パソコンの比較

会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > HPE-280jp/CT

HP HPE-280jp/CTの評価レビュー

更新日:2010年7月21日

HPE-280jp/CTの後継機「HPE-380jp/CT」が発売されました。

後継機のレビューは、「HPE-380jp/CTのレビュー」をご覧下さい。



HPE-280jp/CT

 

 

「何でもやりたい!」
でも
「質が良く安いパソコンがいい!」

という贅沢(ぜいたく)な希望を持っている方におすすめなのが、
HPのHPE-280jp/CTです。

ネットはもちろん、ゲーム、動画編集、地デジ・BS・ブルーレイ視聴などなど何でもやりたいという方におすすめです。

CPUはCore i7、グラフィックボードはGTX260、地デジチューナーも選択可能、それでいて価格は15万円以下です。

ショップ系パソコンのほうが価格は安いかもしれませんが、安定しているパーツを用いて動作確認もきちんと取られているHPのパソコンのほうが後々トラブルは少ないです。少なくとも自作PCを作ったことがないならば、HPのようなメーカー製PCを買うほうが絶対に無難です。

HPは、メーカー製PCの中でトップクラスで安いです。品質も国内生産しているため非常に高くおすすめです。


HP HPE-280jp/CTの基本スペックをチェック

まずは、HP HPE-280jp/CTの基本スペックをチェックします。ただし、2010年7月21日現在の情報です。

CPU

CPU

CPUは、Core i5-750 ~ Core i7-870まで選択可能です。本機は、Core i7-870のCPUを搭載しています。

グラフィックボード

グラフィックボード

グラボは、Radeon HD 5770や、GeForce GTX260を選択可能です。本機はGTX260です。HD 5770を搭載すれば3画面表示可能です。

メモリ

メモリ

2~16GBまで選択可能です。今回搭載しているはメモリ16GBです。規格はPC3-10600です。

ハードディスク

ハードディスク

容量は500GB~2TBまで選択可能です。2 本搭載できRAID0RAID 1を構成できます。SATA 3GB、7200rpmのハードディスクです。

電源

電源

460W電源です。

地デジチューナー

地デジチューナー

ピクセラ製のW地デジチューナーを選択可能です。型番で調べてもヒットしないので、OEM専用だと思います。

拡張性

拡張性

拡張スロットはPCI Express x16が1スロット、PCI Express x1 が3スロット、そしてPCI Express x1 Mini Cardが1スロットあります。グラフィックボードにGTX260を搭載するとPCI Express x16と、PCI Express x1がそれぞれ1スロット埋まります。 地デジチューナーを搭載するとPCI Express x1が1スロット埋まります。無線LANを搭載するとPCI Express x1 が埋まります。


パフォーマンスのチェック - CPU、グラボとも高スコア

まずは、パフォーマンスをチェックします。結果を書くと、CPU、グラフィックともに高い性能がでました。

この位のスペックがあれば、大抵の作業はスムーズにできるでしょう。

詳細を次に見ていきます。

Windows エクスペリエンス インデックス

Windows エクスペリエンス インデックスは次の通りです。プロセッサのスコアは7.5、グラフィックスも7.1と非常に高いスコアです。ハードディスクは5.9ですがこんなものでしょう。ハードディスクのスコアに不満なら、RAID 0を組むこともできます。ただしRAID 0 は故障の際にデータが消えやすいのでおすすめはしません。

Windowsエクスペリエンス



下の表は、HPの省スペースデスクトップPC(s5450p/CT)との比較です。HPE-280jp/CTのほうが、グラフィックス関連のスコアが高いです。

Windowsエクスペリエンス インデックスの比較
製品名 HP Pavilion Desktop PC
HPE-280jp/CT
HP Pavilion Desktop PC
s5450jp/CT
基本スペック Core i7-870
GeForce GTX260
Core i7-870
GeForce GT320
Windows エクスペリエンス インデックス プロセッサ 7.5 7.5
メモリ(RAM) 7.5 7.5
グラフィックス 7.1 5.6
ゲーム用グラフィックス 7.1 6.5
プライマリハードディスク 5.9 5.9

PassMark Performance Test ベンチ

次は、PassMark Performance Testのベンチマーク結果です。こちらもHPE-280jp/CTはグラフィック関連のスコアで高い数値がでています。

HP HPE-280jp/CTのPassMark Performance Testベンチ
製品名 HP Pavilion Desktop PC
HPE-280jp/CT
HP Pavilion Desktop PC
s5450jp/CT
基本スペック Core i7-870
GeForce GTX260
Core i7-870
GeForce GT320
PassMark Performance Test CPU評価点 4883.0 4883.9
2Dグラフィック点数 478.4 404.4
メモリ点数 956.9 987.9
ディスク点数 492.8 449.9
CD点数 333.5 341.2
3Dグラフィック点数 952.6 561.1
パスマーク評価(完全な結果) 1800.5 1741.1

CrystalMark 2004R3 ベンチ

次は、CrystallMark 2004R3のベンチマークの結果です。こちらは、s5450jp/CTと比較して、スコアはそれほど変わりませんでした。

HP HPE-280jp/CTのCrystalMark 2004R3ベンチ
製品名 HP Pavilion Desktop PC
HPE-280jp/CT
HP Pavilion Desktop PC
s5450jp/CT
基本スペック Core i7-870
GeForce GTX260
Core i7-870
GeForce GT320
CrystalMark 2004R3 Mark 211598 203601
ALU(CPU性能) 54153 50069
FPU(CPU性能) 53101 49125
MEM(メモリ性能) 43238 42416
HDD(ハードディスク性能) 14762 13488
GDI(2Dグラフィック性能) 15544 15475
D2D(2Dグラフィック性能) 7836 7265
OGL(3Dグラフィック性能) 23964 25763

品質チェック! - 安心の国内生産

パフォーマンスが比較的高いことが分かったところで、次は品質のチェックです。

HPと聞くと、富士通やNECと違い、品質に不安がある方もいるのではないでしょうか?

でも、HPパソコンは大丈夫です。 東京(昭島)で生産されているため製品の品質は高いです。

また、世界シェアNo.1のメーカーであることからも、品質の高さがうかがえます。品質が低いのにシェアNo.1なんてありえませんから。

ショップ系PCと違い、パーツの動作確認がきちんと取られているため安心感もあります。

私もHP のデスクトップパソコンを所有していますが、元気に動いています。



ゲームは動く? - どのゲームも問題なし!

ゲームがどこまで動くか確認してみました。べらぼうに高いスコアではありませんが、現在出回っている一般的なゲームであれば、問題なくプレイできるスコアです。

HP HPE-280jp/CTのゲームベンチマーク
製品名 HP Pavilion Desktop PC
HPE-280jp/CT
HP Pavilion Desktop PC
s5450jp/CT
基本スペック Core i7-870
GeForce GTX260
Core i7-870
GT320
3DMark Vantage 1280*1024 9388 3356
3DMark06 1280*1024 15292 7304
THE LAST REMNANT 1920*1080 78.12 25.66
ファイナルファンタジー XI Low 10668 9512
デビルメイクライ4 1920*1080 RANK S RANK C
バイオハザード5 1920*1080 RANK S RANK C
Average FPS 93.4 27.6
モンスターハンターフロンティア 1920*1080 7588 2526

外観をチェック - 光沢のある美しいデザイン

HP Pavilion Desktop PC HPE-280jp/CTの外観です。HPのパソコンは、前面がピアノのように光沢があり非常に美しいです。光沢であるがゆえに指紋は付きやすいですが、ノートPCと違い、デスクトップPCに触ることはまれなので、全く問題ありません。

HPE-280jp/CTの正面

本体正面には、カードリーダ及びUSBポートがついています。光学ドライブは2基搭載することができます。DVD⇒DVDへコピーする人などに良いでしょう。また、光学ドライブは書き込み可能なブルーレイを選択することができます。

HPE-280jp/CTのアップ

 

GTX260でデュアルディスプレイ!

GeForce GTX260は、DVI映像端子が2つついているため、下図のようにデュアルディスプレイも楽しめます。

HPE-280jp/CTをデュアルディスプレイ

地デジ機能のチェック - ピクセラ製でGood!

HP HPE-280jp/CTは、地デジチューナーを選択可能です。地デジチューナーは評判の良いピクセラ製を使用しており、地デジの他にBS、110度CSも観ることができます。しかもダブルチューナーです。 ピクセラの地デジチューナーは、チャンネルの切り換えなどの動作が速いのが特徴です。リモコンも付属しテレビ感覚で録画やチャンネル切り替えを行えます。

欠点は番組表です。すべての番組を一覧表示できません。また、番組表が全画面表示されるため視聴しながら番組表をみることがきません。

以前レビューしたPIX-DT096-PE0と操作画面はほぼ一緒なので、詳細はそちらをご覧ください。


ピクセラ地デジチューナー


静音性をチェック - デスクトップとして普通

静音性

HP Pavilion Desktop PC s5450jpの静音性をチェックしました。ノートPCのように静かではありませんが、デスクトップとしてはこんなもの(普通)だと思います。

PCの電源をONにしたときの騒音は44.5dBでした。私の部屋を極力無音にしても41.1dBはあり、その差は+3.4dBでした。デスクトップとして普通の動作音だと思います。ちなみにノートパソコンだと、私の部屋の環境で+1.0dBくらいです。尚、無反響室で測定したわけではないので全く正確な値ではありません。値は参考程度にしてください。




ここもすごい - 着脱式のハードディスク

着脱式ハードディスク

みなさん、データのバックアップは何処へとっていますか? データのバックアップ先は大きなディスク容量が必要なため、外付けハードディスクが好まれて使われると思います。

しかし、外付けハードディスクって置き場所が邪魔になりませんか? HPのパソコンは、着脱式のハードディスクスロットを装備しています。このスロットに外付けハードディスク(HP Pocket Media Drive)を挿入することができるため、置き場所が邪魔になりません。 この外付けハードディスクはHP ダイレクトで購入できます。

HPのセパレート・デスクトップのラインナップ

HPのデスクトップパソコンは、他にも次のようなモデルがあります。 スリムなパソコンが欲しい人や、もっと安価なパソコンが欲しい人などは、別のモデルもお勧めです。

caption class="comp_cap2">セパレート・デスクトップPC の比較
ブランド名 HP Pavilion Desktop PC
モデル p6000シリーズ s5000シリーズ HPEシリーズ
型番 p6420jp/CT p6440jp/CT s5430jp/CT s5450jp/CT HPE-260jp/CT HPE-280jp/CT
本機
HPE-290jp/CT
画像
CPU ~Core 2 Duo ~Core i7 ~Phenom II X6 ~Core i7 Phenom II X6 ~Core i7 ~Core i7 エクストリーム
価格 非常に安い 非常に安い 安い 安い やや安い 普通
グラフィックボード ~GeForce GT320 ~GeForce GT320 ~GeForce GTX260 ~GeForce GTX260
RAID × ×
地デジ
特徴 価格が安く拡張性が高い スリム 高性能グラフィック 高性能CPU
こんな人向け 価格の安いPCが欲しい人 ゲームをしない人
初めてPCを買う人
設置スペースが少ない人
ゲームに地デジになんでもやりたい人 高スペックマシンが欲しい人

まとめ

以上が、HP Pavilion Desktop PC HPE-280jp/CTのレビューでした。ゲームに地デジ視聴に、動画編集に何でもやりたい人におすすめのパソコンです。HPのパソコンはコストパフォーマンスが高いため、きっと満足することでしょう。

まとめると、HP HPE-280jp/CT は、次のようなメリットがあります。

HPE-280jp/CT は、こんなあなたにおすすめです。


HPのパソコンは店頭ではなかなか売られていません。 購入はHP ダイレクト からどうぞ。

HP ダイレクト(キャンペーンページ)

尚、液晶ディスプレイについては、HP純正でも良いですし、他社のを購入しても良いです。セパレート・デスクトップの魅力は液晶を自由に選べることですから。 他社製をご検討の際は、「液晶ディスプレイの比較」も御覧ください。