会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > OMEN by HP 15-ce000

HP OMEN by HP 15(15-ce000)の実機レビュー

更新日:2017年9月13日
HP OMEN by HP 15

Max-Q、120Hz、G-SYNCの3つに対応

本製品は、Max-Q Designの15.6型ゲーミングノートPCです。GeForce GTX 1060の専用グラフィックスを搭載しながら、高さ28.5mmと薄いボディを実現しています。

液晶は、120Hz駆動およびG-SYNC対応で、滑らかで、ティアリングやカク付きも低減された見やすい液晶です。

この豪華機能で、179,800円(税抜)~という価格です。他社PCなら20万円は超えていると思います。


※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

HP OMEN by HP 15の基本スペック

HP OMEN by HP 15の基本スペックをチェックします。公式サイトにはOMEN by HP 15-ce000シリーズと書かれているケースもあります。特徴的な部分は赤字にしています。※2017年9月12日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
HシリーズのCore i7-7700HQです。
 
グラフィックカード
NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)with Max-Q Design グラフィックスです。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイド、120Hz駆動G-SYNC対応フルHD非光沢IPS液晶です。
メモリ
DDR4のメモリを16GB搭載しています。
 
M.2 SSD
PCIe接続の256GB M.2 SSDを搭載しています。
2.5インチ ストレージ
1TB HDDを搭載しています。
 
光学ドライブ
光学ドライブは非搭載です。
 
その他
質量は約2.63kg、薄さは28.5mmです。バッテリー駆動時間は約5時間です。

特徴 - Max-Q Designの120Hz+G-SYNC対応ゲーミングノート

Max-Q Design採用で薄型ボディ

Max-Q Designとは、簡単に言えば、「超高性能なグラフィックスを積んでいるのに、超薄いノートPC」のことです。グラフィックスは効率を無視してフル稼働するのではなく、電圧効率を考えながら動作します。そのため、発熱が抑えられ、高性能グラフィックスを搭載しつつも、ボディを薄くすることができます。

本製品も、下図のように薄いボディとなっており、手でつかみやすく、カバンに入れてもかさばりにくいです。

HP OMEN by HP 15の薄型ボディ
薄型のボディ

 

Max-Q Designは、メディアの記事を読むと、ノートPC自体の設計を指す場合と、グラフィックスのみの設計を指す場合があり、やや曖昧な印象を受けます。Max-Q Designの詳細については、下のページを参考にしてください。

「Max-Q Design」は何故薄型ボディにGeForce GTX 1080が搭載できるのか

マイナビニュースのMax-Qデザインについて解説した記事です。薄型ゲーミングノートPC向けのデザインプラットフォーム「Max-Q Design」について書かれています。

 

OMEN by HP 15で実際にゲームをしたとき、発熱と消費電力は、他社の同スペックのゲーミングノートPCよりも抑えられているように感じました。ただし、(おそらく)Max-Q Designの影響で、GPUに高い負荷がかかっているときのゲームフレームレートは他のPCよりもわずかに低めでした。ただ、極端にフレームレートが下がっているわけでもないため、実用上はそこまで問題はないと思います。

温度や、消費電力、フレームレートの詳細は「パーツの温度のチェック」や「消費電力のチェック」、「ゲームベンチマーク」をご覧ください。

NVIDIAの考えるMax-Q Designの最終的な目標は、”高性能なのに、持ち運びにも便利なPC"であると思っています。HP OMEN by HP 15は、薄型で持ちやすいのですが、質量が約2.63kg(メーカー公表値)とそこまで軽くありません。2kg台前半に抑えられていれば、良かったと感じました。

120Hz + G-SYNC対応で見やすい画面

HP OMEN by HP 15は、120Hz駆動やG-SYNCに対応したゲーミングノートPCです。

120Hz駆動とは?
120Hz駆動とは、1秒間にフレームを120回描画して映像を流すことです。通常の液晶は60Hzのリフレッシュ―レートであるため、120Hz駆動の液晶は、2倍ものフレームを描画することができ、とても滑らかな映像を出力することが可能です。

G-SYNCとは?
G-SYNCとは、GPU側の可変フレームレートに合わせて、ディスプレイ側のリフレッシュレートも動的に変更する技術で、ティアリングやカク付き(スタッター)を抑えることが可能です。ティアリングとは横に線が入り上下の映像が少しズレる現象で、カク付きとは、映像フレームの表示が遅れ、カク付いてみえる現象です。

 

デスクトップPC用の液晶モニターは、144Hzや240Hzなどの高リフレッシュレートに対応した製品をよく見かけますが、ノートPCで、高リフレッシュレートに対応した製品は少ないです。しかも、その中で、HP OMEN by HP 15は筆者が知る限り、最も安価な製品です。

120Hz駆動 + G-SYNC を有効にしてゲームをしてみましたが、通常のゲーミングノートPCに比べて、ヌルヌルした映像で、ティアリングも感じず、ゲームにより没頭できます。

1秒間に120フレームを描画するには、グラフィック側で120 fps 以上のフレームレートが出ることが好ましいですが、本製品は、120 fps出ないゲームが多くあります。ただし、120 fpsは出なくても、ゲームのグラフィック品質設定を"高め"にしても、80 fps前後のフレームレートなら出ます。1秒間に80フレーム程度を描画する映像を見ることはできるため、普通のゲーミングノートPCよりは滑らかに感じられることでしょう。

HP OMEN by HP 15の120Hz対応液晶
120Hz + G-SYNC対応で見やすい映像

ダブルストレージ

OMEN by HP 15は、M.2 SSDと2.5インチ HDDのダブルストレージ構成になっています。

しかも、M.2 SSDは、SSDの中でも高速なPCIe-NVMe 接続となっています。

M.2 SSDの容量は、256GBです。この容量だと、5、6個ゲームをインストールすると、容量がいっぱいになる可能性があるため、2.5インチ HDDは、自分でSSDに交換してもいいと思います。2.5インチ HDDにはOSが入っていないため、ただ取り換えればいいだけなので簡単です。底面カバーもそれほど苦労なく開けることができます。

HP OMEN by HP 15の内部
ダブルストレージ構成が可能

ゲームベンチマーク

HP OMEN by HP 15のゲームベンチマークスコアを下表に掲載します。

参考までに、同じCPU&グラフィックスを搭載した他社のゲーミングノートPCのスコアも掲載しています。また、G-SYNCをオンにするとフレームレートが下がるケースがあるため、G-SYNCはオフにして計測しています。

本製品と、他社ノートPCと比べると、グラフィック品質設定を"低め"にしたときや、軽いゲームを実行したときは、ほぼ同じフレームレートでしたが、グラフィック品質設定を"最高"に設定したときや、重いゲームを実行したときは、本製品のフレームレートのほうがやや低めのように感じられました。おそらくMax-Q Design対応グラフィックスの影響だと思います。

また、本製品は120Hz駆動の液晶を搭載していますが、"低め"のグラフィック品質設定で、やっと120 fpsが出るか出ないかといったスコアでした。"低め"のグラフィック品質設定だと画質が悪くなるため、120Hzで描画できても、映像としてはイマイチです。

ただし、120Hzは出ないものの、80 fps程度なら、"高め"のグラフィック品質設定でも出るゲームが多いです。1秒間に80フレームくらいの描画なら、他のゲーミングノートPCよりも滑らかに感じると思います。また"高め"のグラフィック品質設定であれば、十分綺麗な画質です。この辺りが落としどころの設定だと思います。

ゲームベンチマーク(解像度設定:1920x1080)
ゲーム一覧 HP
OMEN by HP 15
他社
ゲーミングノートPC
重さの目安 ゲームタイトル グラフィック
品質設定
Core i7-7700HQ
GeForce GTX 1060(6GB)
Core i7-7700HQ
GeForce GTX 1060(6GB)
重いゲーム ゴーストリコン ワイルドランズ 91 fps 97 fps
57 fps 63 fps
ウルトラ 33 fps 36 fps
中程度の
重さのゲーム
FF 14 紅蓮のリベレーター 標準品質 ★ 14496 (非常に快適) 106 fps 13570 (非常に快適) 101 fps
高品質 ★ 12448 (非常に快適) 87 fps 12225 (非常に快適) 87 fps
最高品質 9893 (非常に快適) 67 fps 10348 (非常に快適) 71 fps
フォーオナー 136 fps 146 fps
86 fps 98 fps
超高 62 fps 71 fps
STEEP 最低 100 fps 102 fps
71 fps 78 fps
超高 50 fps 56 fps
ライズオブトゥームレイダー 最低品質 127 fps 119 fps
中品質 83 fps 88 fps
最高品質 62 fps 68 fps
ファークライ プライマル 低い 94 fps 93 fps
高い 70 fps 74 fps
最高 53 fps 57 fps
軽めのゲーム ドラゴンズドグマオンライン
最高品質 10418 (とても快適) 9408 (とても快適)
PSO2 EP4 描画:6 28419 (快適) 20288 (快適)
モンハン F 第三弾(大討伐) 20988 23651
ドラゴンクエストX 最高品質 16525 (すごく快適) 15922 (すごく快適)
★ノートPCの場合は「標準品質(ノートPC)」と「高品質(ノートPC)」の設定にしています。
※フレームレート(fps)の掲載値は、平均値です。最小値や最大値ではありません
※CPUやメモリなどの環境によってスコアが変わる点はご了承ください。
※ドラゴンズドグマオンラインは、約5800スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※バイオハザード6は、約9000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)は、約6000スコアで平均60fps(当サイト調べ)
※ドラゴンクエストXは、約5500スコアで平均60fps(当サイト調べ)

 

GPU-Zで確認したGeForce GTX 1060(6GB)の情報は次の通りです。


グラフィックカードのスペック

 

その他のゲームのフレームレートについては、下のページを参考にしてください。他のPCで計測した結果ではありますが、鉄拳7、バイオハザード7、オーバーウォッチなどのフレームレートについても掲載しています。

PCゲームベンチマーク一覧

液晶ディスプレイのチェック

HP OMEN by HP 15の液晶ディスプレイのチェックです。

まず、視野角は広いです。

HP OMEN by HP 15の画面
視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色と緑色がやや強調されていることが分かりますが、強調具合はわずかですので、ほぼ気になりません。自然な発色だと思います。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域はノートパソコンの割には広いです。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

非光沢液晶ですので、画面への映り込みは低減されています。


画面への映り込み

 

画面の拡大図です。若干ギラつきを感じる点が残念です。ただ、気にならない方がほとんどだとは思います。


画面拡大

キーボードおよびタッチパッドのチェック

HP OMEN by HP 15のキーボードとタッチパッドのチェックです。

キーボードは、キーピッチが約18.7mm x 18.7mm、キーストロークが約1.5mm(メーカー仕様表より)となっており、標準的な数値です。キートップはほぼフラットですが、押すときに適度な抵抗感があり、底付きの衝撃も軽減されており、比較的打ちやすいキーボードだと思います。

26キー ロールオーバーアンチゴースト機能を搭載し、素早く同時にキー入力しても、正確に認識されます。また、ゲーム中に使う「WASD」キーのみ赤くなっており、かなり分かりやすいです。

HP OMEN by HP 15 キーボード
キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2


キーの拡大図3


キーの拡大図4

 

バックライトキーボードも搭載しています。Fn+F4キーを1回押すと、すべてのキーが点灯します。もう一度同じボタンを押すと、WASDキーのみが点灯し、それ以外のキーは消灯します。


キーボードバックライト(1段階目)


キーボードバックライト(2段階目)

 

タッチパッドは広めです。指の動かしやすさは普通です。クリックボタンは独立しており、また軽い力で押せるため、非常に押しやすいです。

HP OMEN by HP 15のタッチパッド
タッチパッド

パフォーマンスのチェック

HP OMEN by HP 15のパフォーマンスのチェックです。

CPU

HP OMEN by HP 15は、ゲーミングノートでよく採用されるCore i7-7700HQを搭載しています。ゲームだけでなく、動画編集などにも使えることでしょう。

HP OMEN by HP 15のベンチマーク
CPUの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

グラフィックス

グラフィックスにはGeForce GTX 1060(6GB)を搭載しています。売れ筋のグラフィックスです。


グラフィックスの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

ストレージ

ストレージは、PCIe-NVMe SSDとHDDを搭載しています。


ストレージの選び方(筆者の独自判断)
※灰色のバーのパーツは、本製品では選択できません

HP OMEN by HP 15で計測したベンチマーク

以下、本製品で計測したベンチマーク結果を掲載します。

PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i7-7700HQ
3DMark
(主にグラフィックス、CPU性能の評価)



Core i7-7700HQ、GeForce GTX 1060(6GB)
VRMark
(VRが快適に動作するかの評価)

※Target frame rateを超えれていれば快適に動作
Core i7-7700HQ、GeForce GTX 1060(6GB)
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENC、QSVが主にグラフィックス性能評価)
  Core i7-7700HQ
GeForce GTX 1060(6GB)
x265でエンコード (※1) 21分45秒
NVENCでエンコード (※2) 1分40秒
QSVでエンコード (※3)
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
CrystalDiskMark
(ストレージの評価)

256GB M.2 SSD
CrystalDiskMark
(SDカードスロットの評価)

UHS-Ⅰ対応カード

質量のチェック

Max-Q DesignのゲーミングノートPCということで、外出先に持ち運んで使いたいと考えている方も多いと思いますので、HP OMEN by HP 15の質量も計測します。

メーカー仕様表には、約2.63kgと書かれています。当サイトで計測したPC本体の質量もほぼ同じで、2.612kgでした。

ACアダプターについては、946gと割と重かったです。

質量(当サイトによる計測値)
  質量
PC本体 2.612kg
ACアダプター 946g

バッテリー駆動時間のチェック

HP OMEN by HP 15のバッテリー駆動時間をチェックします。

メーカー仕様表を確認すると、約5時間と書かれています。他社のPCは、JEITA2.0計測法で計測している場合が多いですが、本製品はMobileMark 2014で計測しています。単純には比較できませんのでご注意下さい。

底面カバーを取り外して確認したところ、バッテリー容量は、70.07Whでした。多めのバッテリー容量だと思います。


バッテリー容量

 

バッテリー駆動時間は用途によって大きく変わります。当サイトで計測したバッテリー駆動時間は下の通りです。HP OMEN by HP 15は、Optimusに対応しておらず、常に外部グラフィックスが使用されます。そのため、動画再生などでも外部GPUが使用され、消費電力が高くなり、バッテリー駆動時間も、それほど長くありません。

このため、動画再生時のバッテリー駆動時間は、3時間25分と、やや短めでした。

FF 14のベンチマークソフトをループ実行した場合、1時間22分のバッテリー駆動時間でした。ゲームはかなり負荷が高いので、駆動時間も短いです。ちょっとの間なら、バッテリー駆動状態でもゲームができますが、基本的にはACアダプターに接続することを推奨します。

バッテリー駆動時間
  HP OMEN by HP 15
PCMark 8 Home テスト ※1
PCMark 8 Work テスト ※2
動画再生時 ※3 3時間25分
FF 14 紅蓮ベンチをループ再生 ※4 1時間22分
※画面輝度を約120cd/m2に調整して計測
※1 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、画像編集、ビデオチャット、軽いゲームなどを実行

※2 ブラウザでのショッピング/大量の画像閲覧、文書作成、表計算、ビデオチャットなどを実行
※3 ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生
※4 解像度は1920x1080、グラフィック品質は標準に設定。バッテリーブーストの設定で最大30fpsに制限。


  1 2 次へ
  目次