会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > g6-1300(AMDモデル)

HP Pavilion g6-1300(AMDモデル) の実機レビュー

更新日:2012年02月28日

AMD Fusion APUを搭載し約4万円~

HP Pavilion g6-1300(AMDモデル)は、CPUとGPUを統合したFusion APUを搭載し、価格が約4万円から購入可能な15.6型ノートパソコンです。

搭載されているAPUの性能はそれほど良くありませんが、製品自体は特別使いにくいこともありません。

とにかく安価にPCを購入したい方に最適なパソコンです。

LANは最大100Mbpsであるため、ギガビットLAN環境の方はご注意下さい。

メーカーサイト:HP ダイレクトプラス

目次

g6-1300(AMDモデル) の基本スペック

HP Pavilion g6-1300(正式型番:g6-1301AU スタンダードモデル)の基本スペックを紹介します。※「g6-1301AU」以外の型番の製品はスペックが異なりますのでご注意ください。

CPU /APU
AMD (デュアルコア) A4-3305Mおよび
Radeon HD 6480G を統合したAPUです。
グラフィックス
CPUと統合しています。左の欄をご覧ください。 
液晶ディスプレイ
15.6型(1366x768)の光沢液晶ディスプレイです。
メモリ
メモリは4~8GBの中から選択できます。本機は4GBです。
ハードディスク
500GB(5400rpm)です。
 
SSD
SSDは非搭載です。
 
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブを搭載しています。 
バッテリ駆動時間
メーカーHPの仕様では、6時間15分です。実測値は後述します。

特徴 - Fusion APU A4-3305Mを搭載し約4万円

g6-1300(AMDモデル)の特徴は、CPUとGPUを1のチップに統合したAMD Fusion APU「A4-3305M」を搭載し、価格が約4万円から購入可能な点です。

気になるA4-3305MのAPUのベンチマーク結果は次の通りです。GPUを統合していると言っても、3Dゲームのプレイは厳しいです。

参考までにインテル Pentium B960搭載PCと比較しましたが、このCPUよりも性能はやや劣る印象です。

APU/CPUのベンチマークの比較
ベンチマークテスト AMD A4-3305M 参考:Pentium B960
CPU関連
スコア
3DMark 06 CPU スコア 1642 2212
PassMark CPU スコア 1444 2287
主に
GPU関連
スコア
3DMark 06 SM2.0 スコア 1059 1152
3DMark 06 HDR/SM3.0 スコア 1377 1410
Passmark 3D Graphics スコア 261 234
※赤字は、スコアの高いほうを示しています

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。一般的なノートPCの液晶と同等程度の見やすさだと思います。

パネルはLG製のLP156WH4-TLC1でした(なお、このパネルが必ず搭載されるわけではありません)。


正面からの画像

 

詳細を確認していきます。

TNパネルであるため視野角はあまり広くありません。一般的なノートPCと同等程度です。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、やや青色が低めに調整されています。そのため、実際の画面はやや青が強調された画面となっています。ただし、ノートPCにしては調整幅が狭いため、見づらくはないです。

※同じメーカーのパネルが搭載されるとは限りませんのでご了承ください



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V様のページをご確認ください

 

色域のチェックです。標準的な広さの色域です。


 

画素の拡大図です。

画素はシンプルな形状をしており、光沢液晶と言うこともあって、ギラつきはありません。ドットピッチは広めなため、粒状感はややあります。


キーボードとタッチパッドのチェック

キーボードのチェックです。

キーピッチは19x19mmと十分な広さですが、キーとキーの隙間が狭く、誤って2つキーを押してしまうこともありそうです。キートップはフラットですが滑りにくい素材です。キーは薄くシャカシャカして、やや安っぽさを感じます。また、若干たわみがあります。

ただ、特別打ちにくいこともありません。普通に打てると思います。


キーボード全体図


キートップの拡大図

 

ファンクションキーの使い方が、通常の割り当てとは異なります。通常の割り当てを実行したい場合、Fnキーを同時に押す必要があります。通常のファンクションキーの割り当てへ戻したい場合は、BIOSを起動し、「System Configuration」>「Action Keys Mode」を"Disabled"へ変更します。


通常のファンクションキーとは異なる役割

 

パームレストと一体となったタッチパッドは、点字のようにツブツブしています。指が乾いていれば押しやすいですが、汗ばんでいると、やや滑りが悪くなります。クリックボタンは独立しており、サイズも大きく、押したときの音も小さいです。


タッチパッドおよびクリックボタン

総合ベンチマーク

AMD A4-3305M搭載の本機でのベンチマークスコアの結果を掲載します。

高性能なパーツは搭載していないため、それほどスコアは良くありません。ただし、ネットや動画視聴などをする程度なら、問題ない性能だと思います。もし動画編集やゲームをするならば、やや力不足です。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


1280x720で実行

PCMARK7 v1.0.4

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5のソフトを用い、動画のエンコード時間を測定した結果は、1時間26分25秒でした。

Core i7搭載PCであれば、x264のエンコードで、20分程度で終了するので、本機の遅さが分かると思います。

動画のエンコードを含む動画編集を行うときは、もっと高性能なCPUを搭載したPCのほうが良いです。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 1時間26分25秒
AVCHDの動画(ファイルサイズ:1.54GB、再生時間:約13分、解像度:1920x1080)を、
iPhone 4で視聴可能なMPEG-4 AVC(解像度:1280x720)へ変換

バッテリ駆動時間のチェック


動画再生で、3時間54分のバッテリ駆動

g6-1300(AMDモデル)のバッテリ駆動時間を実測した結果、3時間54分でした。

バッテリ駆動中は、ハードディスクに保存した動画(DVD相当の画質)を再生させました。

主に自宅で使用するPCとしては、十分な駆動時間です。


 

  1 2 次へ
  目次