会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > 地デジ視聴ソフト ピクセラ StationTV X

HPパソコンに搭載のピクセラ StationTV X のレビュー

更新日:2010年11月11日
更新日:2012年08月05日
StationTV Xロゴ

安定度が高い地デジ視聴ソフト

HPのパソコンでテレビチューナーを選択すると、ピクセラ製のチューナー&視聴ソフト「StationTV X」が搭載されます。

視聴中にソフトがダウンするようなことが少なく動作が安定しているソフトです。

2010年11月11日に試用したときは、タイムシフトやDTCP-IPに対応していないなど不満点もありましたが、その後、アップデートを重ね、2012年8月4日に試用したときは、多くの機能が改善されていました。

今回、新しく追加された機能を追記・修正しました。

ここでレビューしているピクセラ StationTV Xは、HPのOEM製品です。製品単体で販売されている地デジチューナー付属のStationTV Xではございません。

機能はほぼ一緒ですが、ピクセラのメーカーサイトで、提供されているアップデータを、HPのStationTV Xへ適用することはできません。

視聴機能をチェック

視聴画面には、「マウス優先表示」と、「リモコン優先表示」という表示形式があります。マウス優先表示は、全画面でなくても表示ができ、他の操作をしながらテレビを視聴することができます。リモコン優先表示は、全画面になり、リモコンで操作しやすいように、操作文字が若干大きくなります。


操作画面 コメント
表示切換の画面
優先モードの切り替え

StationTV Xの「マウス優先表示」と、「リモコン優先表示」の切り替えは、画面を右クリックしてメニューを表示し「表示切換」で行います。なお、左図の「ウインドウ最小サイズ」と、「ウインドウ最大化」はマウス優先表示になります。

マウス優先表示

番組を視聴しながら、他の作業をすることができます。

リモコン優先表示

全画面で表示され、文字も大きく見やすいです。

 

StationTV Xは、データ放送や字幕放送に対応しています。また、以前はタイムシフトに対応していませんでしたが、現在はタイムシフトにも対応しています。

操作画面 コメント
タイムシフト(一時停止中)の画面

タイムシフトにも対応。視聴中に一時停止ボタンを押すことができ、そこからは再生や早送りなどを行うことがでます。

 

番組表のチェック

番組表は、全局を一覧で見ることができます。番組表を表示中に右下に視聴画面も表示されます。ただ、視聴画面はかなり小さく見づらいです。視聴画面の大きさを可変できるようにするか、または番組表と分離できるようにしてもらえれば良かったです。

「お好み」の設定により、番組表に好きなチャンネルのみ表示することができます。各テレビ局は、通常3つのチャンネルが割り当てられていますが、ほとんど同じ番組を放送しています。そのため「お好み」で1つのチャンネルのみを表示するように設定すると良いです。

番組表(地上Dを選択)
番組表「地上D」

「地上D」を選択した場合の画面。

番組表(お好みを選択)
番組表(お好み)

「お好み」を選択した場合の画面。


録画機能のチェック

最大10倍の長時間録画に対応しています。解像度を変えずに容量を小さく録画することができます。StationTV Xは長時間録画したときの画質の劣化も少ないです。

以前はキーワード録画に対応していませんでしたが、現在は対応しています。

操作画面 コメント
長時間録画の設定画面長時間録画画面

長時間録画をするには、録画の設定をするときに、画質を選べます。DR、HX、HS,HLとありますが、後者ほど容量を小さく録画できます。ただし、後者ほど画質はやや落ちます。

番組表のチェック
くりかえし録画の設定

番組詳細画面で、くりかえし録画の設定ができます。連ドラなどを録画するときに便利です。

キーワード録画にも対応しました。
ただし、設定方法が分かりにくいです。「番組表」を表示し、「メニュー」から「番組検索」選んで表示します。「詳細検索」ボタンを押し、条件(キーワード)を入力後、「条件を登録」ボタンを押します。番組検索画面に戻るので、検索条件欄に自分で登録した条件名を選び、「おまかせ予約」ボタンを押します。

録画番組一覧のチェック

録画した番組は、放送日やタイトルで並べ替えたり、ジャンルなどを指定して検索したりすることができます。また番組を選択すると右下に、番組が再生されるのも良いです。

以前は、リモコン優先表示でも、マウス優先表示でも、必ず全画面で表示されていましたが、現在は改善されています。マウス優先表示のときは、小さいウィンドウ画面で表示されます。

録画番組一覧
録画番組の一覧

録画番組一覧は、必ず全画面で表示されます。番組を選択すると右下に、番組が再生される点は良いです。

再生機能のチェック

スキップや早見再生(音声を聞きながら再生する機能)、ゆったり再生が可能です。録画中の番組を再生することも可能です。以前は出来なかったチャプター挿入、CMカットなどの編集機能や、見どころだけを抜き出して再生するダイジェスト再生機能にも対応しています。ただし、ダイジェスト再生は、番組のジャンルが「スポーツ」の場合のみとなっています。

操作画面 コメント
再生中の操作ボタン
再生画面

再生中に、下部の操作ボタンで、スキップや早見再生を行うことができます。

ダイジェスト再生

ダイジェスト再生にも対応しています。ただし、再生方法がやや分かりづらいです。「録画番組一覧」画面を表示後、「詳細」を押してから、「ダイジェスト再生」を選択します。

PSPへダビング可能

録画した番組を携帯電話やウォークマン、PSPへダビングすることが可能です。

特にPSPへのダビングは便利です。携帯電話で視聴するとバッテリの残量が気になりますが、PSPであればそれほどバッテリ残量を気にせずダビングした番組を視聴できます。

ダビングの方法は、「USB」でパソコンに接続し、StationTV Xで録画番組を選択し「書き出し」を選択後、「書き出し先」にPSPを選ぶだけです。簡単です。

PSPへのダビング

DTCP-IPの対応について

以前はDTCP-IPサーバには対応していませんでしたが、現在は対応しています。DTCP-IPクライアントソフトがインストールされたパソコン等から、StationTV Xで録画した番組を視聴することができます。

 

StationTV Xのまとめ・感想

以前は、タイムシフトやキーワード録画などに対応しておらず、操作性も悪い部分がありましたが、現在はかなり改善されています。他社にあってStation TV Xにはない機能というのは、ほとんどないと思います。

ただ、キーワード録画やダイジェスト再生などの後から追加された機能については、操作方法が分かりにくいところもあります。一度、マニュアルをよく見た方が良いでしょう。

Station TV Xが搭載されているHP製パソコンは、こちらをご覧ください。

HP Directplus オンラインストア