会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > Spectre x2 > Surface Pro との比較

HP Spectre x2とSurface Pro との比較

更新日:2017年7月26日

 

キーボードカバーが着脱できる2 in 1 タブレットPCの2機種、「HP Spectre x2」と「Surface Pro」を比較します。どちらもタブレットとして使用することもでき、アクティブペンにも対応しています。

なお、日本HP様より製品をお借りして比較をしますが、「HP Spectre x2」が有利に見えるように書くつもりはなく、公平に評価していきたいと思います。なお、できるだけ数値で比較していますが、数値で優劣を決められない部分は、主観で評価している部分もあります。

液晶ディスプレイの比較

液晶ディスプレイは、どちらも見やすいです。

HP Spectre x2のほうが解像度がやや高いですが、Surface Proのほうが色域がやや広く、またカラープロファイルが用意されており、用途に応じて使い分けが可能です。一般用途ではどちらでもいいと思いますが、写真家やプロのイラストレーターなどは、色が正確なSurface Proのほうが良いと思います。

液晶ディスプレイの比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
画面サイズ 12.3型 12.3型
解像度 3000 x 2000 2736 x 1824
アスペクト比 3 : 2 3 : 2
最大輝度 388cd/m2(当サイト計測値) 420cd/m2(当サイト計測値)
視野角
用意されているカラープロファイル
ガンマ補正曲線
ガモット図

キーボードおよびタッチパッドの比較

キーボードについては、個人差があるとは思いますが、筆者はHP Spectre x2のほうがやや打ちやすいと感じます。

キーピッチは2機種ともほぼ同じですが、キーストロークはHP Spectre x2のほうがやや深いです。両機種とも極端におかしいキー配列はありません。

キーボードの比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
全体図

拡大図
キーピッチ 横:約18.7mm x 縦:約18.7mm(メーカー仕様値) 横:約19mm x 縦:約18.5mm(当サイト計測値)
キーストローク 約1.5mm(メーカー仕様値) 約1.3mm(当サイト計測値)

 

キーボードカバーを装着するタイプの製品は、キーボードの下に空間ができるため、キーを押すとキーボード全体がやや"たわみ"ます。両機種とも"たわみ"はありますが、HP Spectre x2のほうがやや"たわみ"は少ないです。以下に動画を用意したのでご覧ください。

キーボードのたわみの比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
たわみ

スタンドの性能の比較

キックスタンドは両機種とも、最大"165度"開くと、メーカーサイトには書かれています。

しかし、実際に最大角度を比べてみると、Surface Proのほうが大きく開きます。

実際に分度器で計測してみると、HP Spectre x2は約163度で、ほぼメーカー仕様値と一緒でしたが、Surface Proは約175度まで開くことができ、よい方向に仕様値とは数値が異なりました。 スタンドが開くことができる最大の角度はSurface Proのほうが大きかったです。

バッテリー駆動時間の比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
最大角度

 

次に、スタンドを最大まで開いたときに、画面にタッチすると、どのくらい揺れるのかを確認しました。

下の動画をご覧いただければわかる通り、Surface Proはやや揺れますが、HP Spectre x2はほとんど揺れません。HP Spectre x2はスタンドが細いので一見、華奢に見えますが、実際にはHP Spectre x2のほうが安定感がありました。タッチするときやペン入力するときは、揺れがないほうが作業しやすいと思います。

液晶の揺れの比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
画面の揺れ

ペン性能の比較

ペン性能はSurface Proのほうが優秀です。

どちらのペンもMicrosoft Pen(N-Trig)ですが、HP Spectre x2は筆圧検知が1,024段階で、傾き検知には非対応であるのに対し、Surface Proは筆圧検知が4,096段階と高く、傾き検知にも対応しています。

ペン性能の比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
筆圧検知 1,024段階 4,096段階
傾き検知
非対応 対応

バッテリー駆動時間の比較

バッテリー駆動時間は、Surface Proのほうが長いです。

搭載しているバッテリー容量が多いですし、メーカー仕様値も、当サイトで実際に駆動時間を計測しても、Surface Proのほうが長かったです。

バッテリー駆動時間の比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
バッテリー容量 約38Wh 約45Wh
駆動時間(仕様)
約8時間
(MobileMark 2014)
13.5時間
(ビデオ再生時)
PCMark 8 Home テスト※1 i5 モデル:3時間12分 i5 モデル:5時間13分
※1 当サイトによる計測値

質量の比較

質量は、キーボードやACアダプターも考慮すると、Surface Proのほうが軽いです。

タブレット本体のみの質量は、インテル Iris Pro グラフィックス 640を搭載したモデル同士で比較した場合、HP Spectre x2のほうが軽いです。ただし、「Surface Proのm3 モデル、i5 モデル」と、「HP Spectre x2」を比較した場合は、 前者のほうが軽いです。

また、キーボードカバーおよびACアダプターもSurface Proのほうが軽いです。

質量の比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
タブレットのみ 約775g
(メーカー仕様値)
m3モデル:約768g
i5 モデル:約770g
i7 モデル:約782g
(メーカー仕様値)
キーボード 約365g
(当サイト計測値)
約302g
(当サイト計測値)
ACアダプター 約230g(当サイト計測値)※1 約221g(当サイト計測値)
※1 ダックヘッド搭載時

薄さの比較

薄さはほぼ同等です。

薄さの比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
タブレットのみ
タブレット+
キーボード

パフォーマンス(処理性能)の比較

パフォーマンス(処理性能)は搭載するパーツによって性能が変わります。MAX構成にした場合は、ほとんど差はないです。

最も高性能なCPUを搭載した場合、HP Spectre x2はCore i7-7560Uで、Surface ProはCore i7-7660Uとなり、わずかにSurface Proのほうが性能が高いです。

ただし、注意したいのは、Surface Proのi5 モデルとm3 モデルはファンレスで、当サイトでi5 モデルでエンコードをしたところ、数十分後にサーマルスロットリングが発生しました。短時間の負荷であればCPUのクロックダウンは起こりませんが、長時間の負荷の場合、CPUの性能を十分に発揮できない可能性があるためご注意下さい。

ストレージに関しては、どちらもPCIe NVMe SSDを搭載していますが、HP Spectre x2は最大 約3,000MB/sであるのに対し、Surface Proは最大 約1,600MB/sとなっており、HP Spectre x2のほうが高速です。

仕様の比較

仕様の比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
CPU (1) Core i7-7560U (1) Core i7-7660U
(2) Core i5-7260U (2) Core i5-7300U
(3) Core m3-7Y30
グラフィックス (1) インテル Iris Pro グラフィックス 640 (1) インテル Iris Pro グラフィックス 640
(2) インテル Iris Pro グラフィックス 640 (2) インテル HD グラフィックス 620
(3) インテル HD グラフィックス 615
メモリ 8 ~ 16GB 4 ~ 16GB
ストレージ 512GB ~ 1TB SSD
(PCIe NVMe M.2)
128GB ~ 1TB SSD
(PCIe NVMe M.2)

CPU性能の比較

以下は、搭載できるCPUの一般的なベンチマークスコアを比較したものです。

なお、ベンチマークスコアはPassmarkのサイトから引用しており、実機でのベンチマークスコアはやや異なります。

CPU性能の比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
PassMark
CPU Mark

 

以下は、実機にて計測したベンチマークスコアです。CPU関連のスコアのみ掲載しています。最も高いベンチマークだったのは、やはりCore i7-7660Uです。Core i5-7260Uは思ったほどスコアが良くなく、Core i5-7300Uより悪いスコアもありました。一方、Core i5-7300Uは、長時間負荷を加えるとサーマルスロットリングが発生したため、エンコード時間のみ異様に長かったです。

CPU性能の比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
Core i5-7260U Core i5-7300U Core i7-7660U
Passmark 9.0
[CPU MARK]
5908 5194 6469
CINEBENCH R15
[CPU マルチコア]
335 cd 365 cd 363 cd
3DMark Cloud Gate
[Physics score]
3586 3457 3890
3DMark Sky Dirver
[Physics score]
4551 4604 5067
エンコード時間
x265
51分09秒 1時間4分6秒 42分56秒

グラフィック性能の比較

以下は、ストレージのベンチマークスコアを実際に計測したものです。CPUやメモリの性能も絡むので、同じインテル Iris Pro グラフィックス 640を搭載していても、ベンチマークスコアはやや異なります。Core i7-7660Uを搭載した場合が、最もベンチマークスコアが高いです。

ストレージ性能の比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
Core i5-7260U Core i5-7300U Core i7-7660U
Iris Pro 640 HD 620 Iris Pro 640
3DMark Cloud Gate
[Graphics score]
8238 6616 10084
3DMark Sky Dirver
[Graphics score]
3826 3413 4957
CINEBENCH R15
[OpenGL]
53.08 fps 38.17 fps 59.96 fps

ストレージ性能の比較

以下は、ストレージのベンチマークスコアを実際に計測したものです。

シーケンシャルリード&ライトを比べた場合、HP Spectre x2のほうがSurface Proより約2倍スコアが高いです。4Kアクセスについても、リードはそれほど変わりませんが、ライトはHP Spectre x2のほうが非常に速かったです。

ストレージ性能の比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
CrystalDiskMark

LTEの比較

Surface Proは、2017年秋ごろに、LTE対応モデルが発売予定です。

一方、HP Spectre x2はLTEモデルを発売する予定はありません。

ストレージ性能の比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
LTE 非対応 対応モデルあり

静音性の比較

静音性は、Surface Proのファンレスモデルを選べば、Surface ProのほうがHP Spectre x2 よりも静かです。Surface Proのファンありモデルの場合は、どちらも同等程度の動作音です。

Surface Proは、i7モデル、i5モデル、m3モデルの3種類がありますが、インテル Iris Pro グラフィックス 640を搭載したi7 モデル以外は、 ファンレスになっています。そのため、i5 モデルとm3 モデルはほとんど動作音がしません。

一方、HP Spectre x2は、インテル Iris Pro グラフィックス 640を搭載したモデルしかなく、その影響でファンレスモデルはありません。

ファンレスのSurface Proの「i5 モデルおよびm3 モデル」と、HP Spectre x2を比較した場合は、Surface Proの「i5 モデルおよびm3 モデル」のほうが静かです。

ファンありのSurface Proの「i7 モデル」とHP Spectre x2の騒音値は下図の通りです(なお、無響室での計測ではないため数値は不正確です。相対的な比較のみお願いします)。どちらもほぼ同等の動作音でした。

静音性の比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
i7 モデル
アイドル時
エンコード時

パーツの温度の比較

パーツ(CPU)の温度は、ほぼ同じです。

なお、i5 モデルのエンコード時の温度が低めに感じるかもしれませんが、これはサーマルスロットリングが発生し、CPU負荷が80%程度に抑えられているためです。

CPU温度の比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
i5 モデル i7 モデル
アイドル時
エンコード時

表面温度の比較

表面温度はそれほど変わらないです。

表面温度の比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
i5 モデル i7 モデル
アイドル時
エンコード時

インターフェースの比較

インターフェースは、一長一短ですが、汎用性はHP Spectre x2のほうがあると思います。

HP Spectre x2は、USB 3.1 Type-Cポートを2つも搭載しています。このポートはPCの充電から、USB機器の接続、映像の出力など多くをこなせるポートで、対応している周辺機器なども続々出ています。今後はこのポートが主流になると思われます。USB Type-Cポートの他にはmicroSDカードスロットとヘッドホンがあります。micro SDカードは、ピンが無いと取り出せないのでやや不便です。

Surface Proは、USB3.0、Mini DisplayPort、microSDカードスロットとヘッドホンがあります。フルサイズのUSB3.0ポートがあるのはいいと思いますが、最新規格のType-Cポートがない点が、HP Spectre x2よりも見劣りします。

インターフェースの比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
インターフェース


価格の比較

両機種とも選べるCPUが異なるため、価格を比較しにくいのですが、最も性能が近いHP Spectre x2の「Core i7-7560U」を搭載したモデルと、Surface Proの「Core i7-7660U」を搭載したモデルを比べると、HP Spectre x2のほうがかなり安いです。しかも、HP Spectre x2はキーボードカバーとペンが付属します。

価格の比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
モデル1 モデル2 モデル1 モデル2 モデル3
CPU Core i5-7260U Core i7-7560U Core m3-7Y30 Core i5-7300U Core i7-7660U
メモリ 8GB 16GB 4GB 8GB 16GB
SSD 512GB 1TB 128GB 256GB 1TB
キーボード 付属 別売り
ペン 付属 別売り
価格
175,824円 219,024円 114,264円 158,544円 341,064円

 

さらに、こちらの当サイト限定クーポンを利用することで、HP製品の場合は7%OFFで購入することが可能です。

クーポン

外観の比較

外観は、個人的にはHP Spectre x2のほうが、煌びやかで高級感があり好きです。

ただし、逆にこういったデザインが苦手な人もいるとは思います。

外観の比較
  HP Spectre x2 Surface Pro
正面
背面

まとめ

以上の結果を簡単にまとめます。

HP Spectre x2は、デザイン性に優れ、コストパフォーマンスも高い製品です。キーボードカバーが"たわみ"にくく、比較的タイピングしやすいのもメリットです。タッチ操作するときも、画面が揺れにくいのでやりやすいです。USB Type-Cポートを搭載している点も嬉しいです。

一方、Surface Proは、バッテリー駆動時間が長く、LTE対応モデルも発売予定で、モバイル機としてはこちらのほうがスペックは上です。また、ペン性能も優れています。文字や図を書く程度ならHP Spectre x2でも十分だと思いますが、イラストを描く方にはSurface Proのほうが良いと思います。

外観の比較
  HP Spectre x2
Surface Pro
液晶ディスプレイ
キーボードおよびタッチパッド
スタンドの性能
ペン性能
バッテリー駆動時間
質量
薄さ
パフォーマンス(処理性能)
LTE対応 非対応 対応モデルあり
静音性
モデルによる
パーツの温度
表面温度
インターフェース
価格
外観
(主観です)

 

詳細はこちら
HP Spectre x2の購入はこちら:HP ダイレクトプラス
Surface Proの購入はこちら:マイクロソフトストア