会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > HP 15-g000 > まとめ

HP 15-g000の実機レビュー(2)

更新日:2014年11月24日
前へ 1 2  
  目次  

 

以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するCPUなどの種類によって、結果が変わる点はご了承ください。

静音性のチェック

本機の動作音(静音性)のチェック結果です。もし動作音が大きいと、作業に集中しづらいです。

低い動作音です。


パーツの温度のチェック

各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。

APUの温度を取得できなかったため、この項目は割愛します。

表面温度のチェック

本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。

特に問題ない温度です。


消費電力のチェック

消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。

低い消費電力です。


外観のチェック

外観のチェックです。

天板、パームレストなど光沢仕様になっています。ボディは薄型です。

 

底面です。

 

ACアダプターは、やや小さいです。

 

ACアダプターの容量は45Wです。

 

側面の端子は下図の通りです。USB3.0×1 、USB2.0×2 、HDMI、LANポートなどが搭載されています。

 

液晶ディスプレイの開く角度は、下図の通りです。

まとめ

以上が、HP 15-g000の実機レビューです。

ローエンドなAMD APUを搭載し、価格が非常に安い製品です。

低発熱なAPUであるため、動作音や表面温度は低いです。

処理性能は高くありませんが、たまにしかパソコンを使わない方や、子供へのファースト パソコンとしてなら、十分ではないかなと思います。

なお、E1-6010 APUを搭載したモデルはA4-6210 APUを搭載したモデルより価格が高いですが、A4-6210 APUのほうが処理性能は高いためご注意ください。その代わり、E1-6010 APUのほうがTDPは小さいです。

詳細はこちら
安心のメーカー直販サイト:HPダイレクトプラス