パソコンの比較

会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > Pavilion Power 580

HP Pavilion Power 580の展示機レビュー

更新日:2017年7月13日

 

2017年7月13日、日本HPより、ミドルクラスのミニタワー・デスクトップPC「HP Pavilion Power 580」が発表されました。ゲーミングデスクトップPCの「OMEN by hp」シリーズが発売されてから、1つ下のランクのPCが無い状態が続いていましたが、ようやくミドルクラスのPCが発売されました。

そこそこのスペックで、クリエイティブな作業やゲームもできながら、価格も抑えられた人気が出そうな構成です。

HP Pavilion Power 580の特徴は次の通りです。

HP Pavilion Power 580の特徴

GeForce GTX 1060(3GB)の実力

GeForce GTX 1060は、GeForce GTX 10シリーズの中ではミドルクラスのグラフィックスです。フルHD(60Hz)の液晶ディスプレイであれば、多くのゲームが"高め~最高"のグラフィック品質設定でゲームができるでしょう。

なお、GTX 1060にはメモリが6GBのものと3GBのものがあり、本機は3GBとなっています。最新のゲームは割とグラフィックメモリを食ううので、グラフィック品質設定を高くしすぎると、メモリ不足になるゲームがあるかもしれません。

GeForce GTX 1060(3GB)の各ゲームのフレームレートについては、下のページを参考にしてください。

PCゲームベンチマーク一覧

外観のチェック

最近のHP製デスクトップPCに多い、センターラインに光学ドライブを配置したデザインです。

黒を基調にして、(写真だとわかりずらいですが)HPのロゴやポートのマークなどがグリーンになっています。シンプルで落ち着きがある外観であるものの、グリーンのアクセントを取り入れることで個性を出しています。

 

フロント面にはヘッドホン、メモリカード、USB 3.0 Type-C、USB3.0のポートがあります。

 

光学ドライブはスリムタイプとなるため、通常の3.5インチベイ搭載の光学ドライブよりもやや書き込みが遅いと思われます。ただ、再生速度はどれも一緒ですし、書き込みもそこまで極端に遅いわけではありません。

 

天面はフラットです。電源ボタンも天面にあります。

 

側面です。

 

背面です。電源ユニットは上部に配置されています。また、マザーボードが通常とは反対向きに取り付けられています。

スペック

HP Pavilion Power 580のスペックです。

Core i7-7700、GeForce GTX 1060 (3GB)と、人気のある構成になっています。

ちなみに、メーカーサイトを見ると、「HP Pavilion Power 580-070jp」と書かれていたり「HP Pavilion Power 580-000jp」と書かれていたりややこしいですが、今のところはすべて同じ機種を表します。正確にはWindows 10 Home搭載のモデルが「580-077jp」、Windows 10 Pro搭載モデルが「580-078jp」となります。

スペック
  HP Pavilion Power 580
CPU Core i7-7700
メモリ 16GB(PC4-19200)
グラフィックス GeForce GTX 1060 (3GB)
ストレージ 256GB SATA SSD + 2TB HDD
光学ドライブ DVDライター
価格(税抜) Windows 10 Home:158,000円
Windows 10 Pro:166,000円

 

詳細はこちら
メーカーサイト:HPダイレクトプラス(Pavilion Power 580)
クーポン