会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > ゲーミングノートPC > HP > OMEN by HP 17–w000 / w100 > まとめ

HP OMEN by HP 17–w000 / w100の実機レビュー(2)

更新日:2016年12月21日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。

17-W000と17-W100は、外観は似ていますが、排気口の位置や筐体の厚さなどが異なっているため、数値は大分異なっています。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。

17-W000は、低負荷時は普通の動作音ですが、ゲームをすると、他のゲーミングノートPCと比べて高めの動作音になります。

17-W100は、普通の動作音(一般的なゲーミングノートPCと同じくらいの騒音値)です。




騒音値の計測結果
計測機器:リオン NL-42K、部屋を極力無音にしたときの騒音値:20.0dB

パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

17-W000は、CPU温度、GPU温度ともやや高めです。

17-W100は、CPU温度、GPU温度とも、やや低めに抑えられています。




表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

17-W000は、ゲームをすると、キーボードの中央から右側にかけて非常に熱くなり、プレイ中はやや気になります。

17-W100は、40℃を超えるような熱い部分はなく、パームレストの温度も低めです。




消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

専用グラフィックスを搭載しているため、普通のノートPCより高い消費電力です。ゲーミングノートPCとしては普通です。




外観のチェック

外観のチェックです。旧モデルの17–w000と、新モデルの17–w100を同時に見ていきます。

両機種とも黒と赤で統一されたカラーでかっこいいです。


↑ 17–w000 ↑


↑ 17–w100 ↑

 

17–w000は薄型ボディですが、17–w100は若干厚みが出ています。


↑ 17–w000 ↑


↑ 17–w100 ↑

 

天板です。こちらは両機種とも変わりないため、17–w000のみ掲載します。


↑ 17–w000 ↑


↑ 17–w000 ↑

 

天板を閉じたときの画像です。17–w100のほうが若干分厚いのが分かります。


↑17–w000 ↑


↑ 17–w100 ↑

 

ヒンジ部分はガンメタ調になっています。両機種共通です。


↑ 17–w000 ↑

 

底面です。17–w000は、バッテリーの取り外しが可能でしたが、17–w100は取り外しができません。

ただし、17–w100のみ中央に小さな取り外し可能なカバーがあり、このカバーを取るとメモリが交換できるようになっています。


↑ 17–w000 ↑

↑ 17–w100 ↑

↑ 17–w100 ↑

 

液晶が開く最大の角度です。どちらも変わりないです。なお、この画像からも17–w100のほうが厚みがあることが分かります。


↑ 17–w000 ↑

↑ 17–w100 ↑

 

右側面です。17–w100では、Mini DisplayPortが追加されています。


↑ 17–w000 ↑

↑ 17–w100 ↑

 

左側面です。17–w100では、光学ドライブがなくなっています。


↑ 17–w000 ↑

↑ 17–w100 ↑

 

ACアダプターはどちらも薄型ですが、17–w100のほうがサイズは大きいです。17–w000の容量は120Wで、17–w100の容量は230Wとなっています。


↑ 17–w000 ↑

↑ 17–w100 ↑


↑ 17–w000 ↑

↑ 17–w100 ↑

まとめ

以上が、HP OMEN by HP 17–w000 および HP OMEN by HP 17–w100のレビューです。

黒のボディに、赤いキーボードバックライト/天板/ロゴが格好いいゲーミングノートPCです。

17–w000はミドルスペックのGeForce GTX 965Mを搭載し、17-w100はハイスペックなGeForce GTX 1060/1070を搭載しており、17-w100はゲームによっては2倍以上のベンチマークスコアが出ます。

両機種とも外観は似ていますが、ポートの種類や基盤の配置、本体の厚さなどは変わっています。大きな違いとしては、17–w100は、光学ドライブが無くなりました。また17–w100は分厚くなってしまいましたが、その分、パーツの温度や表面温度は改善されています。

詳細はこちら
安心のメーカー直販サイト:HPダイレクトプラス