会員登録

今なら抽選でプレゼント実施中!!

当サイトは、パソコン・周辺機器・ソフトの比較サイトです。価格ではなく、機能・性能面について比較しているのが特徴です。

the比較 > パソコンの比較 > HP > dv6-6c00/CT(スタンダードライン)

HP Pavilion dv6-6c00/CT(スタンダードライン)の実機レビュー

更新日:2012年2月20日

Core i5+Officeで6万円台の15.6型ノート

HP Pavilion dv6-6c00/CT スタンダードライン(以下、dv6-6c00/CT)は、非常に安価な15.6型ノートPCです。

Core i3選択時なら4万円台、Core i5にOfficeを搭載しても6万円台で購入可能なノートパソコンです(2012年2月20日時点)。

HP Imprintテクノロジーを採用した、傷が付きにくく光沢が美しい天板およびパームレストは、安価なパソコンには見えません。指紋は付きやすいボディですが、リネンホワイトのカラーなら、ほとんど目立ちません。また、このカラーは女性にも人気です。

メーカーサイト:HP ダイレクトプラス

目次

dv6-6c00/CT の基本スペック

本機の基本スペックを紹介します。※2012年2月20日現在の情報です。BTOパソコンという特性上、時期が経つと選択できるパーツは異なります。

CPU
Core i3またはCore i5を選択可能です。本機はCore i3-2370Mを搭載しています。
グラフィックカード
CPU内蔵(インテルHDグラフィックス 3000)です。その他のグラフィックスは選択できません。
液晶ディスプレイ
15.6型ワイド(1366x768)の光沢液晶ディスプレイです。
メモリ
2~8GBまでのメモリを選択することができます。本機のメモリは2GBです。
ハードディスク
320~1TBのHDDを搭載可能です。本機は、7200rpmの320GBのHDDです。
SSD
HDDの代わりに160GBのSSDを選択可能です。本機は未搭載です。
光学ドライブ
DVDスーパーマルチ、ブルーレイドライブなどを選択可能です。本機はDVDスーパーマルチドライブです。
バッテリ駆動時間
6セルまたは9セルバッテリ搭載です。実測の駆動時間は後述します。本機は6セルバッテリです。

dv6 スタンダードラインとプレミアムラインの違い

dv6シリーズには、スタンダードラインとプレミアムラインの2つのモデルがあります。

2つのモデルの主な違いは次の通りです。本レビューは、スタンダードラインとなります。

スタンダードラインとプレミアムラインの違い(2012年2月20日時点)
仕様 dv6-6c00/CT
スタンダードライン
dv6-6c00/CT
プレミアムライン
CPU(最大) ~ Core i5-2450M ~ Core i7-2760QM
グラフィックス インテル HD グラフィックス3000 AMD Radeon HD 7690M XT
USB3.0ポート なし 2つ
スピーカー ALTEC LANSINGステレオスピーカー
(デュアルスピーカー)
Beats Audio ステレオ スピーカー
(クアッドスピーカー)
ボディ
「HP Imprint」テクノロジー採用で光沢。
カラーはリネンホワイト/エスプレッソブラック。
指紋は付くが、リネンホワイトは目立たない。

アルミ素材に、ヘアライン加工。
カラーはダークアンバー(深い琥珀色)。
指紋はあまり目立たない。
スペックは時期によって変わります。最終的にはメーカーHPでご確認下さい。

特徴1 - Core i5+Officeで6万円台

dv6-6c00/CTの特徴は、外観は安く見えないのに、非常に価格が安い点です。

いくつかの構成例と、そのときの価格を下に掲載します。Core i3-2370Mなら4万円台で、Core i5-2450MにOffice 2010 Personalを搭載した構成でも6万円台で購入できます。

なお、価格や選択できるパーツは変動するのでご注意下さい。正確な価格等はメーカーHPをご覧ください。

dv6-6c00/CTの構成/価格例 (2012年2月19日時点)
仕様 構成例1 構成例2 構成例2
CPU Core i3-2370M Core i5-2450M
メモリ 2GB 4GB
ハードディスク 320GB (7200rpm)
Microsoft Office 2010 Personal なし なし あり
価格 45,150円 52,500円 68,880円
価格は変動しますのでご注意ください。

液晶ディスプレイのチェック

液晶ディスプレイのチェックです。

1366x768の解像度の光沢液晶です。可もなく不可もない一般的な液層ディスプレイです。

なお、今回搭載されていたパネルは、LG LP156WH4-TLC1でした。


正面からの画像

 

詳細を確認していきます。

TNパネルであるため、視野角はそれほど良くありません。一般的なノートパソコンと同等程度です。


視野角(斜めから見たときの見やすさ)

 

カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線を確認すると、やや青色が低めに調整されています。そのため、実際の画面はやや寒色よりです。
※尚、同じメーカーのパネルが搭載されるとは限りませんし、パネルによって調整は異なります。



※見方の詳細については、miyahan.com様、DOS/V様のページをご確認ください

 

色域のチェックです。ノートPCとしては普通の色域です。


 

画素の拡大図です。

1つ1つの画素はシンプルな形をしています。実際の画面を確認しても、ギラツキはほとんど感じません。ただし、解像度の割に画面が大きいので、ドットピッチが広くなり、ザラついたように見えます。ただし、他の一般的な15.6型ノートPCも同様です。


キーボードとタッチパッドのチェック

dv6-6c00/CTのキーボードのチェックです。

テンキーを搭載したアイソレーション型(タイル型)キーボードです。

キーピッチは約18.7×18.7mm、キーストローク:約2.0mmです。キートップはほぼフラットですが、滑りにくい材質です。


キーボード全体図


キーボードの拡大図

 

ファンクションキーが、マルチメディア仕様です。例えば、通常のパソコンはF7を押すと「全角カナ」になると思いますが、本機は「動画の再生」になります。「全角カナ」をしたければ、Fnキーを押しながらF7キーを押す必要があります。

動画をよく観る人なら使いやすいかも知れませんが、通常作業時にファンクションキーをよく使う方は不便だと思います。そういった方は、BIOSの設定で、通常のファンクションキーの割り当てへ変更できます。パソコンの電源投入時に「ESC」を押した後、F10を選択してBIOSを起動し、「System Configuration」>「Action Keys Mode」を"Disabled"へ変更します。


ファンクションキー

 

タッチパッドの周りは、青色に光るためかっこいいです。タッチパッドの操作感は普通です。クリックボタンも押し心地も普通です。ただ、押したとき「カチッ」とやや大きな音がします。


タッチパッドとクリックボタン

総合ベンチマーク

dv6-6c00/CTのベンチマークスコアの結果を掲載します。

性能の良いパーツはそれほど使用していないため、ベンチマークのスコアも平均的な値です。

Windows エクスペリエンス インデックス

PassMark Performance Test 7.0

3DMark06(1.2.0 1901)


1280x720で実行

PCMARK7 v1.0.4

動画のエンコード時間のチェック


ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5

動画のエンコード時間のチェックです。

ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5のソフトを用い、動画のエンコード時間を計測しました。

Core i3-2370Mでのエンコードであったため、それほど速いわけではありません。もしエンコードをしたいなら、Core i5-2450Mを選択したほうが良いでしょう。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 によるエンコード時間
エンコード方法 エンコード時間
x264でエンコード 40分21秒
クイック・シンク・ビデオでエンコード 17分25秒

バッテリ駆動時間のチェック


実測で4時間15分のバッテリ駆動

dv6-6c00/CTのバッテリ駆動時間を実測した結果、4時間15分でした。

テストではハードディスクに保存した動画(DVD相当の画質)を再生させ、バッテリ駆動できる時間を計測しました。

モバイル用ではないノートパソコンにしてはわりと長い駆動時間です。ちょっとした停電なら、バッテリのみで駆動可能です。

 


  1 2 次へ
  目次