会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > HP 22-b000jp

HP 22-b000jpの実機レビュー

更新日:2016年8月21日

フルHD一体型PCが5万円台

HP 22-b000jpは、5万円台から購入可能な液晶一体型PCです。

非光沢のフルHD・IPS液晶を搭載しており、安価なPCでも画面が見やすいです。

デザインもホワイトに、スタンドが特徴的な形をしており、かわいいと思います。

メーカー直販サイト:HP Directplus


※レビュー機はメーカーからの借用品です

目次

HP 22-b000jpの基本スペック

HP 22-b000jpの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2016年8月20日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
Pentium J3710またはCore i3-6100Uです。本機はCore i3-6100Uを搭載しています。
グラフィックカード
CPU内蔵のグラフィックスです。
 
液晶ディスプレイ
21.5型ワイド、IPSフルHD(1920x1080)非光沢液晶です。
メモリ
4GBです。
 
ストレージ
500GBまたは1TB HDDです。本機は1TB HDDです。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブです。
 

特徴1 - "5万円台"から購入可能

HP 22-b000jpは、5万円台から購入することが可能です。液晶一体型PCとしては非常に安価な製品です。

安価な液晶一体型PCの場合、液晶が1600x900ドットであったり、視野角が悪かったりしますが、本製品は、1920x1080ドットのフルHDで、視野角も良く見やすいです。液晶の詳細については、次の見出しをご覧ください。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

液晶は、フルHD、IPS、非光沢の21.5型ワイド液晶を搭載しています。

IPS液晶であるため、視野角は良いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、どの色もほぼ1:1に近く、自然な発色であることが分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域は普通です。


ガモット図
※ i1 Display PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

画素形状です。若干ギラつきを感じますが、ほとんど気にならないと思います。


パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

本製品は、Pentium J3710とCore i3-6100UのCPUを搭載したモデルがあります。PassmarkのCPUスコアを比較すると、Pentium J3710が約2200、Core i3-6100Uが約3500となっており、約1.5倍の差があります。Core i3-6100Uのほうがおすすめですが、Pentium J3710でもWeb閲覧や動画鑑賞程度なら問題なく動作します。

メモリは4GBとやや少なめです。ブラウザのタブをたくさん起動したり、アプリをたくさん起動したりする場合は、容量不足になる可能性があります。

ストレージもHDDのみでSSDを選択することはできません。バックグラウンドで、Windowsの何かの処理が流れると、動作がモッサリしてきます。

トータルの処理性能は低めです。

ベンチマーク結果は次の通りです。

PassMark Performance Test 8.0

ストレージのベンチマーク


1TB HDD

 

 

  1 2 次へ
  目次