会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > ENVY Rove 20

HP ENVY Rove 20の実機レビュー

更新日:2013年12月6日

液晶を水平にできる

HP ENVY Rove 20は、液晶を水平になるまで傾けられる20型ワイド液晶一体型デスクトップPCです。

10点マルチタッチに対応しているため、複数人同時にゲームなどをプレイすることができます。

ワイヤレスTVチューナーも選択可能です。無線LAN経由でテレビをライブ視聴することが可能です。

バッテリーも内蔵しているため、場所を選ばず、遊んだり、テレビを観たりすることができます。

メーカーサイト:HP ダイレクトプラス(ENVY Rove 20) icon

※レビュー機はメーカーからの貸出製品です

目次

HP ENVY Rove 20の基本スペック

ENVY Rove 20の基本スペックをチェックします。※2013年12月4日時点の情報です。BTOという特性上、時期が経つと選択できるパーツは異なる可能性があります。詳細はメーカーサイトでお確かめ下さい。なお、特徴的な部分は赤字にしています。

CPU
Core i3-4010Uです。
 
グラフィックカード
インテル HD グラフィックス 4400です。
 
液晶ディスプレイ
20型ワイド、タッチパネル搭載のIPS、HD+ (1600x900)液晶です。
メモリ
8GB (4GB×2) です。
 
ハードディスク
1TB ハイブリッド・ハードドライブ (8GBフラッシュメモリ内蔵 / 5400回転) です。
光学ドライブ
内蔵光学ドライブは搭載していません
 
バッテリ駆動時間
公表スペックによると、4時間15分です。
 
テレビチューナー
内蔵はしていませんが、ネットワーク配信型のテレビチューナーを選択可能です。

特徴1 - 液晶が水平になる

HP ENVY Rove 20は、20型の大画面を搭載した液晶一体型PCです。しかも、液晶を水平になるまで傾けることができます。液晶画面は、10点マルチタッチ(同時に10本の指を認識)に対応しており、複数人同時にタッチすることができます。


液晶画面を水平にすることが可能


バッテリー駆動可能

子供に遊ばせてみる

本製品を水平にして何に使えるか考えてみましたが、大人がゲームなどをするときに、本製品を水平にするケースはなかなかないです。

もっとも使いやすさが向上するのは、子供かなと思い、試しに4歳の子供にゲームをさせてみました。10インチクラスの小さいタブレットと違い画面が大きいため操作しやすいようで、楽しそうに遊んでいました。

ただし、Windowsストアの(タッチ向け)アプリが、Google PlayやApp Storeと比べて少なすぎます。幼児ができそうなゲームや知育ゲームも少ししかありません。Windowsストア アプリの充実が待たれます。

また、重量が5.6kgもあります。大人でも重く、幼児が自力で運ぶのは無理です。また取っ手があったほうが運びやすいと感じました。


子供が遊んでいる様子

ワイヤレスTVチューナーでテレビ視聴可能

PIX-BR320を使ってテレビ視聴

本製品は、ネットワーク配信型のワイヤレスTVチューナー「PIX-BR320」を、カスタマイズ画面で選択することができます。今回の貸出機にPIX-BR320は付属されていませんでしたが、筆者はたまたまPIX-BR320を所有しているため、テレビを視聴してみました。

PIX-BR320は、割と機種によって動作しない場合があるのですが、カスタマイズ画面で選択できる製品だけあって、本機は問題なく視聴/再生などが行えました。


ピクセラ製のPIX-BR320を使ってテレビ視聴可能

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

IPSパネルを採用しているため視野角は良いです。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

ガンマ補正曲線は、青色がやや下げ調整であるものの、ほぼ1:1の直線に近く、色再現性は高いです。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V Power Report様のページをご確認ください

 

色域も十分です。


ガモット図
※ i1 BASIC PROでICCプロファイルを作成後、MacのColorSyncユーティリティでグラフを作成

 

シンプルな画素形状です。それほどギラつきは感じません。


バッテリ駆動時間のチェック


動画再生時のバッテリ駆動時間は2時間57分

バッテリ駆動時間のチェックです。

ローカルディスクに保存した動画(解像度:720x480)を連続再生させてバッテリ駆動状態にし、休止状態へ入るまでの時間を計測しました。

テストの結果、バッテリ駆動時間は、2時間57分でした。

外観のチェック

外観のチェックです。

キーボードとマウスを使って操作するときは、下図のような形状にします。なお、キーボードとマウスはワイヤレスです。

 

光沢の液晶であるため、画面への映り込みがあります。

 

タッチして操作するときは、このくらいの角度が操作しやすいです。なお、スタンドを直接操作して角度を変えなくても、液晶の上部を持って引っ張ったり、押しこんだりするだけで、簡単に角度を変えられます。

 

完全に水平にしたときの画像です。底面にはメモリカードスロットがあります。

 

右側面は、マイク入力/ヘッドフォン出力コンボポート、USB 3.0 ×1(電源オフUSBチャージ機能対応)、ボリュームコントロールボタンがあります。

 

左側面には、画面回転ボタン、USB 3.0 ×2、電源コネクタがあります。LANポートはありません。

 

背面です。左側にスタンドリリースボタンがあります。液晶を完全に水平にすると、スタンドがロックされ開かなくなってしまいます。そのときはここのボタンを押すと、スタンドがリリースされます。斜めになっている部分にボタンがあるため、本体をテーブルに置いた状態でも、手を回り込ませて、それほど持ち上げることなくスタンドをリリースできます。

まとめ

以上が、HP ENVY Rove 20のレビューでした。

液晶を水平になるまで傾けられるのが特徴です。子供と一緒にゲームなどをするときに便利だと思います。

ただし、取っ手を付けたり、もっと重量を軽くしてもらったほうが持ち運びに便利になり、子供も使いやすくなると思います。また、Windowsストアのアプリがまだ少ないため、早くアプリ数がAndroid並みになることを望みます(デスクトップ用のアプリなら断然Windowsが多いですが、タッチ操作向きではありません)。

同様な製品として、ソニー VAIO Tap 20があります。ENVY Rove 20は第4世代インテルCPUであるのに対し、VAIO Tap 20は第3世代インテルCPUです。そのため(搭載しているバッテリー容量に違いがあるのかもしれませんが)バッテリー駆動時間はENVY Rove 20のほうが長いです。価格もENVY Rove 20のほうが安いです。ただし、VAIO Tap 20は、ENVY Rove 20よりもCPUやSSDなど高性能なパーツを選択できます。

詳細はこちら
メーカーサイト:HP ダイレクトプラス(ENVY Rove 20) icon