パソコンの比較

会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > レノボ > lenovo IdeaPad S10-2

lenovo IdeaPad S10-2 の評価レビュー

更新日:2009年8月18日

顔認証で簡単・セキュアログイン

lenovo IdeaPad S10-2 の特徴

2代目となるlenovoのネットブック、IdeaPad S10-2の評価レビューのページです。

IdeaPad S10-2の特徴は、顔認証でログインできるところです。

いちいちパスワードを覚える必要がないのでログインが楽です。 いままでパスワードを入力しないでデスクトップ画面が表示されていた人は、顔認証をすることでセキュアにPCを使うことができます。

性能面も、バッテリ駆動時間が約6時間、重さは約1.2kg、HDDは160GBと、満足のいく内容です。





ここがすごい! - 顔認証で簡単ログイン

他のネットブックにはないlenovo IdeaPad S10-2 の最大特徴は顔認証でログインできる点です。パスワードを覚える必要がないので楽です。 今までログインユーザ名とパスワードを入力しなくてもデスクトップが表示されていた人は、顔認証を用いることで、自分以外の人はパソコンが使えないようになります。そういう人にとってはセキュアな環境になります。

ただし、今までパスワード認証でログインしていた人は、セキュリティ強度が上がるわけではありません。右上の「×」ボタンを押すとパスワード認証でもログインできるためです。 そいう人は、利便性の向上のための機能と思ってください。 



顔の登録手順をみてみよう

ここでは、顔認証のための顔の登録手順を解説します。まず、 Lenovo VeriFace 認証 Ⅲ を起動します。すると、左の図のようなアプリケーションが起動します。
顔を認証するまえに、左の図のように認証時の注意事項について説明があります。
そして左の画面では実際に顔を登録します。 合計で5枚の静止画像を撮影されます。 1回撮影ボタンを押せば、連続で5枚撮られます。
以上で顔の登録は終了です。 どうですか、簡単でしょう?

ここがすごい! - 長時間バッテリ

lenovo IdeaPad S10-2のバッテリ駆動時間は、ミニノートの中でも長いほうです。

十分に充電した後、バッテリの残り時間を確認したところ6.16時間でした。尚、カタログ上のバッテリ駆動時間は、6時間です。

他のミニノートのバッテリ時間は約3時間程度なので、長いほうだと言えます。






その他の評価 - 10.1型の光沢液晶

液晶の大きさは、10.1型です。 今のネットブックの標準的な大きさです。

発色は綺麗です。動画を見てみましたが、色鮮やかで綺麗でした。

液晶の種類は光沢液晶です。 光沢なのでの左の図のように映り込みがあります。また斜めからみてみると視野角があまりよくないので、少し暗く見えます。

解像度は1024x600と以前より縦の解像度が広くなりました。 標準的な大きさになったので良いと思います。



その他の評価 - キーボードはまあまあ

キーボードを打った感覚は、まあまあです。キーピッチは、測ってみたところ約17.5mmとミニノートにしては広めで、打つときにそれほど窮屈さを感じませんでした。 打った感触は少し硬めで私は好きです。 以前のIdeaPadは、ピリオド(.)やセミコロン(;)のキーが小さく、ブラインドタッチだと打ち損じるときがあったのですが、今回のIdeaPad S10-2はこの2つのキーが大きくなって打ちやすくなりました。

「Ctrl」は左から2番目にあります。個人的には「Ctrl」キーをよく使うため、一番左端が良かったです。 でも「Fn」キーをよく使う人は、このキーボードのままのほうが使いやすいと思います。



動画を見て、CPUに少し負荷をかけたときの表面温度は下図の通りです。 温度はやや熱いといった感じです。本体が他社より薄いのでどうしても温度が熱くなりやすいのかもしれません。

裏面もやや熱かったですが、後ろのバッテリ部分が下へ出っぱている関係で、膝の上にのせても思ったよりは熱く感じませんでした。


※表面温度は、室内温度や負荷状況によって大きく変わるため参考程度にしてください。



その他の評価 - 静音性

音は静かです。騒音計で計測しても数dBしか上昇しません。 負荷をかけてもファンの音はそれほど気になりませんでした。



その他の評価 - 厚さと軽さ

バッテリ装着時の本体の厚さを計測してみたところ、前方が約27mmで、後方が39mmでした。メーカーHPに、18mmと書いてありますが、これはたぶん前方の一番薄いところだと思います。

バッテリが少し出っ張っており、カバンに入れるときに邪魔になります。 ただ、この出っ張りのおかげで、底面に空気が流れやすく放熱性は良いです。

重量については、1.2kgとミニノートだけあって軽いです。 ただし、他のミニノートと比較すると普通の重さです。



lenovo IdeaPad S10-2 のちょっとここが残念・・・

ここでは、他社のミニノートと比較して、ちょっと残念な点をまとめます。 スペックが低いとか、液晶が小さいとか、スタンダードなノートパソコンと比較して残念なところを書くのではなく、あくまで他社のミニノートと比較して残念な点を書きます。


1つ目は、バッテリを装着したときの部分の出っ張りです。せっかく本体は薄めなのに、バッテリを装着すると出っ張ってしまうのが残念です(右図参照)。 その代わり、バッテリ駆動時間が比較的長いです。


2つ目は、ディスプレイが右図の角度までしか開きません。 膝の上に IdeaPad S10-2をのせて操作していると、もう少し傾けたいのですが、ここまでしか開きません。

ちなみに、ミニノートは、高性能なモバイルノートと比較した場合、パフォーマンス、頑丈さ、バッテリ駆動時間が大きく劣ります。 ミニノートの性能に満足しない方は、こちらもご覧ください。





まとめ

まとめると、lenovo IdeaPad S10-2は、次のようなメリットがあります。

lenovo IdeaPad S10-2は、こんなあなたにおすすめです。





最後に、いくらミニノートといっても、セキュリティソフトは最低限インストールしましょう。