会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > Stream Mini 200-020jp

HP Stream Mini 200-020jpの実機レビュー

更新日:2015年3月17日

かわいい2万円台の小型PC

HP Stream Mini 200-020jpは、ブルーのカラーに丸みを帯びた、小物入れのような素敵なデザインの小型PCです。

価格が2万円台と非常に安価なのも特徴です。

初期構成はCeleron 2957U、2GBメモリ、32GB SSDと低スペックではありますが、メモリ、ストレージに関しては自分で増設可能です。

大容量の2.5インチストレージを増設して、NASとして使用しても面白いと思います。LANはギガビット対応ですし、動作音も静かですし、NASとしてはCPU性能も十分です。

メーカー直販サイト:HP ダイレクトプラス

※レビュー機はメーカーからの貸出機です

目次

HP Stream Mini 200-020jpの基本スペック

HP Stream Mini 200-020jpの基本スペックをチェックします。特徴的な部分は赤字にしています。※2015年3月16日時点の情報です。時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。

CPU
Celeron 2957Uを搭載していす。
 
グラフィックカード
インテル HD グラフィックス(CPU内蔵)です。
メモリ
2GBです。空きスロットが1つあります。
 
ストレージ
32GB SDD + Microsoft OneDrive 200GB (2年間無料)です。
光学ドライブ
内蔵光学ドライブは搭載していません。
 
拡張性
2.5インチストレージを1台増設可能です。
 

特徴1 - 小型でかわいいデザイン

HP Stream Mini 200-020jpは、丸みを帯びたかわいいデザインのパソコンです。

また非常に小型で、手のひらに乗るくらいのサイズです。


丸みを帯びたかわいいデザイン


手のひらサイズ

特徴2 - 2万円台で購入可能

27,400円で購入できる価格も魅力です。

小型パソコンとしては、NUCが売られていますが、メモリ、ストレージ、電源、OSまで揃えた場合、27,400円の価格ではなかなか購入することはできません。本製品は、これら一式の他に、キーボード、マウス、Microsoft OneDrive(2年間使用権)、「速効!HPパソコンナビ特別版」の解説書まで付いており、お買い得だと思います。

特徴3 - 2.5インチストレージを増設可能

本製品は、2.5インチストレージを増設することも可能です。

これにより、SSD+HDDといった構成が可能です。SSDの容量が32GBしかないため、増設できるのは嬉しいです。

ケーブル、ネジ、シャドウベイも付属しているため、ストレージさえ用意できれば、簡単に増設可能です。


2.5インチストレージを増設可能


ケーブル、ネジ、シャドウベイも付属

高速&静音NASを作ってみる

ストレージを増設して、NAS(ネットワーク型ハードディスク)として使用することも可能です。

筆者は、ちょうどNUCでも購入して1TB SSDを搭載し高速NASを作ろうと思っていたので、今回、この製品でNASを作ってみたいと思います。

ストレージにはSamsung SSD 840EVO(1TB SSD)を使用します。増設後の画像や、HP Stream Mini 200-020jpから実行したCrystalDiskMarkの結果は次の通りです。


増設した1TB SSD(Samsung SSD 840EVO MZ-7TE1T0B/IT


増設後の画像


Stream Miniで実行したCrystalDiskMarkの実行結果

 

次に、下図のように配線し、ネットワーク上のパソコンからCrystalDiskMarkを実行します。なお、ハブは最大1Gbpsの製品を用いています。


Stream Mini 200-020jpをNASにして、ネットワーク上のパソコンからCrystalDiskMarkを実行

 

実行した結果は下の図の通りです。ネットワーク経由だと最大1Gbps(≒128MB/s)であるため、本来のSSDの速度は出ませんが、NASとしてはかなり高速です。今回、SSDを搭載しているため、特にランダムアクセスの速度が速いです。


ネットワーク上のパソコンで実行したCrystalDiskMarkの実行結果

 

また、CrystalDiskMarkの実行時のCPU負荷も計測してみましたが、最も高いときで約60%のCPU使用率でした。家庭内で数人で使用する分には、問題ないCPU使用率だと思います。メモリも問題ありません。


CrystalDiskmarkの実行時に、最もCPU使用率が高かったときのグラフ(4K QD 32 Write実行時)

 

また、動作音も低いです。冷却ファンを搭載しているため無音ではないですが、本体に耳を近づけなければ、ほぼ聞こえないレベルです。モバイルノートパソコンのアイドル時とほぼ同じ、または少し高い程度の動作音です。

パフォーマンスのチェック

本製品のベンチマーク結果は次の通りです。

AtomのCPUよりは高いスコアです。32GB SSDは、読み込みは速いですが、書込みはSSDとしてはあまり速くありません。また容量も少ないです。メモリも2GBと少ないです。

パソコンとして使用するにはやや低スペックです。

PassMark Performance Test 8.0

3DMark

PCMark 8 - Home accelerated

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  エンコード時間
x264でエンコード 1時間12分49秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 26分04秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク


32GB SSD

カードリーダー/ライターのベンチマーク

UHS-Ⅱは対応していません(速度が逆に遅くなります)。


UHS-Ⅰのカード

 

 


  1 2 次へ
  目次