会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > Pavilion 24-a200jp

HP Pavilion 24-a200jpの実機レビュー

更新日:2017年6月7日

狭額縁の液晶一体型PC

HP Pavilion 24-a200jpは、省スペースで大画面液晶を搭載した23.8型ワイド液晶の液晶一体型PCです。

液晶のベゼルが狭く、他の液晶一体型PCと比べても、特に省スペースです。液晶は広視野角なフルHDで、光沢ではありますが見やすいです。

パソコンに内蔵されるスピーカーとしては、比較的音も良く、ストリーミング映像などを快適に視聴可能です。

一体型PCはノート用のCPUが搭載されることも多いですが、本機はデスクトップ用のCore i7-7700Tを選択でき、処理性能も高いです。


※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

HP Pavilion 24-a200jpの基本スペック

HP Pavilion 24-a200jpの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2017年6月6日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
第7世代インテルCPUで、省電力なTシリーズのCoreプロセッサーを搭載。
グラフィックカード
GeForce 930MXです。
 
液晶ディスプレイ
23.8型ワイド、光沢、1920×1080IPS液晶です。
メモリ
8GBです。
 
ストレージ
1TB HDDです。
 
光学ドライブ
光学ドライブは非搭載です。
 

特徴1 - ベゼルが約6.4mmしかない

HP Pavilion 24-a200jpは、ベゼル(液晶の周りのフレーム)が約6.4mmしかありません。

見た目がスッキリするとともに、サイズがコンパクトになって省スペースです。一度、狭いベゼルの液晶を見てしまうと、普通の幅のベゼルの製品はダサく見えてしまいます。

液晶の品質も良く見やすいです。ただし、光沢液晶であるため、周囲の物がやや映り込みます。


ベゼルが約6.4mmしかない

特徴2 - パソコン内蔵スピーカーとしては満足

HP Pavilion 24-a200jpは、スピーカーの音も割と良いです。

若干こもった感じも受けますが、パソコンのスピーカーとしては御の字でしょう。


Bang&Olufsenのサウンドシステムを搭載

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

IPS液晶を搭載しており視野角は良いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、どの色も1:1の直線に近く、比較的自然な発色であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

デスクトップPCとしては、色域は普通です。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPU

液晶一体型PCは、ノートPC用のCPUを搭載しているケースも多いですが、本製品はデスクトップ用のCPUを搭載しており、処理性能が比較的高いです。

末尾にTが付く省電力のCoreプロセッサーであるCore i7-7700TまたはCore i5-7400Tを選択可能です。Core i7-7700Tであれば、多くの作業は問題なくこなせると思います。

Core i5-7400TでもネットやOffice作業中心であれば快適です。ただし、編集系の作業をする場合は性能不足です。


CPUの選び方(筆者の独自判断)

グラフィックス

グラフィックスにはGeForce 930MXを搭載しています。インテル HD グラフィックスよりもやや性能が良い程度で、ゲームをするには物足りない性能です。この性能ならpc内蔵GPU(インテル HD グラフィックス)でも良かったかなと思います。


グラフィックスの選び方(筆者の独自判断)

ストレージの選び方

ストレージはHDDのみ選択可能です。SSDを選択できない点は残念です。Core i7を搭載しているとは言え、OSの起動やアプリの起動し始めなど、やや時間がかかります。


ストレージの選び方(筆者の独自判断)

本製品で計測したベンチマーク

以下、レビュー機で計測したベンチマーク結果を掲載します。

PassMark Performance Test 9.0 CPU MARK
(CPU性能の評価)

Core i7-7700T
3DMark
(主にグラフィックス、CPU性能の評価)

GeForce 930MX
TMPGEnc Video Mastering Works 6によるエンコード時間
(x265がCPU性能の評価、NVENC、QSVが主にグラフィックス性能評価)
  Core i7-7700T
GeForce 930MX
x265でエンコード (※1) 20分15秒
NVENCでエンコード (※2) 未実施
QSVでエンコード (※3) 未実施
XAVC Sの動画(約2分、4K)をH.265/HEVCへ変換
※1 "4K"や"8K"にも対応したx264の後継のエンコーダー。エンコードは遅いが画質が綺麗
※2 NVIDIAのKeplerコア以降のGPUに搭載されるハードウェアエンコーダー
※3 CPU内蔵のハードウェアエンコーダー
CrystalDiskMark
(ストレージの評価)

1TB HDD

 

 


  1 2 次へ
  目次