性能は落ちるのですが、グラフィック性能は高くなっています。

Lenovo V310 (15.6型)は、価格ではideapad 100にかないませんが、液晶が180度オープンできる点と、重量がやや軽い点が利点です。ideapad 100で挙げたような欠点もありません。また、最も性能の良いCore i5-6200Uを搭載できる点もメリットです。

CPUの性能比較
  Celeron 3855U Celeron 3215U Core i3-5005U Core i5-6200U
上のCPUを搭載できるPC Lenovo V310 ideapad 100 ideapad 100 Lenovo V310
PassMark Performance Test - CPU Mark 1869 1896 2997 4005

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

15.6型の非光沢・HD液晶となっています。

視野角は狭いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、寒色系の画面であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は、やや狭いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状です。ギラつきは感じません。画素が大きいため、粒状感は感じます。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

実測で、キーピッチは約19cm x 19mm、キーストロークは約1.3mmです。キーはほぼフラットです。底つきの感覚は普通です。ファンクションキーはマルチメディア仕様になっており、通常のF1~F12を押したい場合、「Fn」キーと同時に押す必要があります。キー配列は、右側の「Atl」キーが無いことくらいで、後は普通です。

普通に打てるキーボードだと思います。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

 

タッチパッドの指の動かしやすさや、クリックボタンの押しやすさは普通です。クリック音はやや大きめです。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

本製品は、Celeron 3855Uを搭載したモデルと、Core i5-6200Uを搭載したモデルがあり、各CPUのベンチマークスコアは下表の通りです。ベンチマークスコアには2倍以上の差があり、Celeron 3855Uは、裏でWindowsの処理などが流れると重さを感じます。Core i5-6200Uのほうが快適です。

Lenovo V310(15.6型)で搭載できるCPUの性能比較
  Celeron 3855U Core i5-6200U
Passmark - CPU Mark 1869 4005

 

また、メモリが4GBしかありません。ブラウザのタブを多く起動するだけで、メモリ不足になる可能性があります。底面カバーは、外せないこともないですがやや外しにくいです。

ストレージもハードディスクのみです。SSDは選択できません。

全体的に、処理性能はそれほど高くありません。

Celeron 3855U、4GBメモリ、500GB HDD構成でのベンチマークスコアは次の通りです。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark v2

PCMark 8 - Home accelerated

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
  Celeron 3855U
x265でエンコード (※1) 2時間13分30秒
x264でエンコード (※2) 46分48秒
NVENCでエンコード (※3)
QSVでエンコード (※4) 21分38秒

ストレージのベンチマーク


500GB HDD

SDカードのベンチマーク


UHS-Ⅰ対応カード

 

 

 


  1 2 次へ
  目次