会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > ENVY TouchSmart 15-j000

HP ENVY TouchSmart 15-j000の実機レビュー

更新日:2013年11月25日

4コアCPU、GT740M、タッチパネル液晶の構成

HP ENVY TouchSmart 15-j000は、比較的高性能なスペックで、タッチパネル液晶も搭載しながら、価格は安い15.6型ノートパソコンです。

CPUにはクアッドコアの第4世代インテル Core i7を、グラフィックスにはGeForce GT740Mを搭載しており、一般的なノートパソコンよりもハイスペックです。

液晶は、フルHD(1920x1080)のタッチパネルを搭載しています。

この構成で価格は約10万円であるため、コストパフォーマンスは非常に優れていると思います。

パームレストおよび天板はアルミニウムを採用しており高級感があります。触っても指紋が付きにくいです。

メーカー直販サイト:HPダイレクトプラス

※レビュー機はメーカーからの貸出製品です

目次

HP ENVY TouchSmart 15-j000の基本スペック

ENVY TouchSmart 15-j000の基本スペックをチェックします。※2013年11月23日時点の情報です。BTOという特性上、時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。なお、特徴的な部分は赤字にしています。

CPU
第4世代インテルCPU、クアッドコアのCore i7-4700MQです。
グラフィックカード
NVIDIA GeForce GT740Mです。
 
液晶ディスプレイ
15.6型ワイド、タッチパネル搭載のフルHD (1920x1080)液晶です。
メモリ
最大12GBまで選択可能です(スロット2つ)。本機は4GBです。
ハードディスク/SSD
単体HDDまたはHDD(+キャッシュSSD)です。本機は750GBの単体HDDです。
光学ドライブ
内蔵光学ドライブは搭載していません
 
バッテリ駆動時間
公表スペックによると、約8時間です。
 
テレビチューナー
内蔵のテレビチューナーは搭載していません。
 

特徴1 - 高スペック+タッチ液晶PCでは最安?

HP ENVY TouchSmart 15-j000は、クアッドコアCPU、専用GPU、タッチパネル液晶を搭載しており、一般的なノートパソコンよりも高スペックです。このように、比較的高いスペックでタッチパネル液晶を搭載したPCは意外に珍しいです。

また、同じような構成のPCの価格を調べてみましたが、筆者が調べた範囲では、本製品が最も安かったです。ただし、本製品は光学ドライブを搭載していませんのでご注意ください。

高スペック+タッチパネル液晶を搭載したノートPCの比較
  HP ENVY
TouchSmart
15-j000
HP ENVY
17-j100/CT
Leap Motion SE
T社 A社
液晶 15.6型タッチ液晶
1920x1080
17.3型タッチ液晶
1920x1080
15.6型タッチ液晶
1366x768
15.6型タッチ液晶
1920x1080
CPU Core i7-4700MQ Core i7-4702MQ Core i7-4700MQ Core i7-4700HQ
グラフィックス GeForce GT740M GeForce GT750M GeForce GT740M GeForce GT750M
光学ドライブ なし DVDスーパーマルチ ブルーレイ ブルーレイ
価格 103,110円 139,860円 約165,000円 約140,000円
※第4世代インテル クアッドコアCPUに、GeForce GT700Mシリーズおよびタッチパネル液晶を搭載したPCを調査。
※価格は変動します。

特徴2 - フルHDタッチパネル液晶を搭載

「特徴1」でも記載しましたが、本製品は、フルHDのタッチパネル液晶を搭載しています。高解像度であるため作業域も広いですし、タッチによる直感的な操作も可能です。


フルHDタッチパネル液晶を搭載

特徴3 - 専用グラフィックスを選択可能

ENVY TouchSmart 15-j000は専用グラフィックスの「GeForce GT740M」を選択可能です。

CPU内蔵のGPU(インテル HD グラフィックス)よりも高いグラフィック性能を持っています。解像度やグラフィック品質を上げるとカクツキが出るゲームもあると思いますが、解像度やグラフィック品質を下げれば、プレイできるゲームも多いでしょう。

ただし、欲を言えば、もう1つ上のランクのGeForce GT750Mのほうが、プレイできるゲームの幅が広がったと思います。

下に、各ゲームベンチマーク結果を掲載します。参考までにGeForce GT750Mのゲームベンチマークスコアも掲載します。

ゲームベンチマーク
製品名 HP ENVY 15-j000 M社
基本スペック Core i7-4700MQ
GeForce GT740M
Core i7-4700MQ
GeForce GT 750M(GDDR5)
重めの
ゲーム
ロストプラネット 2(テストB) 1920x1080 RANK C(16.0fps) RANK B(30.3fps)
1280x720 RANK C(24.9fps) RANK B(42.3fps)
ファイナルファンタジー XIV(旧) 1920x1080 1252(動作困難) 2117(やや重い)
1280x720 2454(やや重い) 3677(やや快適)
中程度の
重さの
ゲーム
FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 (標準品質 ノートPC) 1920x1080
3764(快適) 未実施
1280x720 6862(とても快適) 未実施
ファンタシースターオンライン2 ver.2 1920x1080 2412(標準) 6563(快適)
1280x720 6376(快適) 14695(快適)
バイオハザード6 1920x1080 RANK C(1961) RANK B(3345)
1280x720 RANK B(3372) RANK A(5717)
モンスターハンターフロンティア 第三弾 (大討伐) 1920x1080 2196 4950
1280x720 4346 9433
軽めの
ゲーム
ドラゴンクエストX 1920x1080 5211(快適) 6751(快適)
1280x720 7653(とても快適) 8136(とても快適)
デビルメイクライ4 1920x1080 RANK B RANK S
1280x720 RANK S RANK S
※1 GT650Mにしては低い数値が出ています。

 

なお、最近、HP ENVY 17-j100/CT Leap Motion SEという機種が発売されました。こちらなら、GeForce GT 750Mを搭載しており、グラフィック品質を上げても快適にプレイできるゲームが増えると思います。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

視野角はそれほど広くありません。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、青色が下げ調整です。そのことから、やや青白い寒色系の画面であると分かります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

ノートパソコンの中では標準的な色域です。


ガモット図
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

シンプルな画素形状です。ギラつきは感じません。


キーボードおよびタッチパッドのチェック

キーボードとタッチパッドのチェックです。

普通の打ちやすさです。

実測では、キーピッチが横:約19mm、縦:約18.5mm、キーストロークが約1.8mmです。キートップはわずかに凹んでいるように感じます。素材は滑りにくいです。キーの押しだしは軽く、底も柔らかいです。軽い力でキータッチしたい方が好むキーボードです。


キーボード全体図


キーの拡大図1


キーの拡大図2

タッチパッドの使いやすさは普通です。ジェスチャ―操作も普通に行えます。クリックボタンも軽い力で押すことができます。


タッチパッド

パフォーマンスのチェック

パフォーマンスのチェックです。

CPUの処理性能は非常に高いです。専用グラフィックス「GeForce GT740M」も選択可能です。

Core i7-4700MQ、4GBメモリ、GeForce GT740M、HDD構成でのベンチマーク結果は次の通りです。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 8.0

3DMark

原因は分かりませんが、FIRE STRIKEを正常に実行できませんでした。なお、正常に実行できていれば、FIRE STRIKEは1000くらいのスコアになると思います。


※ ICE STORM:Direct 9相当ベンチ、CLOUD GATE:Direct 10相当ベンチ、FIRE STRIKE:Direct 11ベンチ

PCMark 8

動画のエンコード時間

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
  エンコード時間
x264でエンコード 13分55秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 8分27秒
CUDAでエンコード 8分22秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

ストレージのベンチマーク

カードリーダー/ライターのチェック

カードリーダー/ライターのチェックです。

カード挿入後の外観は次の通りです。それほど出っ張りはありません。

 

カードリーダー/ライターのCrystalDiskMarkのベンチマーク結果は次の通りです。高速なリーダー/ライターです。


 

 


  1 2 次へ
  目次